続 AirMac Expressを使う
itunes_airplay

2004年に出たばかりのAirMac Expressを購入したのは「AirTune」の機能を確かめたくて飛びついたことは間違いない。iTunesの音楽ライブラリがワイアレス(LANケーブルでの接続も可)で部屋の何処でも楽しめるというのは魅力だった。
iTunesをサーバーにして、オーディオのみストリーミング再生に対応した「AirTunes」を、動画データや画像データにも対応するために大幅に刷新したものが「AirPlay」。iTunesやiPhone、iPod touch、iPadで再生している音楽や動画、画像を、家庭内のネットワークを経由して他の機器でストリーミング再生する機能である。あらたに一対多の伝送機能も加わった。
「AirPlay」はiTunes 10.1に初めて搭載された。iPhoneなどのポータブルのiOSデバイスは少し遅れてiOS4.2から利用可能になった。
(注:AirPlayをサポートするiOSデバイスはiPad/ iPad 2/ iPhone 4/ iPhone 4S/iPhone 3GS/ iPod touch-第2世代以降。iPhone 3Gは除外された。)
これまで家庭内のWiFi基地局が役割だったAirMac Expressをオーディオ機器として扱おうと思った理由は、Appleが「AirPlay」に力を入れはじめたのも一つだが、先にも述べたPro CableさんがAMEの潜在力(?)を話題にしてくれたこともある。


iPhone_AirPlay_b

「AirTune」でiTunesの音楽ライブラリを外部オーディオ・システムに繋ぎ込むことは以前から何度もやっているので何の心配もなかったが、
iPhone 4Sの再生を「AirPlay」で試した時もあっけないほど簡単に終わった。WiFiの接続をオーディオに繋がっているAirMac Expressに切り替えるだけ。あとは「ミュージック」の再生画面に表示されるマークをクリック。図では「Living Stereo 01」を選択すればスピーカーから音が流れる。接続は次のようになる。
ミュージック (iPhone 4S)→<WiFiの無線LAN>→ AirMac Express→ PMA-S1(integrated amp) + SL-600 (speaker)

MacBook ProのiTunesからのストリーム再生と比べると、かなり輪郭が甘い。MacBook Pro 13インチとiPhone 4SのDACなどのチップの差によるものかも知れない。「AirPlay」を使えないiPhone 3Gを
Dockにセットしてオーディオ出力ポートからアナログでシステムに繋いだ方がよほどクオリティの高い音が出てくるように思える。
(iPhoneには全てAIFFフォーマットで音楽データが収容されている。)

iTunesやiPhone・iPadなどのiOSデバイスは、AirMac Expressにデータを送るとき、元のデータフォーマットにかかわらず、Appleロスレスに変換して送っている。ALAC(Apple Lossless Audio Codec)は
FLACと並ぶ可逆圧縮のフォーマットで、「AirTune」が誕生したときにベールを脱いでいる。iTunes 4.5(2004年4月)で初めてサポートされた。ちなみにAppleは昨年10月にAppleロスレスをオープンソース化してソースコードを公開。一層の普及を図っている。

iphone_remote
MacやPCのiTunesから「AirPlay」を使うときぜひiPhoneに無料APPの「Remote」をインストールして使ってみて欲しい。iTunesの全画面と機能を別の場所から、本体を触るのと遜色ない感覚で操作出来る。
単なるリモコンを越えた感動的な体験だ。


関連記事
スポンサーサイト

<< iTunesとプレイリスト(1) | ホーム | AirMacExpressを使う >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【続 AirMac Expressを使う】

2004年に出たばかりのAirMac Expressを購入したのは「AirTune」の機能を確かめたくて飛びついたことは間違いない。iTunesの音楽ライブラリがワイアレス(LANケーブルでの接続も可)で部屋の何

まとめwoネタ速neo 2012/05/13 08:10