自宅ののMacを「OS X El Capitan」にアップデートした
El Captian Screen Shot

遅ればせながら我が家のMacを「OS X El Capitan」にアップデートした。きっかけは娘の使うiMacの描画が時々引っかかり気味になること。PRAM解放の儀式『Command + Option + P + R』やセーフモードでの起動をやって凌いだが、改善のためOSの上書きを兼ねて「OS X El Capitan」にアップデートした。同時に自分で使うMac Book ProやMac MiniのOSもYosemiteからアップデートした。
Yosemiteも結構堅牢なOSだが、El Capitanはスピード、使い勝手、クラッシュ耐性などパフォーマンスの向上が図られたようだ。何より安心なのはシステム要件がYosemiteと同じ。アプリなどの対応(互換性)はあまり考える必要がないこと。ちなみに”El Capitan(エル・キャピタン)”とは、ヨセミテ国立公園の中にある巨大な花崗岩の一枚岩のこと。OS X Mavericks (Version 10.9) 以降から米国カリフォルニア州の地名を使ったコードネームが付けられている。
■ アップデート可能な機種は以下の通り:
・iMac (Mid 2007以降)
・MacBook Air (Late 2008以降)
・MacBook(Late 2008アルミニウム製、Early 2009以降)
・Mac mini (Early 2009以降)
・MacBook Pro (Mid/Late 2007以降)
・Mac Pro (Early 2008以降)
・Xserve (Early 2009)
■ 我が家のMacのシステム要件
・iMac (21.5-inch Mid 2010)
・Mac Book Pro (13-inch Late 2011)
・Mac Mini (Late 2014)

Java SE6 runtime

インストールには1時間前後時間がかかる。あとは現時点までのアップデーターのインストールが求められる。さらにAdobeのユーザーなのでIllustratorなどにはJava 6が必要なので、Appleのサイトからダウンロードしてインストールする。
結果は3台ともアップデート成功。まだ全を試したわけではないがAdobeなどのサードパーティ製アプリも無事に動いている。
 
関連記事
スポンサーサイト

<< ロックンロールの創始者、 チャック・ベリー死去(享年90歳) | ホーム | 英国の音 ローリング・ストーンズ モービル・スタジオ(再掲載) >>


trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)