もう一度リッピングからやり直し
やり直し

幾つかの事情があってiTunesへのライブラリ登録を全てやり直す事になった。OSの入れ直しからだから、ゼロからのスタート。リカバリディスクを持たないLion再インストールの話は後日紹介したい。
トラブルは不要なソフトをギリギリまで削除しようとした作業中に起こった。OSXのLibraryのファイルをひっかけたことが原因のようだ。修復アラートが出るが、修復できない状態になった。Time Machineのデータで復旧することも出来たが、今回はその方法をとらなかった。
理由は幾つかある。CDをリップしたファイルを第1世代のものにしておきたいというのがひとつ。
今回Mac Book Proで作ったライブラリの音が、固くてソリッドな感じが強く気に入らなかったことも大きい。Audirvana Plusをつかうと納得できる音になるが、iTunesだけの再生では不満が出てしまう。iPhone 4Sにプレイリストを取り込んで聴いても音の性格は変わらない。同じ事がCDDA(音楽CD)で焼いても起こる。CDバーニングはiMacの役目と決めつけると先行きが暗い。少なくともiPhoneでこのソリッドな音とつきあっていくのは辛い。
やり直したかった理由のもう一つは過去と異なるパラメータでリッピングをしたこと。iTunesの「読み込み設定」でオプションの「エラー訂正」をONにしたこと。ちなみにiTunesの初期設定はOFFになっている。さらにFireWireの外付けドライブを取り込みに使った事などだ。
やり直したからといって確実に音が変化するという自信はなかったが、OSの入れ直しで内蔵ディスクにフォーマットがかかるので、ライブラリの記録媒体に良い影響があるかもしれないという淡い期待もあった。少なくともファーストジェネレーションのAIFFファイルはキープ出来る。
もう一度リッピングの作業を繰り返すのだがそのときのポリシーを一応決めてみた。
1) iTunesの読み込み設定」でオプションの「エラー訂正」は初期設定
 のままのOFFにする。
2) 外付けCDドライブ(LaCie FireWire接続)は今回も使用する。
3) 読み込み時のGreacenoteのデータは適切に手直しして使用する。
 ・アルバムタイトルの邦文表示は欧文に改訂。
 ・表題が「Greatest Hits」、「Defenitive Collection」、
  「Love Song」だったらアーチスト名を追加する。
以上だ。
関連記事
スポンサーサイト

<< iTunes 10.6は64ビット | ホーム | Audirvana Plus >>

comment

post a comment

url:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)