セックス・ピストルズ「勝手にしやがれ」をBDオーディオで聴く
Pistols Member photo

BDオーディオ「勝手にしやがれ」をユニヴァーサルUKのサイトで購入した。価格は£16.99だが送料£4.99が別途かかり合計£21.98。PayPalを利用し日本円で¥3,932の支払となった。商品は英国から10日ほどで届いた。
BD盤は昨年9月発売のピストルズ結成35周年記念盤『Deluxe Edition』(2枚組CD)に収められた「勝手にしやがれ + シングルB面集」(16曲)+「ライブ録音(ストックホルム、ペンザンス)」(14曲)の全30曲を収録したもの。ステレオPCM 24bit/96kHz(非圧縮)、dts−HD Master Audio 24bit/96kHz(ロスレス)、Dolby TrueHD 24bit/96kHz(ロスレス)の3つの音声方式で収録されている。メニュー画面以外映像は付かない。

「勝手にしやがれ」BDオーディオ

BD盤「勝手にしやがれ」の音は全く別ものだった。パンクにハイレゾは必要か?の声も出ると思うが、これまでCD再発で使われてきたマスター(1993年デジタルリマスタリング)はかなり不満の多いものだった。音量あげると音はささくれ立ち、中低域が痩せていて音量感は無い。貧弱な音質だった。オリジナルのLPはもっとぶっとい音で迫力があったハズ。ピストルズを題材にした映画「ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル 」(ジュリアン・テンプル監督)のサントラ盤に収められた「アナーキー・イン・ザ・UK」を聴き比べると、同一音源にもかかわらず、音が太くオリジナルのイメージに近い。不思議に思っていたことが一気に解消した。かつてのLPの音が蘇っている。ハイレゾ24bit/96kHzの恩恵だけではない。マスタリングの問題が解決しているのだ。
長らく紛失されたと考えられていた1977年9月19日に作られたオリジナル・アナログマスターが遂に発見され、ピストルズのオリジナル・プロデューサーの一人、クリス・トーマス監修のもとリマスターが行われた。マスタリングを担当したのは英国が誇るマスタリング・ラボMetropolis(メトロポリス)のティム・ヤング。ビートルズの「Love」やクイーンの「オペラ座の夜」の5.1chマスタリングで注目されている敏腕エンジニアだ。
NMTB メニュー
「勝手にしやがれ」のメニュー画面


Read More →


レッド・ツェッペリン「祭典の日」をBlu-rayでみる
Celebration Day title

出遅れてしまったがレッド・ツェッペリン「祭典の日 (Celebration Day)」[Deluxe Edition]を購入した。Pioneer BDP-160が加わり、我が家の貧弱なオーディオ&ビジュアル環境でもようやくブルーレイが見られるようになったからだ。 購入したのは、リハーサルを固定カメラで撮ったオマケDVDが付く、2CD+Blu-Ray+DVD 4枚入りデラックス版。完成度の高い四面観音開きのデジパック・パッケージに入ってくる。品物が届くのとほぼ同時にグラミー賞の発表があり、ライブアルバム「Celebration Day」(2CDの部分)は第56回グラミー賞「最優秀ロック・アルバム賞(Best Rock Album)」を受賞した。

<Celebration Day>
コンサート自体は6年も前に終っている。2007年12月10日ロンドン、O2(オーツー)アリーナで行われた、アトランティック・レコード創設者アーメット・アーティガン(2006年12月に死去)の追悼チャリティ・コンサート。最後にステージに上がったのがレッド・ツェッペリン。
『解散後、実質的に初めての一夜だけの再結成』というニュースが流れたため、世界中からチケットの購入希望が殺到。インターネットの予約サイトのアクセスは2000万回に達した。抽選で1万8千人の幸運な観客が選ばれ、50カ国から駆けつけたファンに見守られて伝説のコンサートは開催された。

Zep Capture 01b

ライブでのパフォーマンスは劇場向けコンサート映画「祭典の日(原題:Celebration Day)」(2012年10月各国公開)として作品化され、BDまたはDVDとCD2枚組サウンドトラックという形で発売された。


Read More →


Blu-ray Audioでイエス「危機」のニューミックスを聴く
Yes
"Close to the Edge" gatefold sleeve/ illustration: Roger Dean

イエス「危機(Close to the Edge)」のBlu-rayセットを購入した。ほぼ同じ内容がCD+DVD-Audioの組み合わせでも発売されているが、Blu-rayのほうが内容が豊富。カラオケまで入っている。リマスタリングとは違い、本物のリミックス。マルチトラックからのニューミックスによるハイレゾ復刻だ。

