iPhone 5とテザリング
iPhone 5

9月21日、iPhone 5がついに発売された。「新型iPhoneのこと」でも書いたが、私は昨年10月にiPhone 4Sに替えたばかりなので、今回はiPhone 5は見送りのはずだった。ところがiPhone 4S → iPhone 5の買い替えを本格的に検討してみることになった。理由はiPhone 5から日本でもテザリング(tethering)が解禁になったからだ。
iPhone 5で「インターネット共有」と呼ばれている機能のテザリングは、簡単に言うとiPhoneなどのスマートフォンをルーターにする機能。これを使えば、Wi-Fi環境がない屋外でも、パソコンやゲーム機でインターネットに接続することができる。海外ではiPhone 3Gの頃からこの機能が使えたが、今回ようやく日本でこの機能が解禁された。auのKDDIは発売日の9月21日から。後を追うようにソフトバンクは9月19日に緊急記者会見を開き孫CEOが来年1月からのテザリング解禁を発表した。どちらも第四世代のネットワークといわれる4GのLTE(Long Term Evolution-携帯電話の高速通信規格)を使ってこの機能を実現する。auもソフトバンクも月間の転送制限7GBの上限付き。ソフトバンクの方は年末までに申込めば、2年間テザリング料金(525円/月)が無料となる。
 

iPhone5_tethering

私は月に2回、栃木県の鹿沼市にある妻の実家(義母が住んでいる)に滞在して農作業や家の周りの片付けなどを手伝っている。PCはMac Miniを置いてあり、それでメールなどを見ている。実はインターネットの接続環境が頭痛の種だった。ここ10年らい電話回線をISDNにしてBch片方を使って64Kbpで接続している。WEBはもうだれも「リッチコンテンツ」なんて言わなくなってひさしいが、gifやflashのデータがいっぱい詰まっていて64KbpのINSでは太刀打ち出来なくなっている。NTT東日本のB-FletsやKDDIなどに光回線のことを問い合わせてもけんもほろほろ。田舎は状況がきついなと感じていたところだ。地元のケーブルテレビを利用しようと最近問い合わせてみたが、当方の地域では光ファイバーではなく、引き込めるのはメタルの低速線だけだという。光は数年待てば???我が家にもという悲しい状況なのだ。そこに降ってわいたのがLTEによるテザリングの話。Softbankは鹿沼の家でもアンテナがフルに立つ。iPhone 4Sでデータのダウンロードもそこそこ早い。iPhone 5のテザリングに期待しない方がおかしいというもの。近いうち表参道のソフトバンクに行って、買い替えの相談をするつもりだ。
 

関連記事
スポンサーサイト

<< iOS 6インストールについて | ホーム | 新型iPhoneのこと >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)