極上の音 オリーブ 6HDとゼンハイザーのHD800
olive 6HD

先日、某レコード会社の社長を務めるTさんのお宅にお邪魔した。Tさんは自他とも認めるオーディオマニア。制作部長兼務なのでまだスタジオワークにかかわっている。お伺いした目的は新たに導入されたオーディオ機器のお披露目。オーディオセットはリビングではなく、寝室に隣接した仕事場(書斎?)に置かれていた。広い木の仕事机を背にSonusFaberのMinima(復刻版なのでMinima Vintage?)とLuxの真空管プリメインアンプSQ-38uとSACDプレーヤがオーディオラックに置かれていた。脇のサイドテーブルの上に今回の主役、シルバーの外観が目を引くOlive 6HDがあった。6HDは米国Olive Media Products社が発売するオーディオプレーヤーの最上位機種。同社ではデジタルミュージック・サーバーと呼ぶ。『CDプレーヤー』+『ハードディスク(2TB)』+『10.1インチ液晶ディスプレイ』+『専用ヘッドフォンアンプ』が収められたオールインワン・プレーヤーだ。
CDのリッピングもディスクを入れるだけでOK。曲名・アーティスト名などのメタ情報もリッピング時に取得。10.1型のタッチパネル式大画面液晶ディスプレイで全ての操作ができる。さらにLANで繋がっていればPCからメタ情報の書き換えやライブラリーの整理が容易にできる。さらにCDドライブがあるからCDを直接演奏できる。これ1台ですべてが出来るおまかせマシーンなのだ。
収録フォーマットはWAV、FLAC、AAC、MP3。MP3型式は128kbit/sと320kbit/sに対応とのことで、Macから見るとAppleロスレスや非圧縮のAIFFが対応していないのがチョット不満。価格的にもLINNと比べれば大分おてごろ価格だ。
Tさんは仕事机に山積みにしたCDを登録中。2000枚を超すCDを2TBのハードディスクに収めるのが大変。聴く暇がなくなるとこぼしていた。SonusFaberのMinimaの音はかつてConcertoのセッテイングでさんざん聴いたあの濃厚なイタリアの音が出ていたが、セッテイングが完全では無いためか納得いくものではなかった。
さてTさんが持ちだしてきたものはヘッドフォン。懇意のショップがきっと気に入るからと送りつけてきたものだという。聴いてすぐにお買い求めになったのは言うまでもない。
ゼンハイザー HD800

2009年に発売された独ゼンハイザー社のオープンエアー型ヘッドフォンHD800。開発に約7年間の歳月をかけたという同社のフラッグシップ。このモデルだけは国外で生産せず、本社のある独ハノーバーの専用工場で一台ごとに手組で生産されているという。

olive_headphone_out

Olive 6HDはフロントパネル左側に音量調整可能なヘッドフォン出力端子を標準装備している。
ヘッドフォン出力端子にはテキサス・インスツルメンツ製TPA6120A2を採用した、本格的な専用回路設計によるものだ。6HDとHD800。この組み合わせにはびっくりした。帯域の広さ、音の粒立ちの良さ、音場感。どれをとってもよく整備されたスタジオのコントロールルームかマスタリングルームで聴くプロの再生音がでていた。PCを使ってHD Tracksから落とした24bit/192kHzの「Walts for Debby」をこの組み合わせで聴いたが、ひやっとしたエヤコンの空気とソファーに深く腰を掛けて聴くマスタリングルームでの試聴を想い出してしまった。
百万円なんてお金をかけなくても一人用でよければ、このOlive 6HDとゼンハイザーHD800を組み合わせれれば、簡単接続しかもスペースをほとんど取らない、極上の音が手に入る。
関連記事
スポンサーサイト

<< 英国の音 ロッド・スチュワート「マギー・メイ」 | ホーム | カナル型イヤフォーン ER-6IとIE8 >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【極上の音 オリーブ 6HDとゼンハイザーのHD800】

先日、某レコード会社の社長を務めるTさんのお宅にお邪魔した。Tさんは自他とも認めるオーディオマニア。制作部長兼務なのでまだスタジオワークにかかわっている。お伺いした目的は

まとめwoネタ速neo 2012/05/31 17:19