iPhone 7のNFCチップは世界共通でFeliCa対応と判明
iFixit_iPhone7

娘のところに新しいiPhone 7が届いた。128GBモデルで色はゴールド。iPhone 5Sからの機種変更、結構難度の高いネット購入(キャリアはau)だった。彼女は1ヶ月ほど前にiOSのアップデートでトラブルに遭遇。アップルのヘルプでiPhoneを復活させるという経験があったため、ネットでの機種変は楽勝だったようだ。
世界のユーザーにiPhone 7が届くのに先駆けて、お馴染みの分解レポートが解体調査チームのiFixitによって行われた。特殊規格のネジが使われているから、分解には少なくとも4種類の専門のドライバーが必要。
注目したいのは、日本でiPhone 7がお財布携帯に対応となった、その心臓部ともいえるFeliCa対応チップにNXP(NXPセミコンダクターズ:旧フィリップス)製の「67V04 NFC Controller」が採用されたことだ。
iPhone7ロジックボード
iPhone 7 logic board/ Yellow: NXP 67V04 NFC Controller

世界各国でポピュラーなType A/Bと独自規格だったType FのFeliCaのどちらにも使えるNFC(Near Field Communication)チップだ。
NXP「67V04」の搭載は日本で販売されるiPhoneのA1779、アメリカAT&T及び欧州向けのA1778、中国・香港向けのA1660の3タイプの分解レポートで確認されている。数億の単位で販売されるiPhoneを国別に作り分けるのは非現実的。調達コストを含め可能な限り共通化するというのが当然の流れだ。
今年に入り、国際標準団体であるNFC ForumはType FのFeliCaを国際規格として認定したが、Appleが同団体の中核に位置することから、iPhone 7の採用が国際標準規格昇格の後押しをしたかたちだ。
ハード的には互換性があるとはいえ、日本で買ったiPhone 7で海外でのApple Payが利用できるか、また海外からの旅行者が日本でSuicaの改札利用が可能になるかどうかは今のところ不明。
 
関連記事
スポンサーサイト

<< 音楽配信スポティファイを試してみた | ホーム | iPhone 7 お財布ケータイ(FeliCa)をサポート >>


trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)