Mac Mini G4を自宅サーバにした
MacMini G4 (S)
登場後すぐに買ったMac Miniの初代モデルを自宅ネットワークのファイル共有サーバーに仕立てた。本体は2005年に購入。Macintosh史上最小のデスクトップマシン。しかも本体価格が5〜6万円とMacとしては破格のプライスだった。私が買ったCPU 1.42GHz、HDD 80GBモデルでも7万円台。もともとBYODKM(Bring Your Own Display, Keyboard, and Mouse)という発想で企画された製品だから、Mac Miniには本体以外付属品が殆どない。例外はコンパクトな本体に比べ異常にデカイ外付け電源ユニットだ。
<Mac Mini(初代)仕様>
PowerPC G4 1.42GHz
HDD: 80GB Ultra ATA
Memory: 512MB SDRAM
USB2.0 × 2
FireWire 400(IEEE 1394)× 1
10/100BASE-T Ethernet × 1
AirMac(IEEE 802.11g対応)& Bluetooth
OS: Mac OS X 10.4 Tiger
サーバ用途としては微妙なスペックになってしまったが、コンパクトでスタイリッシュな筐体はなかなか捨て難く、活用の機会をうかがっていた。
我が家のハイレゾ/PCオーディオ環境もFireFace UCXやnano iDSDのようなUSB-DAC(USB接続のD/Aコンバータ)やDSDネイティブ再生ができるDACが揃った。Windowsマシーンとして購入したAcerのノートPCは内蔵HDDが320GBと限られており、ハイレゾに対応するには外部ストレージが必須。OSの違いや音質チェック、メディアプレーヤーの特性を見極めるため、異なるフォーマットで楽曲ファイルを溜めておける大容量ファイル・サーバーが必要な時が来た。

MacMini G4 Server


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

高品質ケーブルAudioQuest Cinnamon2を使う
Cinnamon2 USBケーブル
4月初旬、吉祥寺での花見の会に参加したついでにヨドバシカメラのマルチメディア吉祥寺店を訪れた。短いUSBケーブル(50~70cm)を見繕うためだ。nano iDSDには50cmのA-Bタイプのケーブルが同梱されてきたが、再生した音が今一ピリッとこない。特にカナル型イヤフォーンのSennheiserのIE8やEtymotic Research ER-6i(すでに骨董品?)を鳴らすと、中低域が膨らみ気味になり若干圧迫感がある。エージングで音が変わりそうな気もするが、オーディオグレードとやらの高品質USBケーブルを組み合せてみたくなった。

<USBケーブル:AudioQuest Cinnamon2>
候補は日本製のフルテックFormula2かチョット高めのGT2。実は外出時にフィールドテストも兼ねて、iPhone5をUSB Camera Adapterを介してnano iDSDにセットして持ち歩いていたのだ。音源ファイルはAIFF。組み合わのイヤフォンはセンハイザー IE8。売場担当者に聞くとケーブル試聴は不可とのこと。音の傾向を相談するとオーディオクエストを薦められた。模造品がインターネット販売やネットオークションに出回る程の人気ブランド。米国カリフォルニアに最新設備の研究所・工場を備える大手メーカーだ。ドンシャリ傾向が抑えられているというCinnamon2 75cmに決定した。シリーズでは中位のグレードで結果的にフルテックGT2と同ランクのものとなった。
Cinnamon2 は心線に1.25%の銀メッキを施したソリッドLGC(ロング・グレイン・カッパー:長粒状銅)を使い、この導線を練り合わせたツイストケーブル。ケーブルと端子の接続方法にはハンダを使わない「冷間溶接」が施され、コネクター部分での振動による音質劣化を低減させているという。

Cinnamon2 PKG
Cinnamon2 A-B 75cm


Read More →

関連記事

iFI-Audio nano iDSDがやってきた!
nano iDSD (S)
英国iFI-Audio社のUSB-DAC+デジタルヘッドホンアンプnano iDSDをゲットした。品薄にもかかわらず、フジヤエービック(中野)に在庫があり、消費税が上がる直前に実売価格の2万5千円を下回る金額で手にすることができたのは幸運だった。
実際に手に取ってみると、nano iDSDは小型モデルとはとても思えない、圧倒的なスペックのDACだ。最大384kHz/32bitのPCM再生だけでなく、6.2MHzのDSDを再生する能力まで持つ。数十万円する据え置き型のDACでも、ここまでのスペックを持つものはなかなか無い。
購入の目的の第一はDSDのネイティブ再生。MacBook ProのAudirvana PlusならDSDからPCMへのソフトウェア変換を何の苦もなくやってくれるが、DSD音源をネイティブ再生出来る環境も手に入れたかった。FireFace UCX導入のタイミングでDSD変換の機能も持つDACと考えていたのだが、『Apogee Duet 2 vs RME BaybeFace』で頭が一杯になり、DSDのことはすっかり後回しになってしまった。
昨年後半からDSDネイティブ再生可能な小型で安価なDACが次々登場し、DSD専用機を無理やり考えなくても選択肢が増えた。
品薄が続き入手が難しかったのが人気機種のnano iDSD。スペックを見ると内蔵バッテリーを持ち、モバイル(iOSやAndroid)にも対応する世界初のDSDネイティブ型ヘッドフォンアンプとのこと。SPDIF出力(PCM 192KHzまで)を持っているので、手持ちのFireFaceやSRC2496に接続してDDコンバーターにも使える・・・。この日は中野での買物のあと渋谷に寄り、アップルストア渋谷店でLightning to USB Camera Adapterケーブルを買って帰宅した。

<iFI-Audio>
iFI-Audio社はロンドンに拠点を置くハイエンド・オーディオのメーカーARM(Abbingdon Music Research)の子会社だ。若者向けのヘッドフォンオーディオに特化した製品開発で、PCオーディオブランドとして人気を高めている。親会社ARMの高級DACのDP-777($5,000)は「Audirvanaが初期のころにインテジャーモードをテストするのにARMから提供を受けた機材」とのこと。( 参考:Music TO GO!「欧州の新しいPCオーディオブランド、iFiのDAC・アンプとiUSB Power」)AudirvanaとiFI-Audioが繋がりがあるなんてビックリ。

AMR DP-777
ARM DP-777
DP-777は日本には登場していないが、米国のオーディオショーではAyre Acoustics社のQB-9($2,500)と比較され、値段の差だけの事はあるとかなり高い評価を受けたようだ。


Read More →

関連記事

| ホーム |