アップルはハイレゾの夢を見るか
ブレードランナー
                                                 <BLADE RUNNER 1982>
タイトルはお分かりのようにリドリー・スコット監督の映画『ブレード・ランナー』の原作、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(原題: Do Androids Dream of Electric Sheep? )」(フィリップ・K・ディック著 ハヤカワ文庫SF)をパロッたもの。未来世界(設定は2019年)生き物は馬鹿高い高級嗜好品。夢にまで出てくるロボットの羊を生身の羊に買い替えるため、主人公はアンドロイド(レプリカント)を追って賞金稼ぎ出かける...。
長らくロッシー(非可逆圧縮)で音楽ダウンロード業界に君臨してきた
iTunes Music帝国が、ロスレス(可逆圧縮)かつ、CD超えのハイレゾ音楽配信の恵みを民に与えるのは何時かを占ってみる。
iTune Logo
音楽ブロガーのRobert Hutton氏のブログ記事(3月21日付け)がきっかけでWWDC 2014(アップルが毎年開催している開発者向けイベント)でiOS8/iPhone 6のハイレゾ対応とiTunes Storeのハイレゾ取扱開始が発表されるという予想が広まった。内容は情報筋から聞いた話として「レッド・ツッペリン・リマスター3作が発売される6月頭、iTunes Storeのハイレゾカウンターのスイッチが入る。ツッペリン発売がそのキックオフイベントだ。」というもの。WWDC 2014開催のタイミングがドンピシャだったため既成事実のように扱われ始めた。

6月2日、WWDC 2014でのキーノートスピーチでハイレゾ音源配信や
iOS8のハイレゾ対応の話は無し。iPhone 6を初めとした新機種の発表は一切行われなかった。ツッペリン初期3作が発売されてから1週間経つが、iTunes Storeでハイレゾ販売が開始されたフシはない。ACC256kHzのロッシー・ファイルは通常発売より一足早く5/25には販売されていたのだが。

今のところ「レッド・ツェッペリン 2014リマスター」3作品のハイレゾ・ファイルが購入が可能なのは米国HDtracks(Zepに関してはテリトリー制限無し)及びフランスのQobuz(テリトリー制限有り)と独HIGHRESAUDIO(テリトリー制限有り)の3社。DSD配信が話題の米国Acoustic SoundはCD、LP、Box Setの取扱いのみでダウンロード無し。3作で最も人気が高いのは「Led Zeppelin I(DELUXE EDITION)」(パリ・ライブ同梱)。「Led Zeppelin I(REMASTERED)」が続き、3位は「Led Zeppelin II(DELUXE EDITION)」。この順位は今のところ(6/10現在)米国HDtracksも日本のアマゾン(CD売上のみ)も同じだ。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

「Led Zeppelin I(Deluxe Edition)」をハイレゾで聴く
Zep Remastered DX 2014

6月4日、HDtracksからクーポン(10%割引)がメールで届いた。メールの画面からHDtracksのサイトに飛び、発売になったばかりの「Led Zeppelin I(DELUXE EDITION)」をダウンロード購入した。
「レッド・ツェッペリン 2014リマスター」3作品から『I』を選択した理由をまず述べておこう。
1) レッド・ツェッペリン作品の中で最古のマスター(1968年録音)
45年も経った1/4インチのアナログマスターが本当にハイレゾ・リマスタリングに耐えらる状態だったか。ジミー・ペイジはスタジオ9作品のオリジナルマスターは奇跡的な保存状態だったと述べているが、残りマスターの状態を占う意味でも真っ先に聴きたい。

Led Zeppelin 03 (S)

2) ツェッペリン・サウンドの原点(オリンピック・スタジオ)
1968年11月録音。オリンピック・スタジオは当時アビーロードと並ぶ英国のトップスタジオだった。後に”HELIOS”の名前で販売されたカスタムメイドのミキシング・コンソールはその独特のサウンド(中高域)で人気が高かった。ツェッペリンが頻繁に利用したストーンズの録音車も、ジミー・ペイジが好んで使ったアイランド・スタジオも実は調整卓は”HELIOS”ミキシング・コンソールを使っている。
録音を担当したエンジニア、グリン・ジョーンズ(Glyn Johns)も原点の一つ。ストーンズ「Get Yar YaーYa's Out」や「Let It Bleed」、フェイセス「馬の耳に念仏」、フー「Who's Next」、クラプトン「Slowhand」など最も英国サウンドらしい音を録るミキサー。彼はこの作業が終った翌年1月からビートルズの「Get Back」セッションに携わり一躍時の人となる。
『II』以降の録音はジミヘンのエレクトリック・レディランドのエンジニア、エディ・クレーマー(Edwin Kramer)が継ぎ、さらにエディとグリン両者の指導を受けたグリンの弟、アンディ・ジョーンズ(Andy Johns)がツェッペリン・サウンドを継承していく。ちなみにジミー・ペイジはこのスタジオでグリンからマルチ録音の手ほどきを受けている。

Page and Glyn Johns
Page with Glyn Johns at Olympic Studios 1968

3) コンパニオン: 「パリ・ライブ(1969年)」
コンパニオン・オーディオは1969年10月、パリのオリンピア劇場のライブ(70分強をほぼフル収録)。『II』と『III』のコンパニオンはスタジオ録音のアウトテイクや別ミックス、未発表トラックなどで構成している。ライブが付くのは今回『I』のみ。このパリ・ライブは丁度『II』の発売にタイミングを合わせたコンサート。世界を震撼させたレッド・ツェッペリンがその全貌を見せた瞬間だ。若きロバート・プラントのハイトーン・ボイス。弾きまくるジミー・ペイジ。最も勢いのある時期の幻のライブ録音。2007年12月(ツェッペリン再結成コンサートとほぼ同時期)にマスターが発見されファンの間で話題になった。放送録音のモノラル音源のため48kHz/24bit。発掘の経緯は後述。


Read More →

関連記事

| ホーム |