2015 東京インターナショナルオーディオショウ
AudioShow 2015ポスター

有楽町の国際フォーラムで9月25日から3日間開催された『2015 東京インターナショナルオーディオショウ』の中日に行ってきた。土曜日だったこともあり、人出は結構多かった。5時近くなって来場者が増えたように思う。ヘッドフォン祭と客層が異なり、年齢層が高い。それでも数年前に比べると白髪頭の後期高齢者層の比率が減ったように思う。
『インターナショナルショウ』なので欧米のオーディオメーカーからハイエンドの製品が出品される。まるでフェラーリやカウンタックが勢ぞろいしているような錯覚におそわれる。価格も2千万円を超える製品も多い。数百万円を超えるものはザラ。定価が百万円台ならお手頃価格といった感じ。いったい誰が買うんだろうと思いつつ、良いものは良い音でわかる。ガラス館の4F-7Fの出展ブースが理想的音響環境とは程遠いといっても、ユニットや素材が持つ本来の能力は顔を出す。
当日会場で別件があったので、数多くのブースを回る時間が無かったのが残念だが、2015年度のハイエンド製品の雰囲気だけは感じることが出来た。印象に残ったものを二つ。

Foculスピーカー
Focul Stella Utopia ¥11,000,000/pair(受注生産)
仏 Focul社の最高級スピーカー。おそらくリファレンスで使うならば最高の能力を持ったスピーカー。各ユニットを構造的に最適な位相特性を持つように構成。よく調整されており、音のつながり、センター定位が見事だった。

lINNスピーカー
LINN社 Majikシリーズ 2Wayスピーカー 520 価格不明
昨日、英国のLINN本社から届けられたものを開封してセットアップしたばかりだという。トールボーイだが比較的小ぶりのパワードスピーカー。欧米でポピュラーになっているマルチルーム・オーディオ・システムを組むためのもの。SPエンクロージャー全体を包むファブリックが10種類程度用意され、インテリアや使用環境に合わせて好みの外見にできる。アンプ組み込みなので同社のLinn Majik DSMに組み合わせる。英国では日本未登場のストリーミングサービス、北欧TIDAL社のロスレス(CD品質)ストリーミングと組合わせて使う楽しみ方を推進している。
 
関連記事
スポンサーサイト

| ホーム |