2014東京インターナショナルオーディオショウ
2014_ISA Poster

インターナショナルオーディオショーに行ってきた。32回目を迎える『2014東京インターナショナルオーディオショウ』は9月23日〜25日の3日間、東京国際フォーラムで開催された。初日は大変な混雑だったようだが、2日目は平日だった事もあり一部のブースを除きゆったりと視聴することができた。全体的に年齢層は高めで、すれ違うのは白髪まじりの男性ばかり。めったに若い人は見かけない。各社の誇るハイエンド製品が並び、フラグシップのモデルは並の国産車よりも高い。今年、ハーマンインターナショナル(JBL、Mark Levinsonなど)が出展を取りやめ、代わりにヨシノトレーディングとヤマハが出展した。(ハーマンは7月開始の六本木ミッドタウンの直営店が関係し、参加を見合わせたという。)
今回の『インターナショナルオーディオショウ』で印象的だったのはの各ブースのスピーカーが「よい」音で鳴っていた事。すこし心もとないがその中で気になったスピーカーを幾つかあげておこう。

<Sonja>
Sonja 1.2

アッカのブースには、イスラエルの企業YG ACOUSTICSの「Sonja(ソーニャ)」が置かれていた。聴いたのは「Sonja 1.2」(383万2,500円/1本/税込)。ポルシェデザインの手になる滑らかな曲線に覆われており、キャビネットは航空機グレードのアルミ合金製。かなり音量をあげても全く破綻がない。気味が悪いくらい弾力に富んだ音。緊張感が高い。常に聴くのだったら別のブースで試聴したWestlake Audioのようにゆったり響くスピーカーのほうが心が休まる。

<List>
Vienna Acoustics Listz

ナスペックのブースでオーストリアのVienna Acousticsのフラッグシップモデル「List(リスト)」(100万円/1本/税込)を聴いた。同軸2Wayユニットを収納した高域部分は、低域が入ったキャビネットと分離。角度が変えられため、セッテイングの自由度が高い。マーラーの交響曲がこのユニットにベストマッチ。スピーカーの存在が消えてオーケストラが広がる。さすがウィーンのスピーカーだ。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

U2のアルバム無料配信はなにをもたらすのか
U2ステージ写真2009
U2 performing at Gelsenkirchen Germany, August 3rd 2009 (Wikipedia)

U2は新作アルバム『Songs of Innocence』をiTunesで独占公開し、期間限定(9/10-10/13)で無料配信している。
日本時間の9月10日未明に行われたアップルのiPhone6及びApple Watch発表会で、ミュージックゲストで登場し演奏を披露したU2が、突如、最新アルバム「Songs of Innocence」をiTunesストアで5週間、無料配信することを発表した。ちなみにCDについては独占配信が終る10月14日からユニヴァーサル傘下のアイランドから発売される。なお欧米ではiTunes RadioとBeets Musicでストリーミング公開される。
無料配信はiTunesの発行済5億個のアカウント、119カ国の利用者が対象。iTunesの機能を使って利用者のiCloudアカウントに購入済みファイルとして事前にセットされる。音楽業界誌Billboardによれば、アメリカだけで配信から24時間で20万回ダウンロードされたという。興味の無い人にも了解無しに送り届けてしまうやり方に、一部では『押し売りまがい』、『音楽スパム』さらにU2に対して『Appleのやとわれバンド』など批判的なコメントも見られる。

Song of Innocence LP
"Song of Innocence LP" cover artwork



Read More →

関連記事

Fireface UCX と Audirvana Plus の危険な関係
Fireface UCX 斜め
ここ数日、トラブルの原因探しに時間をかけた。トラブルとはRME Fireface UCXとAudirvana Plus 1.5を組み合せて使用すると、ハイレゾ音源にプチプチノイズが乗ってくる症状だ。軽微なのでスピーカーで聴いていると聞き流せる程度だが、ヘッドフォンだと明確に分かる。最近LaCie 2.5インチポータブルHDDを購入して、ハイレゾファイルの整理をやったので、この症状が気になった。整理の際のコピペでファイルに損傷を与えたのかと思い、デジタルエディタ(Sound Studio)で波形を見てみたがノイズの痕跡は見当たらない。ためしにiTunesだけを立ち上げて再生したところプチプチノイズは全く出ない。Audirvana Plusがからむトラブルで、ハイレゾファイル自体は無事ということが分かり一安心。プチプチが目立つ楽曲を具体例を挙げてみる([ ]はアルバム名)。
・Carpenters「Superstar」[Singles 1969-1981](AIFF 96/24)
・Eagles「New Kids In Town」[Hotel California](FLAC 192/24)
・Rolling Stones 「Love In Vain」[Let It Bleed](FLAC 176.4/24)

