レッド・ツエッペリン「IV」デラックス・エディションをハイレゾで聴く
Led Zeppelin IV DX Edition

レッド・ツエッペリン「IV」デラックス・エディションをHDtracksで購入した。米国では10月27日にダウンロード可能となっていた。CD、LP、スーパーデラックスなど6つの形態で発売されるのは初回のリマスターと同じ。各フォーマットとも最新デジタル・リマスター音源を採用。音質グレードが最も高いのは配信の96kHz/24bitファイルの販売となる。リマスターで音質は非常にクリアーになったが、元々の録音帯域があまり広いほうでないので、ハイレゾの優位感はあまりない。むしろLPユーザーの方が満足度は高いハズ。リマスターシリーズ同士で比べるなら音は「I」(1968年に8トラックマルチレコーダーで録られた)のほうが上。むしろ今回同時発売される「聖なる館」に期待したほうが良い。

レッド・ツエッペリン

全作品にジミー・ペイジ本人がかかわったデジタル・マスタリングは1993年の「コンプリート・スタジオ・レコーディングス(Box Set/10CD)」以来20年振り。前回ペイジと共に作業を担当したのは米国スターリングサウンドのジョージ・マリノ(2012年没)。それまでのCDの音を一新する「決定盤」として、今でも充分聴取に耐えうる優れたリマスタリングだ。このマスターは2000年に発売された26曲入りの「ベスト・オブ・レッド・ツェッペリン ~リマスターズ(2CD)」や日本ワーナーのSHMヴァージョンのZEP再発CDに使われている。もしお持ちなら、無理に買い直さなくともよいくらい。
ただしデラックス・エディションに同梱されるコンパニオン・オーディオに本編を超える価値がある場合がある。今回の「IV」のコンパニオン・オーディオはその代表例だ。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

秋のヘッドフォン祭 2014
Headphone Fes ロゴ

10月25・26日中野サンプラザで開催されたフジヤエービック主催の「秋のヘッドフォン祭 2014」の初日に行った。サンモールからちょっと外れた飲み屋横丁の一角にある青葉で中華ソバを食べてからサンプラに入る。会場は11・13・15階とウエディング・ホールのある6階。春のようなエレベーター待ちで長蛇の列ということはなかった。各フロアとも適度の込み具合で余裕を持って廻ることが出来た。マイ・ソースはリニアPCM(AIFF)音源のプレイリストを仕込んだiPhone 5。ポタアンに nano iDSDを持参。ヘッドフォンはセンハイザーIE8と今回も変わらず。プレイリストには”Xmas Special 2014"と"Dance Tracks"を用意した。
13階のコスモルームに長い列ができているのが目をひいた。列は夕方まで途切れる事無く続いた。ソニーのヘッドホン設計を手掛ける松尾氏によるオーダーメイドヘッドホンブランド「Just ear」のお披露目とか。巨大メーカーのソニーもカスタムIEMをやるんだとビック。


Read More →

関連記事

iTunes Ver.12 にアップデートした
iTunes 12 イメージ

iTunesのアップデートは度々行われているので、これまで気軽に付き合ってきたが、今回はメジャーアップデイト。それに気付いたは「インストール」ボタンを押してからだった。誰もが一瞬で気付くのは、アイコンの色が赤くなったこと。Appleは10月17日から配布を開始した「OS X Yosemite」用にデザインも含め様々な変更を加えた「iTunes 12.0.1」をリリースしたのだ。ところでiPhoneの母艦はMacBook ProのiTunesのため、iTunes立ち上げのたびにiOSアップデートのお誘いが頻繁に表示されていた。手持ちのiPhone 5のiOSは6.1.4のままだった。お誘いがiTunesだかiPhoneだかハッキリしないまま「インストール」ボタンを押してしまったのが本当のところ。
アイコンの色が赤になったこと(iPhoneの「ミュージック」のアイコンは赤だった)の他、同じフォントのはずだが表示やレイアウトの居心地がよくない。Yosemite OSの基本デザインを反映したものなので現在使用中のOS X Lionには完全にはマッチしない。インストール後、いつものサイドバーが表示されず、もしやサイドバー廃止? と暗い気持ちになったが、上部メニューで「プレイリスト」を選ぶと、サイドバーが表れ、過去のバージョン同様に使うことができる。それとVer.12で音色が少し変わったように感じたが気のせいか。


