コンデンサ型ヘッドホン STAX SR-Ω がやって来た
SR-Ω Poster Image

我が家にとんでもない賓客がやってきた。スタックス(STAX)社のコンデンサ型(静電型)ヘッドホンの SR-Ω(オメガ)だ。1993年発売のフラグシップモデルで、同社が一旦休業を宣言する1995年末までの3年間にわずか600台足らずしか生産されなかった稀少モデル。大型(90mm)ダイアフラム・メッシュ固定極を採用した高性能イヤースピーカー(同社でのヘッドフォンの呼び方)で、ネット上では「まっとうな状態のSR-Ωはもはや存在しない。」「メッシュ振動板の初代SR-Ωで未だにオリジナルのまま実働してる固体があるのかな?」(2ch掲示板)と言われている。先週、SR-Ωを駆動する真空管式ドライバー(専用アンプ)のSRM-T1Wとともに我が家に届けられた。差し障りがありそうなので詳しい経緯は書かないが、記事をお手伝いしている某編集部のチーフから個人的に長期貸与されたもの。口頭で注意されたのは、製品を売却しないこと。オリジナルの外箱(特にSR-Ωのパッケージは桐箱)を捨てないことの2つ。当然のルールだ。事前に聞いていたのでビックリしなかったが、外箱は汚れているがSR-Ω本体もSRM-T1Wも撮影のために開封されているものの、中味は未使用の新品だった。

Stax Omega SR-Ω
【SR-Ω(オメガ)】
■価格 ¥180,000
■型式 エレクトロスタテック型
■振動板 膜厚1.5ミクロン
■インピーダンス
■再生周波数帯域 6-41,000Hz
■許容入力
■感度 99dB/100Vr.m.s
■コード 2.5m平行幅広PC-OCC
■重量 380g(コード含まず)
■発売 1993年
■販売終了 1995年頃
■備考 生産数は600台以下 製造年度1994年(推定)




Read More →

関連記事
スポンサーサイト

AKG K701とヘッドホン・アンプ
SMSL SAPII(M)
注文していたヘッドホン・アンプが届いた。発送は中国の深圳から。オーディオでは始めての中華製品だ。到着まで8日程。価格は送料込みで8千数百円。最初は米国TI社の「TPA6120A2」というヘッドフォン・アンプ用ICを使ったキットを作ってみようと思っていた。「TPA6120A2」はソニーの高級ポータブルアンプ、PHA-1やPHA-2でも使用され、音が良いと評判のチップだ。キット自体は高く無いのだが、ボリューム、フューズ、接続端子や24Vの外部電源など必要な物を揃えてゆくと結構な出費と手間になる。厚手のアルミ・ケースにコンパクトに収まったS.M.S.L社のSAP2を見てしまうと完成品購入に気持ちが動く。米国のスタジオではミクサールームのヘッドフォンアンプとして、ベイヤーのDT 770とともに使われている紹介例もあり購入を決定した。大きさはタバコの箱を一回り大きくしたくらい。

<ヘッドフォンアンプの出番>
AKG K701
我が家で活躍中のAKGのK701はインピーダンスが62Ωで感度が93dBと低いので、ある程度力のあるヘッドフォン・アンプに繋がないと本領を発揮しないとされている。これまではRMEのFireFace UCXのフォーン端子に繋いであまり大きな不満を感じることは無かったが、さすがにダフト・パンクの「Random Access Memories」のハイレゾ音源(88.2kHz/24bit)ではK701を鳴らしきれていないことを実感させられた。特にネーサン・イーストのベースとジョン・ロビンソンのドラムスを中心にした分厚いリズム隊の再生だ。中低音の質感とともにリズム隊の音圧にリニアに追従出来ない。こんどこそ良質なヘッドフォンアンプの出番だ。


Read More →

関連記事

ダイアナ・クラール「ウォールフラワー(Wallflower)」をハイレゾで聴く
Wallflower
Wallflower
2月初旬にリリースされたダイアナ・クラール最新作「ウォールフラワー」をダウンロードで購入した。
シンガー/ピアニストのダイアナ・クラールの最新作はジャズではなく本物のポップ・アルバム。所属のヴァーブ・レコードの会長デイヴィッド・フォスターがアレンジ/プロデュースを担当。ダイアナが歌に専念出来るよう自身がピアノも担当するという力の入れよう。曲は'60年代 -'70年代の珠玉のポップ/ロックの名曲揃い。例外はポール・マッカートニー未発売のバラード「If I Take You Home Tonight」。彼女もピアノで参加したポールのスタンダード企画「Kisses to the Bottom」(2012年)のためにポールが書き下しで用意した作品とのこと。
どうしても比較したくなるのは2001年に大ヒットした「Look OF Love」。あちらは彼女がスタンダードナンバーから選曲して、世紀が変わる時に贅を尽くして録音したもの。トミー・リピューマのプロデュース、クラウス・オガーマンのアレンジ、録音エンジニアはアル・シュミットと黄金期の「A&Mサウンド」を再現している。あれから十数年が経過した。直接比較は主旨と違うのでやらないが、本作でダイアナは20世紀後半がどんな時代であったかを曲に託して歌っているように感じる。静かに押さえた歌い方も妙に納得してしまう。アレンジや音の録り方も華美にならないよう意図的に押さえているようだ。


Read More →

関連記事

| ホーム |