<Steven Wilson>
ミックスとプロデュースを担当したのは、スティーヴン・ウィルソン。プログレ五大バンド(キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエス、ジェネシス、ELP)のうち3つのバンドの復刻を立て続けに手掛、注目を浴びている。ロンドン生まれ。本業はプログレ・バンド、ポーキュパイン・トゥリーでギターとヴォーカルを担当する。その才能をキング・クリムゾンのロバート・フリップに認められ、クリムゾンのリミックス・エンジニアとして名を挙げたことが大きく、ELP、イエス、ジェスロ・タルの名盤復刻に携わる事に。イエスの「危機」の他にニューミックスを担当した作品をあげておく。いずれの仕事もマルチトラックからの復刻。なお本人いわく、既にイエスについては三作品のリミックスを終えたとの事。
Steven Wilson02
Steven Wilson Pix: Naki Kouyioumtzis


Read More →


イエス「危機(Close To The Edge)」とブルーレイオーディオ
Lighting IMG-02

いまBlu-rayプレイヤーの購入を真剣に検討している。
HDD搭載のDVDレコーダーなら我が家にもあるし、手持ちのMacBook ProやWin8.1のノートPCにはDVDドライブが内蔵されている。映像パッケージを買ったり借りたりするならDVDにすれば済む。なぜ今頃ブルーレイか? ロック名盤(1960年代末から1970年代末)の再復刻にブルーレイ(BD)を採用するケースが増えてきたからだ。BDを使うブルーレイ・オーディオはSACDやDVDオーディオの様に対応する専用プレーヤーを必要とせず、ブルーレイのプレーヤーかレコーダーがあればOK。それだけで超高音質の音楽を聴ける。プレーヤーの低価格化が進み、普及率も一段と高まったことから採用が増えているのだ。
BDの容量を生かしたBDオーディオは、ノルウェーの「2L」などが手掛けていたが、昨年発売されたロック界のビッグ・スターの作品でハイレゾ用のメディアとして採用(後述)され、DVDオーディオの後継のメディアとしてにわかに注目されるようになった。ここでメディアごとのデータスペックと容量を比較してみる。(リニアーPCMフォーマットに限って比較。)
■ Audio CD:16bit/44.1kHz(容量:700MB/79分)
■ DVD:16bit/48kHz(容量:4.7GB)
■ DVD Audio:24bit/192kHz(容量:4.7GB)
■ Blu-Ray:24bit/96khz、24bit/192kHz(容量:25GB) 
ちなみにSACDの容量は4.7GB。元になるDirect Stream Digital(DSD)のデータ量は、PCM 24bit/96kHzに相当にするといわれる。


Read More →


ハイレゾで聴くビーチ・ボーイズ Appendix編
Beach Boys Now

これまでに『ハイレゾで聴くビーチ・ボーイズ』と題して
"SMiLE Sessions"(2013/02/26)と
"Pet Sounds"(2013/11/13)の2つをUPした。
読み返してみると若い読者にはチョット説明が不充分と思われる箇所がある。特に最近ビーチ・ボーイズに興味を持った若いリスナー達には。世代的にもLPレコードに馴染みが無く、「モノラルって何?」と言う人がいても不思議はない。歴史的な背景を含めて補足情報をまとめておこうと思う。

<モノラル盤とステレオ盤>
『ステレオと銘打たれたLPレコードやCDはこれまでも出ていたはず。ステレオ化にそんなに拘るのは何故?』という疑問はもっとも。
ビーチ・ボーイズのレコードはビートルズとはだいぶ違って、LP時代にステレオ盤、モノラル盤が複雑に入組んで発売されいてる。公式には、
1st LP「Surfin' Safari」(1962年)がモノラル、2nd LP「Surfin' U.S.A.」(1963年)から7作目にあたる「Beach Boys Concert」(1964年)まではステレオとモノラルの併売。つぎの「The Beach Boys Today!」(1965年)から「Wild Honey」(1967年)までの6作はオリジナル盤はモノラルのみの発売。セールスの都合上レコード会社はステレオ・バージョンのLPも出したが、モノラルに電気処理を施した擬似ステレオ(Capitol Recordsは"Duophonic"と称した)だった。リアル・ステレオ・バージョンはLP時代には発売されたことはなく、CDのリアル・ステレオ・バージョンの発売もつい最近のことだった ー 後述。つづく1968年の「Friends」以降はステレオのみの発売になっている。



