話題のイヤホンSE-5000HRを購入してみた
SE-5000HRトップ

SoftBank SELECTION発売のダイナミック型のカナル型イヤホンSE-5000HRを購入した。ハイレゾ対応をうたうイヤホンで、アマゾンのレビューにも高評価のコメントが沢山寄せられ気になっていたモデル。アマゾンのタイムセールに出ていたので思わずポチしてしまった。私もお世話になっている音元出版が主催するVGP2016において「コスパ賞」とインナーイヤー型ヘッドホン(5000円以上1万円未満)で「金賞」を受賞した製品だ。
SoftBank SELECTIONの製品はコレが始めてではない。スマホユーザーにさまざまアクセサリーを提案するブランドで、デジタルTVチューナーのSB-TV02-WFPLを購入している。現役引退後のiPhone 5の地デジ/BS専用チューナーとして食卓でTVを見るため大活躍の機器だ。

SE-5000HRパッケージ

発注から2日後、SE-5000HRが到着。開封すると豪華な化粧箱のパッケージ。カラーはコッパー(銅)。アルミ仕上げの本体も高級感がある。ポータブルUSB-DACのiFI Audio nano iDSDをつないで早速聴いてみた。初印象は「ハズしたかな・・・」。

低域が膨らみ気味になり若干圧迫感がある。さらに中低域のレスポンス(反応)が悪いのでリズム楽器帯の再生が思わしくない。ドライバーの中低域のレスポンスの鈍さに問題がありそう。今後のエージングの進み具合に期待したいが時間がかかる心配がある。
スマフォ向けなので3.5mmミニジャックで4極のステレオ端子でマイク付きでリモコン操作ができる。現在使用中のiPhone 6に付け替えて聴いてみた。「これならいけるかなぁ」という感触に変わった。低域の量感が若干足ないが、中低域のレスポンスが改善すればなんとか使い物になる。高域が上まで伸びているのが救い。1ヶ月ほど使い込めば評価も変わりそうだが、良くも悪くも無難な出来で同タイプの中でならあえて選ぶほどでもないというのが結論。
SE-5000HRイメージ
<プレイリスト>
試聴に使ったのはポタフェスやヘッドフォン祭などにiPhone 6にセットして持ち込んでいるチェック用のプレイリスト『Dance Tracks 2』を用いた。
比較試聴したダイナミック型のカナル型イヤホンは手持ちの2機種。Philips SHE9710(約3,000円)、SennheiserのIE8(約30,000円)。少なくともSHE9710に近いレベルでは鳴って欲しい。

Dance Tracks Ver.2 index
 

関連記事
スポンサーサイト

<< グーグルのChromecast Audioを使ってみた | ホーム | USBメモリでカーナビ・オーディオに挑む >>


trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)