RME「FireFace UCX」がやってきた
Fireface UCX Front 2

春頃から半年ほど悩んだ結果、RMEのオーディオ・インターフェイス
FireFace UCXを最終決定することになった。
一時は米国のApogee社のDuet 2(現在はDuet for iPad & Macと改名)の購入に傾いていた。しかしMac以外のメディア・プレーヤーも使いたいと思い、Mac・WindowsどちらもOKの独RME社のBabyfaceを第1候補に検討を続けてきた。ところが、意中のBabyfaceの上級機で最新鋭のマシーン、まさかのFireFace UCXが我が家にやってくることになった。懇意にしているNetAudio(音元出版)の編集長からシンタックスジャパンさんを紹介いただき、大変有利な条件で最新型のFireFace UCXを手にすることができたのだ。

<FireFaceについて>
DTM用機材は、マイク入力、MIDI端子など、オーディオには不要な端子が装備され、コストパフォーマンスが悪くなるため、PCオーディオに用いられるケースは少なかった。
そんな状況を変えたのが、2000年代半ばに発売されたRME社のFireFace 400/800。Macintosh、Windowsそれぞれにチューニングされていて、音も良く、価格も手ごろということでPCオーディオファンに広く受入れられるようになった。2機種とも接続はFirewire。MacはよくてもWindowsでは使いにくいという事で登場したのがUSBに特化したFireFace UC。入出力端子を絞り込んだBabyfaceも登場し、PCオーディオファンからの支持は不動のものとなった。
2010年末に登場したRMEのオーディオインターフェイス最上位機がFireFace UFX。再びFirewireを復活。FWとUSBの双方を装備している。このUFXのアナログ12in/12outの入出力を8in/8outに減らし、1Uのハーフサイズに凝縮して登場したのが最新鋭のFireFace UCXだ。


<導入のポイント>
1)AKG K701を駆動できるヘッドホン出力があること。
2) 高品位のDAC。ハイレゾ24bit/192kHzに対応する。
3) PC接続のためUSB2.0の端子が用意されていること。
4) Windows 8のためのASIOドライバが用意されていること。
5) Denon PMA S-1(インテグレーテッドアンプ)と
  バランス接続できること。

TotalMix FX 2
TotalMix FX 画面
<機器の概要>
1Uのハーフサイズの筐体に8つのADC(A/Dコンバーター)と8つのDAC(D/Aコンバーター)を内蔵。アナログ出力はステレオフォーン端子1つと6つのアナログTRS(バランス)端子がある。入力(アナログ)はフロントにXLR入力が2つとTRSが2つ。リアパネルに4つのTRS端子がある。DACというより『ミキサー装備のDSP内蔵オーディオ・インターフェース』という方がイメージに近い。ミキサー機能はPC上に展開するデジタル・ミキサー・ソフトTotalMixが担う。本来はDAW(Digital Audio Workstation:PCを使う宅録システム)とともに使うDTM用機材だ。PCとの接続にはUSB2.0とFirewire400が用意され、同時接続した場合はUSBが優先する。

Firefac UCX back
<仕様>
■ アナログ入出力
○ 8 入力:
バランスTRS × 4(ch 5~8)
マイク/インストゥルメント入力対応プリ搭載XLR × 2(ch 1/2)
ライン/インストゥルメント入力TRS x 2(ch 3/4)
○ 8 出力:
バランスTRS × 6(ch 1~6)
ヘッドフォン対応TRS ステレオPhone × 1 系(ch 7/8)
■ デジタル入出力
○ S/PDIF:コアキシャル入出力 x 1 系統(AES/EBU 対応)
○ ADAT:オプティカル入出力 x 1 系統(オプティカル S/PDIF へ切替可能)
■ その他入出力
○ MIDI:入出力 x 2 系統(ブレイクアウト・ケーブル使用)
○ ワード・クロック:入出力 x 1 系統
■ 一般
サイズ:44mm x 2186mm x 155mm
重量:(マウントブラケット付属せず)/1.5kg
電源:外部電源アダプター(付属する)
(USBの場合FireWireより供給電力が小さいため、バス電源供給で動作させることができず、ACアダプタが必須となる。)

実際に接続してのレポートや音源ファイルを再生しての評価は次回。
 
関連記事
スポンサーサイト

<< RME「FireFace UCX」がやってきた(2) | ホーム | RME社のDIGICheckを楽曲のレベル合わせに使う >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)