ハリウッドの影の歌姫 マーニー・ニクソンが亡くなった
マーニー・ニクソン
Marni Nixon 1930/02/22 - 2016/07/24
ハリウッドのミュージカル映画黄金期(1950年代から1960年代半ば)を支え、米映画史上で最も著名な「影の歌姫」と評されたマーニー・ニクソンが亡くなった。AP通信によると2016年7月24日、ニューヨークのマンハッタンで肺癌のため亡くなる。享年86歳。
著名なミュージカル映画において「最強のゴーストシンガー」といわれ、女優の歌唱シーンの吹き替えを担当していたのがマーニー・ニクソン。誰もが耳にしている「Tonight」や「Shall We Dance?」を歌っているのが実は彼女だった。その女優の特有の発音や声色まで似せて歌うニクソンは「最強のゴーストシンガー」としてハリウッドの業界関係者の間では知らぬもののない存在であったが、吹き替えはトップシークレットであったため、長年にわたり彼女の存在を世の人が知ることはなかった。映画会社の「スターのイメージを保つため」の戦略として、ニクソンの名はエンドクレジットに載ることはなかった。吹き替えを公表しない契約書にサインさせられていたのである。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

VHSビデオの終焉
VHS Logo(小)

船井電機は、VHS方式の家庭用ビデオデッキの生産を7月末で終了する。近年は中国の工場の製品を主に北米向けに販売していたが、部品の仕入れが難しく「やめざるを得なくなった」(広報)という。パナソニック(2011年末で終了)やソニー(2002年8月で終了)など大手電機が撤退する中、船井電機が国内で唯一、ビデオデッキを手がけていたという。海外主要メーカーもすでにVHSビデオデッキからは撤退している。フナイが国内で販売していたのはVHS一体型DVDレコーダーDXR170V(45,000円前後)。子会社のDXアンテナがDX BROADTECブランドで展開していた。ちなみに開発元でVHSの登録商標を持つ日本ビクター(現・JVCケンウッド)は2006年以降はVHSを発売していない。
ビデオデッキがほとんど絶滅してる中で、単用途の再生専用機が売られている。アマゾンなどで調べると大阪の製造メーカー「ドウシシャ」が扱う再生専用ビデオカセットプレーヤー HVP-050がSANSUIブランド(ドウシシャがSANSUIの日本での商標使用権を持つ)で15,000円前後で売れらている。

Victor HR3300
初代VHS機 Victor HR-3300(¥256,000)


Read More →

関連記事

| ホーム |