米国ポピュラー音楽界の巨人レオン・ラッセルが死去
レオン・ラッセル 2008年
Leon Russell, April 2009 (pic.:Wikipedia)
11月13日、レオン・ラッセル(Leon Russell、本名 Claude Russell Bridges)がナッシュビルの自宅で死去した。享年74才。公式サイトやFacebookのページでは、レオンは就寝中に亡くなったと妻が述べている。
代表曲「ア・ソング・フォー・ユー/ A Song For You」(デラニー&ボニーとの共作)は、カーペンターズがカバーし、彼らの日本でのブレイクのきっかけとなった。またジョージ・ベンソンの名を一躍世界に広めたアルバム「Breezin'」に収録されヒット曲となった「マスカレード/ This Masquerade」もレオンの曲。

Joe Cocker & Leon Russell
Joe Cocker and Leon Russell, 1970
60年代にスタジオミュージシャンとしてLAで活躍。1970年代以降はソロ・アーティストとして活躍する。 1971年に公開されたジョー・コッカー全米ツアーのドキュメンタリー「Mad Dogs and Englishmen」(ビエール・アディッジ監督)でジョー・コッカーと共演。バンド・リーダー&キーボーディスト(兼ギタリスト)として圧倒的存在感を見せつけ、一躍知られるようになった。その米南部の泥臭い音楽性により”スワンプ・ロックの帝王”とも呼ばれ、ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン等、多くのアーティストに影響を与えた。
近年、かねてから親交のあるエルトン・ジョントと共作アルバム「The Union」(2010年)を制作。これが遺作となった。

シェルター・ピープル cover
「Shelter People」1971年
今日は2ndアルバム「シェルター・ピープル」(1971年)の1曲目に収録された、クローディア・リニアとキャシー・マクドナルドの女性二人によるゴスペル風コーラスが印象的な「Stranger In A Strange Land」を聴いて合掌。冥福を祈る。


関連記事
スポンサーサイト

<< 音楽ストリーミングサービスをチェックしてみた | ホーム | NTTドコモ「iモード」端末、18年の歴史に幕 >>


trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)