スティーブン・ウイルソンの作品をハイレゾで聴く
Steven title bar

当ブログでもたびたび取り上げている英国のミュージシャン兼エンジニア、スティーブン・ウイルソンのソロ2作品を一挙に紹介する。事情があって2作品のハイレゾ・ファイル(96kHz/24bit)をほぼ同時に手にした。一つは発売になったばかりの新作。ソロ4作目「ハンド・キャンノット・イレース(Hand. Cannot. Erase )」だ。もう一つは2013年発売のソロ3作目「レイヴンは歌わない(The Raven That Refused To Sing )」。アラン・パーソンズがプロデューサー兼エンジニアで参加している。オヤジ世代にとっては思わず触手が動く作品。スティーブン・ウイルソンを買おうと思ったのは、80年代の英国ロック・ポップの頂点、ティアーズ・フォー・フィアーズ、とシンプル・マインズのリミックスを手掛けたこと。元の素材以上のものを引き出すと云われるスティーヴンの巧みの技の原点に直接触れてみたかったからだ。

Steven Wilson (S)
Steven Wilson. Pix: Naki Kouyioumtzis

まず「レイヴンは歌わない」をHDtracksでダウンロード購入した。発売日が真近に迫った新作「ハンド・キャンノット・イレース」はどうかなと、e-onkyo musicを覗いて見た。驚くことに米英独で3月3日発売の作品が日本の配信サイトでは2月25日にダウンロード出来る状態になっている。ファイルの注意書きを見て目が点になる。「本作品は16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』を用いハイレゾ化した作品となります。」とある。言葉は悪いがアップサンプリングの『偽レゾ』が売られている。販売元のJVCのVICTOR STUDIO HD-Soundも見たが同じ『K2HDプロセッシング』のファイルだ。本来『K2HDプロセッシング』はマスターに24bitファイルが入手不可の場合に使う技術。3月になればBDオーディオでもHDtracksでもハイレゾが一般販売される。原盤元のSnapper Musicとスティーブン・ウイルソンのFacebookのページに日本の状況を書いて送る。「イメージが悪くなるので2つのサイトのファイルを至急偽レゾでなく正式なハイレゾに取り返て欲しい。」とリクエストも書いた。英国のSnapper Musicから「状況を教えてくれて有り難う。問題解決に動きます。貴方に正規の『Hand. Cannot. Erase』を送ります。」と返信メール。翌日にはZipされたWAVファイルが転送サービス経由でダウンロード可能になった。ところで3月5日現在日本のサイトのファイルはまだ変更されていない。HDtracksには96/24の「Hand. Cannot. Erase」がUPされ、日本からのダウンロードは可能。問題が解決するまではHDtracksを利用するのが吉。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

| ホーム |