Windows 10 にOSをアップグレードした
windows 10 logo bar

8月の旧盆明けにノートPCのAcer Aspire 431P-H14C/S をWindows 10にアップグレードした。Windows 8.1/7ユーザーは無料でWindows 10にアップグレードすることができる。なぜか、“9”を飛ばして“10”になる。マイクロソフトはこれを最後のOSアップグレードにするのだという。数日前、Microsoftの幹部が「Windows 10」がリリース後約1カ月で7500万台の端末にインストールされたと自身のTwitterでツイートしたという記事を見た。MSによれば7500万本にはPCメーカーへのプリインストールは含まないという。
Acer Note PC

昨年、Windowsで動くメディアプレーヤのチェックのため廉価なAcer 431P-H14C/Sを購入した。暮れにはOSをWindows 8 から 8.1にアップデートしている。アップデートはWindows Updateの更新プログラム適用後、Windowsストアでアップデート用ファイル(無償)を入手して実行するだけの簡単な作業だった記憶がある。
対象となったAcer 431P-H14C/Sのスペックは
CPU:Celeron 1007U(Celeron Dual 1.5GHz)
本体メモリ:4 GB
OS:Windows 8.1 64bit
今回はマイクロソフトが7月29日発表した「メディア作成ツール」を使ってアップグレードした。Windows 10 のダウンロードサイトでツール(MediaCreationToolx64)をダウンロードして使用する。
このソフトはその名の通り『Windows 10 インストール用のディスク イメージ (ISO ファイル)』を「DVD」または「USBメモリ」のメディアで作る機能と、そのままPCをアップグレードする機能が付いている。今回はこのソフトの『PCを今すぐアップグレードする』機能を使ってアップグレードした。だいたい2時間くらいでインストールが完了した。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

| ホーム |