Mac Mini G4を自宅サーバにした
MacMini G4 (S)
登場後すぐに買ったMac Miniの初代モデルを自宅ネットワークのファイル共有サーバーに仕立てた。本体は2005年に購入。Macintosh史上最小のデスクトップマシン。しかも本体価格が5〜6万円とMacとしては破格のプライスだった。私が買ったCPU 1.42GHz、HDD 80GBモデルでも7万円台。もともとBYODKM(Bring Your Own Display, Keyboard, and Mouse)という発想で企画された製品だから、Mac Miniには本体以外付属品が殆どない。例外はコンパクトな本体に比べ異常にデカイ外付け電源ユニットだ。
<Mac Mini(初代)仕様>
PowerPC G4 1.42GHz
HDD: 80GB Ultra ATA
Memory: 512MB SDRAM
USB2.0 × 2
FireWire 400(IEEE 1394)× 1
10/100BASE-T Ethernet × 1
AirMac(IEEE 802.11g対応)& Bluetooth
OS: Mac OS X 10.4 Tiger
サーバ用途としては微妙なスペックになってしまったが、コンパクトでスタイリッシュな筐体はなかなか捨て難く、活用の機会をうかがっていた。
我が家のハイレゾ/PCオーディオ環境もFireFace UCXやnano iDSDのようなUSB-DAC(USB接続のD/Aコンバータ)やDSDネイティブ再生ができるDACが揃った。Windowsマシーンとして購入したAcerのノートPCは内蔵HDDが320GBと限られており、ハイレゾに対応するには外部ストレージが必須。OSの違いや音質チェック、メディアプレーヤーの特性を見極めるため、異なるフォーマットで楽曲ファイルを溜めておける大容量ファイル・サーバーが必要な時が来た。

MacMini G4 Server

<SharePoints>
SharePoints (S)
Mac Miniの出番だ。Mac OSXは元々Unixベースなので、Samba(UNIXでWindowsのファイル共有[SMB]を提供するためのソフトウェア)が入っている。Windowsとの共有はそれを利用すれば良いのだが、Tigerなどの過去のMac OSXは公開できる場所が固定されていて厄介だった。(MacOSX Tiger[10.4]の共有は"/Users/Home/Public/Drop Box"に限られていて、それ以外の場所をゲストに公開することができないようになっている。)
10.4xまでのMacOSでも任意のフォルダをMacやWindowsにそれぞれ公開・共有設定出来できる便利なツールがある。フリーソフトの『SharePoints』だ。セキュリティを別にすれば、ファイル共有に関してOSXServer並の機能が手に入る。

<WD Elements 2TB USB 2.0>
購入済みの大容量の外付けハードディスクが手元にあった。"WD Elements 2TB"。 量販店のワゴンセールで7千円台で入手したもの。規格がUSB2.0のため格安だったが、ウエスタンデジタル製なので安心して使える。FireWireの方が信頼性が高そうだが、USB2.0でも贅沢は言ってられない。Macのディスクユーティリティで一旦ドライブをフォーマット(消去)。その際に名前を付ける。今回は「WD_studio」とした。それをSharepointsでマウント。これで外部ディスクを丸ごと公開する準備が整った。

Western Digital HDD & MacMini
WD Elements 2TB & Mac Mini G4

<共有設定>
「システム環境設定」を開き、「その他」項目にあるPrefereccePaneの『SharePoints』アイコンをクリック(標準インストールの場合)。設定画面を表示する。まず共有ポイントに『WD_Studio』を指定(共有名も同じにしている)。
「AppleFileServer(AFS)共有を「可能(+)」に変更。WindowsからアクセスしたいのでWindows(SMB)共有 も「可能(+)」にセットする。これでMacにはAppleShare(AFS: Apple Filing Protocol)が、WindowsにはSamba(SMB)が有効になり、ネットワーク(LAN)でそれぞれアクセス可能になる。
スペック的にはロースペックだがいまでもそれなりに使えるPowerPCのポテンシャルはたいしたもの。売られているNAS(ネットワーク接続ストレージ)などよりも性能や拡張性はチョッピリ高そうだ。

SharePoints設定画面
SharePoints 設定画面

<サーバの操作>
サーバのMac Miniにはキーボードもマウスもモニターも接続しない。全ての操作(シャットダウン、再起動、インストールなど)はアップル純正の『Apple Remote Desktop 3』で行う。ARD 3はVNCベースのソフトでWindows、Linux、UNIXシステムを含むすべてのVNC(Virtual Network Computing)対応コンピュータの画面を表示してコントロールできる。Mac OSX 10.3以上が対応。Tigerでは様々な機能が使え、システム同士で情報をコピー&ペーストすることも可能。我が家の17インチiMac(Late 2006)OSX 10.6にインストールしたARD 3からサーバをコントロールしている。
ARD 3 (S)
   Apple ADR 3
 
関連記事
スポンサーサイト

<< iTunes LibraryをMac Miniサーバに移築 | ホーム | 高品質ケーブルAudioQuest Cinnamon2を使う >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)