イエスのクリス・スクワイアが亡くなった (享年67才)
クリス スクワイア '77
Chris Squire, Yes, Hallenstadion, Zürich, 11/20/1977

米紙ニューヨーク・タイムズ 電子版がイエスのベーシスト、クリス スクワイア(Chris Squire)が無くなった事を報じた。67歳。白血病を患っていた。今年5月に白血病(急性骨髄性白血病)であることを公表。治療を行うため今夏ツアーからの離脱を発表していた。
1948年、ロンドン生まれ。1967年暮れにジョン・アンダーソンらとイエスを結成した。全てのアルバム制作に参加した唯一のメンバー。組織的な面で実質的なリーダーだった。ベースの技術は世界のベーシストに大きな影響を与えた。イエスの1971年のアルバム「こわれもの」と1972年の「危機」は愛聴盤だった。1973年3月9日、初来日の東京2日目 渋谷公会堂のコンサートを見ている。天井のミラーボールが回転し、幻想的な雰囲気を醸し出していた。レコード通り、カラオケかと疑う様な完璧な演奏にジョン・アンダーソンのヴォーカルがのるのにビックリした覚えがある。

イエス「危機」
Yes / Close To The Edge - Gatefold Sleeve

近年、スクワイアーが全面協力しスティーヴン・ウィルソンが新リミックスで復刻を行ったBD盤「危機(Close To The Edge)」は真剣に視聴。大変楽しませてもらった。 (『Blu-ray Audioでイエス「危機」のニューミックスを聴く』参照。)
ご冥福を祈る。
 
関連記事
スポンサーサイト

Audirvana Plus 2.0 にアップグレードした
Audirvana Plus 2.0 アイコン

メディアプレーヤー(音楽や映像を再生するソフト)Audirvana Plusをアップグレードした。Ver. 1.5.2からVer.2.0へのヴァージョンアップ。有償で39ドル。ちなみに新規購入は75ドルとなる。
これまでのAudirvana Plusにはライブラリ管理機能は非搭載だった。「2.0」ではiTunesライクなライブラリー管理機能が追加されたことが大きな変更点だった。2014年9月に「2.0」がリリースされた際、新機能をひととおりチェックしている。iTunesライブラリーと連動してデータを取り扱う「2.0」の管理機能にはアーティストごとにカタログを整理する機能はなく、アルバムアートワークの欠落も多く、お世辞にも使い勝手が良いとものとは言えなかった。「2.0」へのヴァージョンアップは当分封印に決まった。
今回載せ変える気になったのは、MacBook ProのOS XをLion(10.7)からYosemite(10.10)にアップグレードした事が大きい。iTunesはとっくにVer.12にしている。OS Xの変更は手持ちのアプリへの影響が大きいため慎重に進めなければならない。OS X Marvericks(10.9)はパスしている。最悪の場合使用出来なくなってしまうからだ。今回の場合Sound Studio 3.0が若干不都合が出ただけで大きな問題は起きなかった。MacBook Proの動作は速くなったが、音の傾向が少し変わってしまった。Yosemiteは低音が緩め、解像度が若干下がったように聞こえる。

Yosemite Logo

毎回毎回、アップデートで微妙に音が変わるAudirvana Plusの新バージョンを組み合せるとどうかというアイディアが閃いた。Audirvana Plus 1.5.2は旧バージョンなのでアップデート無し。「2.0」へ変えるしか無い。ライセンス・キーの入ったファイルを「2.0」へロードするとAudirvana Plusの新バージョンがアクティブに。早速アップデート。最新はVer. 2.1.1になっていた。再生音の傾向は思った通りになった。緩めの低音が締まり、中高域がクッキリしたように感じられる。一応成功だ。


Read More →

関連記事

| ホーム |