iPhone 7のNFCチップは世界共通でFeliCa対応と判明
iFixit_iPhone7

娘のところに新しいiPhone 7が届いた。128GBモデルで色はゴールド。iPhone 5Sからの機種変更、結構難度の高いネット購入(キャリアはau)だった。彼女は1ヶ月ほど前にiOSのアップデートでトラブルに遭遇。アップルのヘルプでiPhoneを復活させるという経験があったため、ネットでの機種変は楽勝だったようだ。
世界のユーザーにiPhone 7が届くのに先駆けて、お馴染みの分解レポートが解体調査チームのiFixitによって行われた。特殊規格のネジが使われているから、分解には少なくとも4種類の専門のドライバーが必要。
注目したいのは、日本でiPhone 7がお財布携帯に対応となった、その心臓部ともいえるFeliCa対応チップにNXP(NXPセミコンダクターズ:旧フィリップス)製の「67V04 NFC Controller」が採用されたことだ。
iPhone7ロジックボード
iPhone 7 logic board/ Yellow: NXP 67V04 NFC Controller

世界各国でポピュラーなType A/Bと独自規格だったType FのFeliCaのどちらにも使えるNFC(Near Field Communication)チップだ。
NXP「67V04」の搭載は日本で販売されるiPhoneのA1779、アメリカAT&T及び欧州向けのA1778、中国・香港向けのA1660の3タイプの分解レポートで確認されている。数億の単位で販売されるiPhoneを国別に作り分けるのは非現実的。調達コストを含め可能な限り共通化するというのが当然の流れだ。
今年に入り、国際標準団体であるNFC ForumはType FのFeliCaを国際規格として認定したが、Appleが同団体の中核に位置することから、iPhone 7の採用が国際標準規格昇格の後押しをしたかたちだ。
ハード的には互換性があるとはいえ、日本で買ったiPhone 7で海外でのApple Payが利用できるか、また海外からの旅行者が日本でSuicaの改札利用が可能になるかどうかは今のところ不明。
 
関連記事
スポンサーサイト

iPhone 7 お財布ケータイ(FeliCa)をサポート
Apple Phil Schiller
Apple Senior Vice President Phil Schiller

「アップルペイ(Apple Pay)に新しく加わる国の一つについて話したい。日本だ。」アップルのフィル・シラー上級副社長がこう語るとスクリーンに映されたスマホの画面に「Suica」のカードが現れた。9月8日午前2時(日本時間)に米サンフランシスコで開催されたアップルのスペシャルイベントでの一コマ。「日本のNFC*」であるソニーとJR東日本が推進してきた「フェリカ(FeliCa)」にiPhone 7シリーズが対応すること、日本国内でApple Payがスタートすることとが発表された。日本独自サービスであるにもかかわらず、アイフォーン7の目玉の一つとして会場の聴衆に大々的に紹介された。グローバル向けのイベントで特定地域向けの機能がアッピールされるのは極めて異例だ。

Suica on iPhone 7

一夜明けた9月9日付の日本の全国紙は新型のアイフォーン7が日本専用のサービスであるにもかかわらずFeliCaと呼ばれる技術方式に対応し、JR東日本が提供する「スイカ」に対応するお財布ケータイの機能をサポートすると大々的に報道。類似した機能であるApple Payも日本に導入されること伝えた。すでにiPhone 6にはType A/Bの通信規格(後述**)が搭載され、2014年10月から米国や英国で導入されている。この夏にはフランスなど9つの国と地域で利用可能となった。国内でアップルペイが開始されれば、日本は10か国目の対応国となる。


Read More →

関連記事

アップル iPhone 7/7 plusが発表された
iPhone 7 & 7 Plus

9月8日午前2時(日本時間)米アップルがサンフランシスコで開いたスペシャルイベントで、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」が発表された。
概要
初代iPhoneから一貫して搭載してきた直径3.5ミリのイヤフォンジャックが廃止されたほか、非接触ICカード技術「FeliCa」に対応する。またiPhone 7/7 Plusではついに最小ストレージが32GBになった。7 Plusには2個のレンズを内蔵した「デュアルレンズカメラ」を採用した。日本では9月9日に予約受け付けを始め、16日に発売する。Apple StoreでのSIMフリー版の価格は7万2800円(税別)から。
サイズ
サイズびディスプレーはiPhone 6/6 Plusシリーズと同一。
外形寸法は下記。
iPhone 7:67.1mm × 138.3mm × 7.1mm(4.7型液晶)
7 Plus:77.9mm × 158.2mm × 7.3mm(5.5型液晶)
ストレージ
iPhone 7では最小ストレージが32GB。容量は32GB、128GB、256GBの3タイプのラインナップとなった。競合他社のスマートフォンの最小ストレージにiPhoneがほぼ並んだことになる。
CPU/パフォーマンス
CPUには4コアの「A10 Fusion」チップを搭載。同チップは2つの「高性能コア」と2つの「高効率コア」を持つ。高性能コアはiPhone 6の最大2倍の速さで動作し、高効率コアは高性能コアの1/5の電力で動くという。パフォーマンスUPとともに省エネ化でバッテリー駆動時間がiこれまでと比べ最長2時間、iPhone 7 Plusは最長1時間延びたとしている。
オーディオ
iPhone 7 lightning port(小)

(1) 3.5mmイヤフォンジャックが廃止され、Lightning端子だけになった。ライトニング端子に直結する仕様のイヤホン(EarPods with Lightning Connector)が同梱される。付属品のアダプタを使えば従来型イヤホンも使用できる。充電しながらイヤホンで音楽を聴くというスタイルが当座使えなくなる。
左右も完全独立したワイヤレスイヤホンAirPodsが10月下旬に別売りされる(予価1万6800円)。同じAirPod専用チップW1を採用した製品がBEATからも販売される。
(2) スピーカーは2プピーカーのステレオ型で2倍の音量が出せる。


Read More →

関連記事

| ホーム |