英国の音 Celestion SL-600(2)
Ditton 66 (s)

私が最初にCelestionのスピーカーに出会ったのは御殿山にお住まいのアレンジャーでジャズピアニストのO先生の仕事場でのことだった。1970年代も終わり頃の話。オープンリールのテープでアレンジのデモを聴いたあと、お寿司(ご馳走さまでした)をいただきながら、仕事部屋で先生お気に入りのLPに針を落としてもらう機会があった。ピアノと反対側の壁を背に3ウエイのトールボーイ型Ditton 66が置かれていた。低域は30cmウーファーにドロンコーン(英国ではスレーブバスと呼ぶ)を組み込んだスピーカーだ。クインシー・ジョーンズの「Smackwater Jack」(A&M 1971年)の盤が廻ると、スタジオで聴くような厚みのある音が出てビックリした覚えがある。後年、建て替わったO先生のお宅にお邪魔した時、新しい仕事場にはCelestionのSL-700が置かれていた。

Smackwater Jack

勤めていた同じ洋楽部の2年先輩の同僚二人ともが、Celestionスピーカーの愛用者だった。一人は小型のUL-6。もう一人がSL-6だった。私に熱心にCelestionをすすめてくれた先輩はSL-6のオーナーだった。
 

SL-6が発表されたのはくしくもCDが発売される前年、1981年の英国ハロゲイトのオーディオショーのこと。セレッション社が、当時の持てる技術力で最高のスピーカーをつくろうとした結果に生まれた小型スピーカーだった。
従来型の“ブックシェルフ”スピーカーのように本棚で音を増強するのでなく、周囲に空間を設けてスピーカーの性能だけで音場を再現し、充分な音圧を生成すること目指した製品だ。小型ながらも200Wという大入力を実現し、パワーをあまり入れない、大音量は無理、低域はあきらめるといったそれまでの小型の制約を解き放ち、現代の小型スピーカーのデファクトスタンダード(事実上の標準)となった製品だ。

Celestion SL-6 (S)

日本の家屋でのセッティングの自由度の高さをはじめ、出てくる音は別として、私のJBLの小型システムにまさるポイントが幾つもあった。唯一の弱点は出力音圧レベルが82dBと極めて低いこと(標準的な今日のスピーカーは88~90dB)。能率が低く鳴らしにくいのが欠点だった。

1990年の初め頃、渋谷パルコの中にあったオーディオ専門店でSL-6を購入するつもりで行って中古のSL-600を買って帰ってきた。
SL-6のエンクロージャは木製だったが、SL-600はエンクロージャに軽量高剛性のジュラルミンハニカム材を用いている。ずいぶんくすんだ色の外観のスピーカーだなというのがファーストインプレッション。音は
SL-6より地味に聴こえるがクオリティは高いように感じた。程度も良かったが、ペアの値段が新品のSL-6よりだいぶ安かったのが即決した理由。高さ45cmぐらいの金色のエンブレム入り木製スタンドが一組付いてきた。SL-600のターミナルはバナナプラグなのでそれも一緒に買って帰った。購入してから20年ほど経つが、エッジが傷んでいないこと。さすがCelestionだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

<< SENNHEISER IE8 | ホーム | 英国の音 Original B&W 801 >>

comment

はじめまして。UKスピーカー関連で出会いました。

レコード会社勤務だったとのこと(過去形?) 自分もそうでした。退職後は田舎に引っ込んでいます。A&R畑ではなく自分は営業→販促一筋でしたがあれから業界も随分様変わりしてしまいました。

興味を惹かれる記事が多く愉しみに読ませていただきました。

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)