Read More →


ハイレゾで聴くビーチ・ボーイズ "Pet Sounds"
Pet Sounds PKG

ビーチ・ボーイズ「Pet Sounds」Stereo 96kHz/24bitをダウンロードした。利用したのはHDtracks。フォーマットは非圧縮のAIFF。LP1枚分(40分弱)のファイルサイズは1.3GBなのでダウンロードは7分で完了。残念なことに決済時の操作ミスで10%割引に失敗。あとで表示価格どおりの金額$17.89がPayPalで引き落とされる。

<Number of Releases>
「Pet Sounds」はこれまでにで76種類ものリリースがあったと言う
(2013年1月現在[Discogs database])。ざっと列挙すると、
オリジナル・モノラルLP(1966年)
LPリイシュー('70年代、'80年代、'90年代)
モノラルCD(1989年日本)
モノラルCD(1989年米国)
ステレオCD(1996年)
ペット・サウンズ・セッションズ(1997年)
DCCゴールドCD(1993年)
HDCDステレオCD(2001年)
HDCDモノラルCD(2002年)
5.1サラウンドDVD-A(2003年)
40thアニヴァーサリー・エディション(2006年)
モービルフィテリティSACD(2012年)
最新モノラル/ステレオCD(2012年)
HD-Tracksハイレゾダウンロード96/24・192/24(2012年)

ハイレゾは『CD未購入』に限って購入のつもりでいた。我が家のライブラリーにも「Pet Sounds」モノラルCDはある。1989年に東芝EMIが「パストマスターズ」シリーズでビーチ・ボーイズLPをCD化した際に「Pet Sounds」を含む全16枚を大人買いしたからだ。
今回ハイレゾ購入に踏み切ったのは、ステレオ・ミックスをゼヒ聴いてみたかったこと。先に購入していた「Smile Sessions」88.2kHz/24bitの音質、内容が大変良かったことも大きい。制作時期が重複している2作品を高音質で聴き比べてみたかったことも理由だ。(「Smile」に収録の「Good Vibrations」は「Pet Sounds」セッション時の録音。)

Brian Wilson at Studio
Brian Wilson during "Pet Sounds" Sessions

ビーチボーイズの過去のカタログは次々とステレオ化されているが、疑似ステレオや調整卓のパンでモノ・トラックを左右に振るといった安易な方法とは根本的に異なる。「Smile Sessions」に匹敵する理想に近いプロセスで作業が行われている。


Read More →


DACにAPOGEE Duet 2を検討中
ハイレゾダウンロード

私の現在のMacBook Proの音楽環境はAudirvana Plus 1.4.6 + iTunes 11.02。このソフト環境に練習(実験)を兼ねてDACがわりにBEHRINGER SRC2496を購入した。MacBook Proからは光TOSリンクで繋ぐため、24bit/96kHzが限度なので手頃な機材だったといえる。(SRC2496は本来はサンプリング周波数変換が本業。)
これまでこのブログで紹介したハイレゾ5作品は全てこのSRC2496を介してオーディオ装置に繋いで聴いている。悪戦苦闘したダウンロード体験記と5作品の試聴記は下記。
Audirvana PlusとHDTracksでハイレゾに挑戦 1
○ ストーンズ「Get Yer Ya-Ya's Out!」(88.2kHz/24bit)
Audirvana PlusとHDTracksでハイレゾに挑戦 2
○ カーペンターズ「Singles 1969-1981」(96kHz/24bit)
Audirvana PlusとHDTracksでハイレゾに挑戦 3
○ エルトン・ジョン「Elton John」(96kHz/24bit)
ハイレゾで聴くビーチ・ボーイズ "SMiLE Sessions"
○ ビーチ・ボーイズ「SMiLE Sessions」(88.2kHz/24bit)
ハイレゾで聴く「461オーシャン・ブールヴァード」
○ エリック・クラプトン「461 Ocean Boulevard」(96kHz/24bit)
ファイル形式は「SMiLE Sessions」(ALAC)以外は全て AIFF。

ハイレゾファイル(96kHz又は88.2kHz)を実際にDL購入してみて、真っ先に浮んだのは、これだと192kHZや176.4kHzになるとヤバイなと思ったこと。「デカイ! プレ・ロードにメモリを食う・・・192はどこまで音が良いのやら?」全般的な印象ではハイレゾは96kHz/24bitあたりで充分満足できるのではないかと思う。(いやー、それにしても結果的にハイレゾのために作られたようなものになったビーチ・ボーイズ「Smile Sessions」の音はすごかった。)

