デヴィッド・ボウイが亡くなった(享年69歳)
David Bowie

英国を代表するロック・アーチスト、デヴィッド・ボウイが満69歳を迎えたばかりの1月10日に亡くなった。癌の宣告を受け闘病生活を18ヶ月間続けていた。死亡はFacebookのオフィシャルページに発表された。息子の映画監督のダンカン・ジョーンズもボウイが亡くなったことをツイートしている。
2000年、デヴィッド・ボウイは英国の音楽紙『NME』がミュージシャンを対象に行ったアンケートで、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれた。本名はDavid Robert Hayward-Jones。モンキーズのディビー・ジョーンズとの名前の混乱をさけるため芸名をデヴィッド・ボウイに変えている。生涯25枚のアルバムを発表。ちなみに25枚目の「ブラックスター(Blackstar)」は先週1月8日の誕生日に合わせて発売されたばかり。好きなアーチストの一人だった。ご冥福を祈る。
 
関連記事
スポンサーサイト

| ホーム |