デープ・パープル「Made In Japan」をハイレゾで聴く(2)
Live In Japan gatefold sleeve
                                              Live In Japan Gatefold Sleeve
<Marshall PA>
当時の英国のロック・バンドの多くはマーシャルのアンプとマーシャルのPAスピーカーを使ってコンサートを行った。マーシャルは大規模な野外コンサートにも対応する大出力のPAも提供可能だった。ディープ・パープルもマーシャルのユーザー。リッチーは言うまでも無くマーシャルだが、キーボードのジョン・ロードも、当時はリッチーに対抗するため、マーシャルを使用していた。ベースのロジャー・グローバーも当然マーシャル。イアン・ペイスのドラムの横にはホーンを使った大型のPAスピーカーが並ぶ。切れ目無く同じ密度でサウンドの壁を作れたわけだ。
Marshall PAチラシ
Marshall 400W PAのパンフレット

来日時バンドは7月に完成したばかりの新しいマーシャルのPAミキサーをロンドンから運んできた。新しい卓は16ch。それまでの12chのミキサー卓に比べ、格段にクリアーな音を届けることが可能となった。他のマーシャルの機材とともに同社が日本に派遣したのがKen Flegg氏。新ミキサーを開発した技術者でもある。一行に同行した氏が語る録音秘話がディープ・パープルのファン組織DPAS(Deep Purple Appriciation Society)のファンジン”Darker Than Blue”に掲載された。投稿者はDPASを主催するデープ・パープル研究家として知られるサイモン・ロビンソン。最近の彼の著作「Wait For The Ricochet」(Deep Purple"In Rock" album物語)のためにFlegg氏から書面で提供を受けた来日時の情報を了解を得て転載したもの。

Darker Than Blue

Recording Made In Japan」には新ミキサー卓の話とともにジャパン・ツアーの日程も語られ、前述の大阪の会場が大阪厚生年金会館であったこと、日本でミックスダウンが行われた事も書かれている。
バンドの日程を整理すると
[Deep Purple Japan Tour]
1972年8月12日 Deep Purple ヒースロー発
1972年8月13日 Deep Purple 羽田着
1972年8月15日〜8月17日 大阪・東京公演
1972年8月17日〜8月20日 ミックスダウン
1972年8月21日 Deep Purple 一行離日
1972年8月20日 Deep Purple 一行 JFK着
1972年8月24日 Ken Flegg、Martin Birch ヒースロー着
完成したマスターテープは米国経由でロンドンに持ち帰られている。
ここでサイモン・ロビンソン氏について補足すると、1972年の3日間の演奏曲目全てを3CDにまとめる企画をEMIに提案。これは1993年の3枚組CD「LIVE IN JAPAN - 21st ANNIVERSARY」として製品化された。マルチマスターが日本にある事をつきとめたのも彼。最近までディープ・パープルのテープ保管・管理者の役割を公式に努めていた。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

デープ・パープル「Made In Japan」をハイレゾで聴く(1)
Med In Japan cover photo

ディープ・パープル「Made In Japan(邦題:Live In Japan)」
(1972年制作)が7形態で再発された。”ロック史上最高のライブ・アルバム”の名を欲しいままにしたレコーディング。スタジオ録音をも凌駕するその演奏はライブ盤の魅力を世界中に知らしめた。コンサート会場の武道館の名を世界に広めた事も忘れられない。ちなみに筆者はその武道館コンサートを72年にリアルタイムで楽しんだ一人である。
2枚組LP「ライブ・イン・ジャパン」は持っている。しかしアナログ盤は田舎(鹿沼)に疎開中。iTunes Libraryに加わえるため「Made In Japan」(96kHz/24bit)のハイレゾ音源をダウンロードした。

日本が5月28日発売、海外では5月19日だった。形態ごとの収録内容(リマスター、リミックス、収録曲、収録日等)の違いがややっこしく、Box Setなどの特典カードでダウンロード可能な音源の詳細などが曖昧。発表(2月末)と実物の商品(5月)にズレがあったため、WEBの情報も混乱していた。今回筆者自身もハイレゾ音源購入のために、「ダウンロード」(HDtracks、e-onkyoなど)と「Pure Audio」(Blu-ray Audio盤)の内容の違いをネットで比較・検討した。サイトによってダウンロードの内容に違いがある事、英国からは米国のHDtracksで「Made In Japan」購入が不可能な事。旧EMIとWarner Brosの販売テリトリの線引に起因する制限を目の当たりにすることが出来た。

Deep Purple 1972 (color)
                                        Deep Purple 1972年

検索をするなかで、「メイド・イン・ジャパン」関連の興味深い情報にも遭遇した。あとで詳述するが、その骨子だけ披露する。
■ 大阪公演の会場は両日(8月15、16日)とも大阪厚生年金会館(現大阪オリックス劇場)。バンド側の事情で来日が延期(5月→8月)されたが、延期前の会場は大阪フェス。以前から指摘があったが、これが混乱のもとになったようだ。
ライブレコーディングに関しても次の情報が明らかになった。
■ ミックスダウンは公演終了直後、東京で行われた。
■ マスターは一行と共に来日したマーティン・バーチが持ち帰った。
■ マルチマスターは日本で保管された。



