LINEのスマートスピーカ「WAVE」を購入した
Line ロゴ02

メッセージアプリのLINEが手がけるAIスマートスピーカー「WAVE」の先行体験版を購入した。親会社の韓国NAVER社と共同開発したクラウドAIのプラットフォーム「Clova(クローバ)」を搭載。音声認識用のマイク4基がセットされ、最大で約5m先からの指示が可能だという。7月14日から予約受付けが開始された先行体験版は、音楽再生のMUSICに機能を限定されるが、特典としてLINE MUSICの6ヶ月分チケットが添付される。今秋の正式版販売時に機能をアップデートし、正式版と同等の機能が使えるようになる予定。(体験版到着は7月末以降。)

      Line WAVE(小)
<WAVE(ウエイブ)概要>
サイズ:86.25×139.84×201.05mm
重さ:998g
プロセッサ:Qualcomm APQ8009 (Quad-core A7 1.3GHz)
メモリ:RAM 1GB DDR3
内部ストレージ:8GB eMMC
ワイアレス:Wi-Fi 2.4G 802.11b/g/n、Bluetooth 4.1
音声コーデック:Conexant 4-mic Far Field Voice Processor
マイク:Noise cancelling microphone (MEMS type)(x4)
スピーカー:2.5″ 20W Woofer(x1), 1“ 5W Tweeter(x2)
対応 0S:iOS 9.0 or later、Android 4.4 or later
搭載AI:Clova
電源:12V/2.1A
バッテリ:500mA/3,8V
対応言語:日本語
カラー:ネイビー
価格:先行体験版 1万円(税込)、正式版 1万5000円(税込)

<スマートスピーカー>
スマートスピーカーとは音声アシスタント機能搭載のスピーカーのこと。話しかけることで様々な用途に対応する。iOSのSiriやAndroidのGoogle Assistantなどはスマートフォン上にAIがあるのではない。クラウド(ネット上のコンピューター)に設置された人工知能を使う。最も成功しているのがAmazon独自の人工知能であるAlexaを搭載したホーム・スピーカー「Amazon Echo」(2017年7月時点 日本発売未定)。アメリカでは2016年の年末は品切れというぐらいバカ売れ。2018年には、iPadを上回る販売台数を記録することが予想されている。米国では「Alexa」に準拠した家電製品が増え、新製品の多くはAmazon Echoを通じて音声でコントロールできるようになっているという。

<クラウドAI>
AI Digital Assistant
Google Assistant  Cortana  Siri       Alexa         Clova
クラウドAIによるデジタルアシスタントはアマゾンの「Alexa」を筆頭に、アップルの「Siri」、グーグルの「Google Assistant」、マイクロソフトの「Cortana」、ここにLineの「Clova」が参入する。

<ワイアレススピーカー>
WAVEはWi-FiまたはBluetoothを使ったワイヤレス・スピーカーとしても使える。Wi-Fiの環境は必須だがLine Musicはスマホのアプリを使ったコントロール無しに音声指示でダイレクトにコントロールできると思われる。現在定期購読を続けているGoogle MusicはChromecast Audioから光接続で外付けDACにダイレクトにつなぎ、サブのオーディオセットで楽しんでいる。自宅の環境でWAVEをどう活用しようか今から楽しみ。
 
関連記事
スポンサーサイト

| ホーム | デミオのUSBオーディオが復活した >>


trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)