映画「男と女」に出演、テーマ曲を歌ったピエール・バルーが亡くなった。享年82歳。
アルバム「花粉」
「Le Pollen」(1982年)
元旦早々、旧聞にぞくする訃報を掲載するのは気がひけるが、12月28日にフランス人の作曲家、プロデューサー、映画俳優のピエール・バルーが亡くなった。享年82歳。彼はクロード・ルルーシュ監督「男と女」(1966年制作)に出演。主題曲を歌い有名になった。『ダバダバダ・・・』で知られる名曲。作曲は友人でもあるフランシス・レイ。
バルーは日本ではブリジット・フォンテーヌの「ラジオのように(Comme à la radio)」(1969年)を制作したレーベル、サラヴァ(Saravah)を主催したことで知られる。前述の映画「男と女」の深刻な資金不足を補うためフランシス・レイと共同名義で作った音楽出版社が母体。ブリジット・フォンテーヌとアート・アンサンブル・オブ・シカゴとの共演「ラジオのように」がヒットし、欧州最古のインディペンデント・レーベルとして活動を広げていった。日本で「ラジオのように」がリリースされたのは1972年。日本コロムビアからだった。

Comme à la radio
Comme à la radio(1969年)
1980年に海外出張した際パリの自宅兼事務所を訪問。その後バルーにモンマルトルのレストランで美味しいラム・カレーをご馳走になった。日本コロムビアとサラヴァの共同制作「花粉(Le Pollen)」の録音で1982年に来日した際も直接お会いしている。ご冥福を祈る。
 
関連記事
スポンサーサイト

<< Chromecast Audio その後 | ホーム | 「ラスト・クリスマス」を歌ったジョージ・マイケルが Xmasの日に亡くなった(享年53歳) >>


trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)