Audirvana + Stones (小)

全てのファイルで起きるわけではなく、ごく一部のハイレゾ楽曲をFireface UCXとAudirvana Plusの組合わせで再生した場合に起きる症状だ。44.1kHz/16bitのファイルはこの症状と無縁。またIFI nano iDSDなどUCXと異なるDACを使った場合にも症状は出ない。


Read More →

関連記事

LaCie 2.5インチポータブルHDD
Rugged TRIPLE 前

オレンジ・ラバーの衝撃吸収バンパーが印象的なLaCieの2.5インチポータブルRugged TRIPLE 500GBを購入した。LaCie(ラシー)は仏に本社がある周辺機器のメーカー。製品デザインをインダストリアルデザイナーに任せているために、オシャレな製品が多い。Mac対応インターフェイス搭載でMacとの親和性が高く、Macユーザーの間では人気が高い。我が家でもLaCie製FireWireの外付けCDドライブとDVDドライブが現役で活躍している。欠点は国産メーカーより少しだけ価格が高い事。

<Rugged TRIPLE 500GB>
AmazonでRugged TRIPLE 1TBが1万2千円台で販売されているというのでのぞいてみた。隣の[500GB]のタブをクリックしてみるとRugged TRIPLE 500GBに9千円を切る値札が付いている。さらに[中古品]タグをクリックしてみると、中古扱いで6,980円(税・送料込み)のものが。箱なしの<メーカー再生品>。1年保証が付かないだけで、未フォーマットの新品。付属品・説明書は揃っている。その日のうちに購入を決めた。
数が増えてきたハイレゾファイル専用ドライブを物色しているところだった。500GBは丁度手頃なサイズ。最初のダウンロード数点はMacBook Pro本体のHDD(750GB)へ。容量が約3GB/1作品と非常に大きいので、その後のハイレゾファイルは外付けHDD(USB)に暫定的に保管していた。1Fのオーディオシステムに接続して聴く場合、最初の数点以外はハイレゾは持ち運び不可。あえてやるなら、自宅サーバーにファイルを載っけておいてWiFi経由で取りに行くしかない。


Read More →

関連記事

「CSNY 1974」をハイレゾで聴く
CSNY Nightステージ

 クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの1974年の再結成ライブ「CSNY 1974」を購入した。本作は3CD+DVD版、Blu-ray+DVD版、180グラム重量LP6枚組ボックスセット版、1CD(16曲入り)エッセンシャル版といった複数のヴァージョンが発売された。私が買ったのは、日本では発売されなかったBlu-ray Audio+DVD+ブックレット(180P)のセット。米国Rhino盤だ。アマゾン購入で6,030円。届くまで10日ほど待たされたが、 日本のワーナー盤が3CD+DVDの4枚組で7,560円なので、納得出来る範囲だ。同梱のDVDは8曲(43分)しか収録されておらず画質を考えてもオマケ扱いに留まっている。

CSNY1974 Cover Artwork

長年その存在が噂されていたものの発売されることの無かった1974年の伝説のサマー・ツアーのライブ。何度か発売予告がなされながらいつしかお蔵入り。ビーチ・ボーイズ『Smile』のような幻の作品の代表格となっていた。ハロンガスに守られ40年間眠りについていた2インチのマルチテープが先頃開封され、ミックスが完成した。メンバーの一人、ニール・ヤングのダメ出しでマスターの規格が192kHz/24bitに変更になったため、完成済み12曲(96/24収録部分)がオシャカになったという曰く付きの作品。Blu-ray Audioはマスターと同じPCM192kHz/24bitで音声が収録された。ちなみにニール・ヤングはアーチストとして活躍する傍ら、ハイレゾサービス・機器のPono(ポノ)を主催している。



Read More →

関連記事

| ホーム |