さて本題だが、私のMacBook Proの環境の次の課題は高品位のDAC。別にBEHRINGER SRC2496に大きな不満があるわけではないが、MacBook Proの特性を生かして現行のAudirvana Plus 1.4.6 + iTunes 11.02をより魅力的に聴かせる道具立てを考えている。


Read More →


ハイレゾで聴く「461オーシャン・ブールヴァード」
461 Ocean Blvd LP cover

エリック・クラプトン「461オーシャン・ブールヴァード」のハイレゾ音源を購入した。LPは持っているがCD未購入のタイトル。この盤はハイレゾとして特に高音質バリバリというわけではないが、愛着のある作品なのでライブラリに優先的に迎え入れることにした。
1974年、マイアミでの録音。クラプトンがデレク・アンド・ザ・ドミノスの「いとしのレイラ(原題:Layla and Other Assorted Love Songs)」を発表してから3年間のブランク-薬物中毒から復帰しての作品。プロデューサーは「Layla」も担当した名匠トム・ダウド(クリーム時代からクラプトンの面倒を見ているAtlanticレコードの重役プロデューサ)。
クリーム時代のようなソロを弾かないクラプトン。レイドバックといわれた、くつろいだクラプトンに当時のレッド・ツエッペリン、ディープ・パープルに熱狂していたハードロック・ファンは意表をつかれたと思う。この作品でボブ・マーリーの名曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」をカバーしたら、自身の長いキャリアの中で唯一の全米No.1ソングとなり、レゲエを世界中に認知させる役割も果たした。また自身初のアルバム全米1位も記録している。
【クライテリア・スタジオ】
『タイトルの由来は、このアルバムをレコーディングしたマイアミのスタジオの住所を表している。』と説明される事が多いがこれは真っ赤な嘘。録音のクライテリア・スタジオの住所は "1755 NE 149th St, Miami"。同スタジオのHP(現在 Hit Factory Criteria Miami)の情報を見ると、"461 Ocean Blvd."はマイアミの北部、ゴールデンビーチ地区の市長が現在も住む家の住所とのこと。ジャケットのカバーに撮影されている邸宅だ。クラプトンはマイアミのスタジオでレコーディングしている間、この家に住んでいた。



Read More →


ハイレゾで聴くビーチ・ボーイズ "SMiLE Sessions"
Beach Boys Smile Session 1966
The Beach Boys during the Smile Sessions 1966

ビーチ・ボーイズ"SMiLE Sessions"(88kHz/24bit)を購入した。もし完成していたらビートルズの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」をしのぐ存在になったと言われている作品。44年の時を経て2011年11月公式発売された。あくまでも録音セッションを纏めた作品であって『SMiLE』の完成品ではない。
『SMiLE』のレコーディングは従来のポップ・ソングの形態とは異なり、様々なバリエーションの短いパーツを録り、それをテープ編集で組み合わせて一つの曲にするという「コラージュ的な」手法がとられた。結果的にひとつの形にまとめきれなかったため悲劇となった。(指揮をとったブライアンは失意とドラッグの過剰摂取で重度の引蘢もりになってしまう。)ちなみに録音中止となって数ヶ月後に楽曲の一部を再録して発売されたのが『Smiley Smile』だ。
キャピトル・レコードには膨大な量のマルチトラック・テープ(ほとんどは8-trackの1インチテープ)が残された。


Read More →


Audirvana PlusとHDTracksでハイレゾに挑戦 3
Audirvana_Elton-John写真

2月14日に発表された第55回グラミー賞にタイミングを合わせたキャンペーンで、HDtracksから期間限定でグラミー受賞関連の20作品が20%オフで購入できるというメールが届いた。
今回のグラミーでビーチ・ボーイズの『スマイル(コレクターズ・ボックス)』が"Best Historical Album"を受賞した。前から買いたいと思っていたCD2枚分に編纂された本体部分「The Smile Sessions」(88kHz/24bit $29.98)が対象になっていないかチェックしてみたが、含まれていない。値が張るものだけにがっかり。
(『スマイル・セッション』ダウンロードに関しては別項で投稿。)
代わりに選んだのはグラミー賞関連作品で掲載されていたエルトン・ジョンのセカンド・アルバム「Elton John」だ。実質的には世界に向けての彼のデビュー作。エルトンの代表曲「Your Song(邦題:「僕の歌は君の歌」)」が収められている。LPでは持っているが、CDは未購入のタイトル。
「Elton John」をカートに入れようとしたところ、HDtracksの画面で「レーベルの意向であなたの国には販売できない」の警告が出る。同じエルトンの4thアルバム「Madman Across The Water(邦題:マッドマン)」もハイレゾで販売中だが、これは日本からでも購入可能。