Read More →

関連記事

ダフト・パンク「Random Access Memories」をハイレゾで聴く
Daft Punk Pix (M)

今年のグラミー賞主要3部門を含む5部門を獲得した、ダフト・パンクの「ランダム・アクセス・メモリーズ(Random Access Mwmories)」を
HDtracksでダウンロード購入した。『なにをいまさら、エレクトロポップを、ありがたがってハイレゾで・・・?』という声が帰ってきそう。全て生音で録音というのが購入動機。いまどきポップの録音が全て生というのはありえない。しかもテクノで。
相当な覚悟と明確なコンセプトで制作されたアルバムだ。準備期間をいれると足掛け4年の歳月をかけ、100万ドル(1億円)という莫大な費用を投入して完成させた作品だという。

Daft Punk Grammy Award 2014
Daft Punk won six Grammy Awards
「RAM」をスピーカーで聴いてみた。一聴するとすごくソフトだが、ズンとくるドラムスとベースが、ウーファーを振るわせながらゆったりと出てくる。これこそがLP絶頂期のアナログ時代のリズム隊の音。ドラムスとベースの音が解け合って融合している。デジタル録音では音がなかなか解け合わず、ゴリゴリした弾力ばかり強いリズムになってしまう。
ヴォコーダーによるロボット・ヴォイスがなければ、70年代末〜80年代頭のディスコあるいはソウル、フュージョンといってもいいレトロモダンなサウンドがそこにある。
トーマとギ=マニュエルのダフト・パンクの二人が大変な労力をかけて目指した音楽とはなんだったのだろう。『Sound On Sound』の記事によると、音楽が細かいジャンルに分化する前の1900年代後期の偉大な作品をリファレンスにしたという。ピンク・フロイドの「狂気」、イーグルスの「ホテル・カルフォルニア」、フリート・ウッドマック「噂」など歴史的なレコードだ。アルバム・カバーの左上に黒の背景をバックに手書きで”Random Access Memories”とあるのは明らかにマイケル·ジャクソンの「スリラー」へのオマージュだ。

RAM_cover_artwork(S)


Read More →

関連記事

続・Fireface UCX と Audirvana Plus の危険な関係
Fireface UCXイメージ
Fireface UCXで発生していた「ポチッ」とか「プチッ」というノイズの問題が解決した。Audirvana PlusのPreferencesパネルを開けて「Direct Mode」のチェックを外すと問題のノイズが止まる。同ソフトの「ダイレクトモード」が原因だった。ある種のユーザー設定ミスと言っていい。非対応の機器に不適切なモードを設定したため発生したノイズだった。データ化けが音に現れたら、それはノイズで、その音は「ノイズが乗っている」と判断される。
「ダイレクトモード」はAudirvana PlusがOS XのオーディオAPI(インタフェースの仕様)であるCore Audioをバイパスしてオーディオデバイス(DACなどのドライバー)に直接アクセスする仕組み。音質の向上に効果があるとされるが、OSの一部であるCoreAudioを全てスキップするため、適切に扱わないとディバイスが不安定になったり、異常動作を引き起こす可能性がある。
OSX image

音の入出力を管理するCoreAudioは、AU(Audio Unit:信号処理)とHAL(ドライバやDAC管理)の二つの機能がある。イコライザなどのエフェクターやミキシングなどを処理しているAUをスキップしてHALに送る仕組みがインテジャーモード。CoreAudioの仕組みの一部で、これを利用すれば、音質劣化を気にせずにすむ。インテジャーモードはAudio Class対応機器を使えばで利用できる。売り物の一つにしていたインテジャーモードがMac OS X 10.7 Lionで使用出来なくなったため、Audirvana Plusは独自規格のダイレクトモードを新たに付加した。(インテジャーモードはMac OS X 10.9 Mavericksになって復活している。)


Read More →

関連記事

| ホーム |