OSX Lion 復元インストール
OS X Lion

トラブルは突然、しかも一番望ましくないタイミングで起こった。丁度一ヶ月ほど前のこと。iTunesに登録を予定していたほとんどの洋楽CD(Jazz/Classicの一部を除く)の入力がほぼ終わり、 Audirvana Plusをインストールしてパラメータの調整中だった。トラブルは不要なソフトをギリギリまで削除しようとしたことがもとだった。OSXのLibraryのファイルをひっかけたことが原因のようだ。修復アラートが出るが、修復できない状態になった。Time Machineのデータで復旧することも出来たが、今回はその方法をとらなかった。(経緯は「もう一度リッピングからやり直し」に詳しい。)

いざクリーンインストールと思って買ったばかりのMac Book Proの箱を開いて、インストールディスクが同梱されていないことに気づいた。ドジだな。LionはインターネットからインストールするOSだというのをすっかり忘れていた。
新規に購入したMac Book ProはLionがプレインストールされている。おとなしく Cmd-R を押しながら起動してリカバリーに入って、Disk Utility でフォーマットして 再インストールメニューに進めばよいだけだったのだ。HDD内の不過視領域に「再インストールユーティリティ」がインストールされている。

OSX_Lion_inst

Lion 復元には
・Lion の再インストール
・ディスクの修復
・Time Machine バックアップからの復元
これらに必要となるツールが、すべて含まれている。どの方法でも、光学式ディスクを使う必要はない。ただし再インストールの場合インターネットに接続(Wi-Fi含む)する必要がありインターネット経由でApple からダウンロードされる。
「OS X Lion:Lion 復元について」は下記参照のこと。
http://support.apple.com/kb/HT4718?viewlocale=ja_JP


インストールを選ぶと、MacAppStoreへログインしろという指示が出てくるので、ログインする。無事にログインできれば、ダウンロードが始まる。5時間以上と出るが、実時間は光回線で大体20分強(ファイルサイズは3.5 GB ほど)。ダウンロードが終わると、OS X Lion のインストールが始まる。

Mac起動時にoptionキーを押しながら起動すると、「再インストールユーティリティ」がインストールされているHDD内の不過視領域を見ることが出来る。本体のHDD(通常 Macintosh HD)やTime MachineのHDDも左右に並ぶ。Wi-Fiネットワークを選択するメニューもこの画面の下に登場する。

Recovery_HD

最後に、復元インストールでやっておいたほうがいいことがある。Macを新規購入するとついてくる、iLifeのことだ。これはOSの再インストールでは復元されない。Appストアに行き、「購入済み」をクリックするとiPhoto、GarageBand、iMovieがダウンロード可能な状態になっている。自分のMacで登録したのApple IDを入れればダウンロードしてしてインストールすることができる。お忘れなく。
関連記事
スポンサーサイト

<< リッピング・ソフト XLD(1) | ホーム | iTunesとプレイリスト(2) >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【OSX Lion 復元インストール】

トラブルは突然、しかも一番望ましくないタイミングで起こった。丁度一ヶ月ほど前のこと。iTunesに登録を予定していたほとんどの洋楽CD(Jazz/Classicの一部を除く)の入力がほぼ終わり、 ...

まとめwoネタ速neo 2012/05/13 05:56