音楽配信スポティファイを試してみた
Spotify Logo

先月末からスウェーデン発の音楽ストリーミング、スポティファイ(Spotify)を使っている。9月29日の記者発表会に取材の手伝いで出かけたたところ、参加者に配信サービスへの招待券が配られた。この利用コードを使っている。11月に本サービス開始のようだが、現在はスポティファイのサイトでメールを登録。送られてくる利用コードでエントリーする。まだプレオープンの状態だ。スポティファイは1億人以上のユーザーを持つ世界最大の音楽ストリーミングサービス。日本でも数年前から登録受付の先行予約が始まるなど、これまで何度となく「サービス開始」という情報が飛び交ってきたが、9月29日にようやく”招待制”によるサービスが開始された。
個人的に購読料を毎月払って利用しているのはグーグル・ミュージック。アップル・ミュージックは夏からお休み。この2つと比較すると、プレイリストを比べてみてもスポティファイは地味とゆうか、良くこなれていてストレスが少ない。基本は洋楽ユーザーなので洋楽に関しては文句はない。J-Popやアニメなど国内制作の音楽の状態はよくわからないが、ジャパンタイムスの記事ではオリコンのヒットチャートに入った曲が半分も無いと書かれており、邦楽のカタログ集めにはかなり苦労していることがうかがえる。

iPhone 6_Spotify_screen

スポティファイ最大の特徴は月額980円の「Spotify Premium」の他に無料の「Spotify free」が用意されていることだ。これまで日本で配信を開始しているどのサービスにも原則的に試用期間以外に無料は無い。Freeでは広告が時々表示されるほか、スマホではアーティスト別やアルバム別、またプレイリスト内からのシャッフル再生のみという制限が掛かる。またディスクトップ・アプリを使うPCからの試聴は月間15時間までという厳しい制限がかかっている。超えた場合は翌月まで待つか、スマホで利用するしかない。

スポティファイは「Spotify Connect」の機能を積極的に打ち出している。インストールした”Spotifyアプリ”を使いスマホやタブレットをリモコンとして使用し、スピーカー、テレビ、ノートパソコン、その他のデバイスで音楽を再生することができる。日本では対応機器の発表がまだだが、世界各国では数多くのオーディオメーカーの機器が対応している。テレビ、スピーカー、HiFi機器との接続に使うための小型アダプタがGoogleやAmazonから出ている。Googleは「Chromecast(又はChromecast Audio)」。Amazonは「Fire TV Stick」。Appleは「AirPlay」を用意している。

Spotify_Connect

スポティファイは互換性があるのでChromecast Audioから直接音を流すことができる。スマホやPCのデスクトップアプリはリモコン。Chromecastがスポティファイを直接WiFiで受信して出力してくれる。
操作にはスマホに「Google Cast」アプリを「Spotify」と一緒に入れておく必要が有る。現時点PCのディスクトップアプリ単体ではChromecast Audioにはそのままつなげない。一旦iPhoneかAndroid側でつなぎそれをディスクトップアプリに引き渡してやるかたちをとる。320kbpsの音は少しエッジが立つような感じを受けるがGoogle Playの音質に匹敵する。(Google Play:MP3 320kbps、Spotify:Ogg 320kbps)。自宅ではChromecast AudioのS/PDIFの光デジタル端子を使いRME FireFace UCXに接続して高音質再生を楽しんでいる。
 
関連記事
スポンサーサイト

<< CDプレーヤー DCD-1650ARが不調? | ホーム | iPhone 7のNFCチップは世界共通でFeliCa対応と判明 >>


trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)