低価格イヤフォーンの定番 Philips SHE9710を使ってみて
SHE9710(改)

実使用時間が100時間を超えたので、フィリップスのSHE9710をレビューしてみる。購入は7月頭。『第5回ポタフェス2014 in 秋葉原』で衝撃の出会いをした後だ。フィリップスのブースではてっきり1万円以上のイヤフォーンと思って試聴していた。同じコーナーで上位機Fidelioシリーズも聴いてみたがピンとこなかった。SHE9710が低価格の人気機種と知ったのは自宅に戻ってから。
購入価格は2,236円。ブログ掲載前にAmazonを調べると、8月18日現在なんと1,988円(送料込み)で売られている。この価格だったら目をつぶって買っても後悔しない。特にスマホやiPad付属のイヤフォーンをおつかいの方には絶対お薦めだ。

<試聴環境>
A. 試聴機器
1) MacBook Pro OSX 10.7.5 / iTunes + Audirvana Plus 1.5
DAC (1): REM Fireface UCX, DAC (2): iFi nano iDSD
2) iPhone 5 16GB iOS 7.1.2
B. 試聴ファイル
iTunes Playlist 「Xmas Special 2014」AIFF 16bit/44.1kHz
C. イヤフォーン
1) Philips SHE9710 (レビュー機:ダイナミック型)
再生周波数帯域 6Hz~23.5kHz
インピーダンス 16 Ω
音圧感度 103 db
ドライバ口径 8.6 mm
2) SENNHEISER ie8 (比較用:ダイナミック型)
再生周波数帯域 10Hz~20kHz
インピーダンス 16 Ω
音圧感度 125 db
ドライバ口径 未発表

<インプレッション>
『ポタフェス2014』で聴いた印象は間違っていなかった。バランスの取れたクセの無い音。レビューまでの使用時間にこだわったのには理由がある。会場には色違いの4機種が揃っていたが、印象の良かったのが「青」のSHE9713。他の色のモデルと比べると音の滑らかさが違う。「青」が一番エージングが進んでいて音の荒さが少なくなっていた。今回のレビューまでには実質的には150時間近く鳴らし込んだと思う。

SHE9710_series
SHE9710(黒) SHE9711(白) SHE9712(赤) SHE9713(青)

比較に使ったのは手持ちのセンハイザーのIE8。同じダイナミック型。ただし価格は10倍以上違う。
IE8と比べるとSHE9710の方がわずかに中低域(150Hz〜250Hz付近)が抑えられている。このためSHE9710はベースラインなどの低域の鳴り方が聴き取りやすい。反面中低域の量が若干少ないため注意深く聞くと所々に音の粗さが垣間見える。音の立ち上がりの鋭さや解像度の高さを印象づけるための意図的な演出のようにも思える。

Sarah Brightman

プレイリストの「ロイド・ウエーバー:レクイエム(Lloyd Webber: Requiem)《Pie Jesu》」の中で、サラ・ブライトマンとボーイ・ソプラノのマイルス-キングストンの絡むパートは二人の2人のソロが見事に分離して聴こえSHE9710の解像度の高さが分かる。またこの曲のパイプオルガンの重低音もクリアーに再生され帯域の広さも充分。なおDACは(2)のiFi nano iDSDがSHE9710に良くマッチしている。IE8に比べ音圧感度が低いためiDSDの音量調整で有利なゾーンを使うことが出来ることも関係している。アナログの出力部が若干劣るiPhone 5 での試聴ではIE8の圧勝。価格通りの実力差がでてしまう。
故障したり紛失したりしてもダメージが少ないので気楽に使えるのが一番の強みだが、ポタアンとの組み合せで使うと本領を発揮するイヤフォーンのようだ。

<装着感>
イヤーピースは、カナル型(耳栓型)イヤホンの装着感と音質・遮音性を大きく左右する重要な部品。開封時に装着済みのイヤピースでベストマッチ。付け心地は悪くはない。

<その他>
コードのタッチノイズ(摩擦音)が気になる。ちなみにIE8のコードはタッチノイズがほとんどしない。低価格商品ながら付属のキャリングポーチが結構良い。

<プレイリスト>
ちょっと時期が早いが、レビュー用に2014年版のXmasスペシャルを作ってみた。なんといってもコーラスやオケがふんだんに入った音楽ソースが作れるからだ。特にマルチトラック録音による多重コーラスのシンガーズ・アンリミテッド。フォーフレッシュ・マンばりの男性コーラスのビーチ・ボーイズ。そして4人のソロの絡みが人気のイル・ディーボ。SHE9710の真価を見るのになかなのソースになったと思う。なおサラ・ブライトマンの「Il Mio Cuore Va」はXmasモノではなく、イタリア語版の「My Heart Will Go On」だ。

Xmas Special 2014 index
 :
関連記事
スポンサーサイト

<< 「CSNY 1974」をハイレゾで聴く | ホーム | デープ・パープル「Made In Japan」をハイレゾで聴く(2) >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)