Read More →


Audirvana PlusとHDTracksでハイレゾに挑戦 2
HDtracks警告

HDtracksでカートに入れようとしたところ、「レーベルの意向であなたの国には販売できない」の警告が出てがっかりした経験をされた方は多いと思う。以前は決済にPayPalを利用すれば暗黙の了解で購入が可能だったようだが、最近メジャーの締め付けが厳しくなり、カートに入れることができないタイトルが増えてきた。
原則的には海外には販売できない米国国内向けの配信サイト。メジャーの意向に従い販売テリトリーを遵守せざるを得ないのは仕方ない。米国外へのライセンスに問題があるカタログやレーベルは日本からアクセスしても見えないように運用されている。作品タイトルで直接検索をかけても「お探しのものが見つかりません。」となることが多い。

原則として米国在住が条件である事はあくまでもサービスを提供する側の論理。テリトリー外に所在するユーザーからの引き合いに対しても制限を加える場合には、動画再生や放送音源の地域制限などと異なり、独禁法上で違法又はグレーの可能性が極めて高い。(少なくとも音源ファイルはCDと異なり再販売価格商品ではないので独禁法の適用除外にならない。)まあネットに関しては法整備が追いついていないのは確かだ。

【アクセス制限の回避】
配信サイトでアクセス元のIPアドレスで判別しているのか、購入者情報で判断しているのかは詳しいことは不明。しかし次の方法をトライしてみることは有効だ。コピーガードを解除した訳ではないので、少なくともお金をちゃんと払っていれば、ダウンロードしても著作権的には問題ないと考える。(あくまでも自己責任で)。


Read More →


Audirvana PlusとHDTracksでハイレゾに挑戦 1
Stones Live in NY

ハイレゾ音源を始めて購入した。ストーンズ「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」(1970年作品)、カーペンターズ「Singles 1969-1981」(2005年作品)の2タイトル。
ハイレゾ(High Resolution)とはCDクオリティ(44.1kHz/16bit)を越える音源のこと。24bitの高音質音楽ファイルと思えば良い。
実は我が家にはSACDの盤が一枚もない。そもそもSACDプレーヤーやDVD-Audioがかかるマルチプレーヤがないので、コンポでSACDなどのハイレゾ盤を聴くことができない。
無関心だったのは音楽を聴くスタイルが関係している。iTunesのライブラリーからプレイリストを作り、CD-Rを焼いて携帯ポータブルプレーヤーで聴く。さもなければiPodと高性能イヤフォーンでiTunesのプレイリストを聴く。このスタイルを長く続けてきた。16bitのCDDA(CD-R)または16bitのAIFFファイルで完結。ハイレゾの出番が無かったことにつきる。イヤフォーンで聴くのにハイレゾっていわれてもなんかなぁ・・・。これは言い訳か。
場面変わって、現在はMac Book ProにiTunes+Audirvana Plus。それに練習用に買ったBEHRINGER SRC2496(24bit/96kHz DAC)もある。1FにあるDenon PMA-S1+Celestion SL-600で聴く機会も増えている。そろそろハイレゾにトライしても罰はあたらない。

HDtacksロゴ
購入先は米国の配信サイトHDTracks。大物アーチストのタイトルが揃う。特にポップ・ロックのカタログには強いハイレゾ配信サイトだ。
オーディオファイル向きのCDを制作するChesky Recordsが元になりDavidとNormanのChesky兄弟が2007年頃に音源のダウンロードサイトとしてスタートさせた。最近、全てのタイトルがリニアPCM(AIFF)のフォーマットでダウンロード可能となった。これまでFLAC(Free Lossless Audio Codec)のダウンロードで二の足を踏んでいたMacユーザーもこれで利用しやすくなった。(FLACはiTunesやQuickTimeでは直接扱えない)。
HDtracksには3種類の音源がある
1) 新録でレコード会社から音源が供給されるもの
  (48kHz~192kHz各種)
2) SACDのDSD音源をPCMに変換したもの
  (88.2kHzまたは176.4kHzの音源)
3) アナログ音源を自前でリマスタリングするもの
  (エンジニアはHDtracks自前で用意)
ハイレゾといってもCDマスターをアップサンプリングしただけのいかがわしい物が混ざっている可能性があるから油断出来ない。見分け易くて安心なのは2)のDSD音源をPCMに変換した88.2kHz(176.4kHz)の音源かもしれない。


Read More →


| ホーム |