Audio Accessory誌 No.152 特別付録CDを聴く
AA_Jazz_Reference_top

音元出版のNetAudio編集長から季刊オーディオアクセサリー2014年4月号が送られてきた。特別付録のCD「究極のジャズ・リファレンス・ディスク」を聴いてほしいという。添付のディスクは4曲入りの通常CD。ハイレゾ音源の入ったDVDの付録が普通なのだがと思いながら開封。
「STUDIO DeDe Jazz Reference Disc」とある。早速CDPで再生してみた。結論からゆうとRedbook規格の音楽CD(CD-DA:16bit/44.1kHz)としては極上の音。目をつぶって聴くと、どの曲も高サンプリングレートのハイレゾ音源に聴こえる程クオリティが高い。CDをiTunesで取込み、Audirvana PlusからFireface UCXやBehringer SRC2496使って音を出しても印象は変わらない。演奏、録音、マスタリングの三拍子が揃わないとこうはいかない。記事を読んでみて分かったが、池袋でSTUDIO Dedeを主催し、自身もドラマーとして活躍する吉川昭仁(35才)が出演ミュージシャンのキャスティングから最後のマスタリングまで一貫して請け負った作品だ。

Studio Dede
STUDIO DeDe
録音はStudio Dede。本人もドラムスで2曲出演。(吉川氏は特待生でバークリー音楽大学でドラミングを学んだ経験もある優れたミュージシャン。)マスタリングも自ら担当している。出演者のキャスティングについては、「今回は人気アーチストの”◯◯っぽい”という感じのない、若手で個性のあるミュージシャンに声をかけたと。」語っている。ジャズ・リファレンスと言っても、バップ色の薄い『スムーズ・ジャズ』と呼べるような楽曲を揃え、「女性ヴォーカル+ピアノ・トリオ」 → 「ピアノ・トリオ」 → 「ベース・ソロ」 → 「ブラジリアン・ソング:女性ヴォーカル+ギター」と聴きやすく構成されている。
録音が行われたSTUDIO Dedeはマルチトラックのアナログ・レコーダー(16tr又は24tr)を常備。プロ垂涎のