ネットラジオ
ラジオ受信機

FM放送を聴かなくなってからどれくらいたつんだろうか。今の世田谷
野毛に越してからだから、自宅で聴かなくなってから30数年になる。
瀬田から野毛にかけては環八に沿って走る国分寺崖線の外側はTV・FM難視聴地帯。電波が受からないのでFMチューナーというものは買った事が無い。車で環八を折れて玉川へ下ってくるとカーラジオのFM番組は雑音とともに聞こえなくなってしまう。地上波TVは共聴アンテナで受信していた。地デジになってからはitscomeさんにパススルーでお世話になっている地帯だ。

昨年暮れから全国の民放ラジオ100局のうち64局が参加してエリア制限があるが、ネット上でサイマル放送(同時並行放送)の本格運用がはじまった。FM局と中波の局どちらも好きなように選べる。ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)も入っているので競馬中継もOK。
NHKも同じ様にネット上でサイマル放送「らじる★らじる」を行っている。こちらはエリア制限なし。NHKラジオ(第1・第2・FM)の3局が選べる。
■ radiko
(http://radiko.jp/)
■ NHKネットラジオ「らじる★らじる」
(http://www.nhk.or.jp/netradio/)
音質はどちらもまあまあ。radikoのコーデックとビットレートは全局
統一でHE-AAC v2 48kbpsのステレオ。着うたフルと同等レベルとのこと。HE-AAC v2 は2006年に制定された。通常のAACより高音域が改善されていて、48kbpsのレートでCD並の音質をうたっている。
NHKのほうはAAC 48kbps。Windows Media Audio形式。どちらにしてもステレオで48kbpsということはL-ch 24kbps、R-ch 24kbpsだからあまり期待出来ない。対峙して聴くのでなく、聴き流す程度に楽しむのが無難。

Raduko Logo
radikoのロゴ

ということでradikoやNHKネットラジオのお世話になる事は少ない。
MacでiTunesをつかっているので、普段はここで海外のインターネットラジオを楽しんでいる。
ビットレートはMP3で128kbps(64kbps+64kbps)のステレオだ。
かつてのFMステレオの音質に匹敵する。お薦めのプログラムを紹介
しておこう。
■ AMERICAN GRAFFITI
50年代、60年代のオールディズ。ビートルズもビーチボーイズも。
(http://listen.radionomy.com/american-graffiti.m3u)
■ MY GENERATION FM
60年代、70年代の懐かしのロック・ポップの名曲が一杯。
(http://listen.radionomy.com/my-generation-fm.m3u)
■ Glam FM - Classic Hit Radio
70年代、80年代、90年代、Rock・Pop時代の懐かしのヒット。
(http://www.glamfm.net/Listen/winamp.pls)
■ Classy
ソフィストケイトされた音楽ならクラッシックもジャズもかかる。
(http://listen.radionomy.com/classy.m3u)
■ K-CLASSIC RADIO
音の良いクラシック専門局。ライトクラシックからアリアまで。
(http://listen.radionomy.com/k-classicradio.m3u)

午前中は「AMERICAN GRAFFITI」、午後は「MY GENERATION FM」か「Glam FM」。夜も更けてきたら「Classy」といった具合で楽しんでいる。リスニング環境は以前にも書いたことがあるが、MacBook Proから光TOSリンク(デジタル)でSRC2496につなぎ、アナログアウトをアンプのDenon POA 7.5につないで鳴らしている。スピーカーは12.5cmのシングル・コーンが入ったオーラトーン5Cだ。ラジカセの音なんか比較にならないくらいの高音質が楽しめる。
関連記事
スポンサーサイト

<< The Dead Media:ミニディスク (MD)の話 | ホーム | ロンドン・オリンピック:開会式と閉会式 >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)