Read More →

関連記事

ピンク・フロイド「対(The Division Bell)」をハイレゾで聴く
Division Bell PKG

危うく見過ごすところだった。レッド・ツェッペリンに続いてピンク・フロイドのハイレゾ・ダウンロードが開始されたのだ。7月2日のHDtracksからのメールが無かったら知らないままだったかもしれない。
「独立記念日(インディペンデンス・デイ)セールのお知らせ」-「7月4日の独立記念日まで全商品15%ディスカウント」とある。トップを飾るアメリカ国旗の下に見覚えのあるジャケットがレイアウトされている。石像が対になったデザイン。ひょっとしてこれはピンク・フロイド。クリックしてリンクを開くと間違いなくピンク・フロイド最後のスタジオ作品「The Division Bell」(1994年)だった。
発売20年周年のBoxセット「The Division Bell 20th Deluxe Box / 対(TSUI)」の告知は前から見ていたし、7枚のディスクのうちBlu-ray Discには96kHz/24bitの音源(Stereo及び5.1ch)が含まれる事も知っていた。しかし発売と同時にハイレゾのダウンロードが解禁されるとは思わなかった。ダウンロード販売された音源はBlu-ray Discに収録されるものと異なり、2枚組アナログLPに用いられたダグ・サックス(Mastering Lab)による2014年の新マスタリングが使われている。

Pink Floyd SACD Discs 02
Hybrid SACD「狂気」     Hybrid SACD「炎」

ピンク・フロイドの場合レッド・ツェッペリンと違いハイレゾ商品を全く出さなかったわけではない。EMI時代の2003年には「狂気」、2011年に「炎」がSACDのHybrid盤で出ている。ピンク・フロイドと契約を更新したEMIが2011年から2012年にかけて行った『Why Pink Floyd...?』キャンペーンでは、スタジオ録音14作のCDが入ったボックス・セット”Discovery”の発売と共に、”Immersion Edition”と銘打って「狂気」、「炎」、「ザ・ウォール」をボックス・セットでそれぞれ発売した。「狂気」、「炎」にはアウトテイクスとともに、ステレオ、5.1chミックスのハイレゾ録音が収録されたBlu-ray Discが収められた。
いずれにしてもEMIはトップアーチストの音源はパッケージで販売するという方針を崩さなかった。(2枚のBlu-ray Discに収められたハイレゾ音源の詳細は後述。)
Pink Floyd Discovery Box
Pink Floyd Discovery Box Set (CD X 16)

EMI解体後、Parlophoneがワーナーミュージックに移管され、ハイレゾ音源の取扱いが変わったようだ。ダウンロード・カードが同梱される場合は、同じ内容のファイルを一般販売するという、レッド・ツェッペリンでとられたルールが踏襲されている。
今回音源ファイル(96kHz/24bit)を販売するのは米国のHDtracks(テリトリ制限無し)とドイツのHIGHRESAUDIO(制限有、FLACのみの販売)の2社に限られ、フランスのQoubuzや日本のe-onkyoは含まれていない。


Read More →

関連記事

第5回ポタフェス2014 in 秋葉原
ポタフェス巨大ディスプレイ

6月28日(土)、29日(日)秋葉原のイベントスペース・ベルサール秋葉原で開催された「第5回ポータブルオーディオフェスティバル2014 in 秋葉原」(通称:ポタフェス)の初日に出かけた。入場無料。お昼過ぎに会場に到着したが小雨がパラつくなか、沢山のファンが詰めかけていた。DJイベントも企画されているためか、5月のヘッドホン祭りより若い人の比率がかなり高い。今年の入場者数、2日間で2万人以上とのこと。若い世代を中心にイヤフォーン、ヘッドフォーン及びその関連商品への関心が高まっていることが分かる。
主催は、大阪日本橋と秋葉原に店を構える販売店のe-イヤホン。ちなみに5月に開催されたヘッドホン祭りの主催は東京中野のフジヤエービックだ。

<催事メインテーマは...>
ポタフェス_ポスター

コンセプトは「イイ音もって出かけよう!」。ポスターでも分かるようにカジュアルさを前に出した催しだ。1階はイベントステージ、2階に展示会場、さらに地下1階がライブステージという構成。5月のヘッドフォン祭の後ということもあってか、発表済み新製品の展示・試聴がメイン。Sonyのように今回は出展してないメーカーも見受けられた。
目玉の一つは主催販売店による即売会。1階の物販カウンターには常に人垣ができていた。高額モデルの半額セールなどが人気。メイン会場は2階。メーカーと代理店60社近くが出展。国内外の約140ブランドを展示していた。


Read More →

関連記事

| ホーム |