ハリウッドの影の歌姫 マーニー・ニクソンが亡くなった
マーニー・ニクソン
Marni Nixon 1930/02/22 - 2016/07/24
ハリウッドのミュージカル映画黄金期(1950年代から1960年代半ば)を支え、米映画史上で最も著名な「影の歌姫」と評されたマーニー・ニクソンが亡くなった。AP通信によると2016年7月24日、ニューヨークのマンハッタンで肺癌のため亡くなる。享年86歳。
著名なミュージカル映画において「最強のゴーストシンガー」といわれ、女優の歌唱シーンの吹き替えを担当していたのがマーニー・ニクソン。誰もが耳にしている「Tonight」や「Shall We Dance?」を歌っているのが実は彼女だった。その女優の特有の発音や声色まで似せて歌うニクソンは「最強のゴーストシンガー」としてハリウッドの業界関係者の間では知らぬもののない存在であったが、吹き替えはトップシークレットであったため、長年にわたり彼女の存在を世の人が知ることはなかった。映画会社の「スターのイメージを保つため」の戦略として、ニクソンの名はエンドクレジットに載ることはなかった。吹き替えを公表しない契約書にサインさせられていたのである。

ウエスト・サイド物語
West Side Story(1961)
彼女が吹き替えた主要作品を挙げておこう。
▪️王様と私(1956)
デボラ・カーが歌うアンナ役の全曲吹き替え。
▪️めぐり逢い(1957)
デボラ・カーが歌うテリー役の全曲吹き替え。
▪️ウエスト・サイド物語(1961)
ナタリー・ウッドが歌うマリア役の全曲吹き替え。
▪️マイ・フェア・レディ(1964)
オードリー・ヘプバーンが歌うイライザ役の全曲吹き替え。

マイ・フェア・レディ
My Fair Lady(1964)
ちなみに西海岸の人気ミュージシャンであったアンドリュー・ゴールド(1951年8月2日〜2011年6月3日)は彼女の実の息子だった。
今夜は彼女を偲んでウエスト・サイド物語から「Tonight」と「Somewhere」を聴くとしよう。冥福をお祈りする。
 
関連記事
スポンサーサイト

<< 英国パンク・ロック 40周年について考える(1) | ホーム | VHSビデオの終焉 >>


trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)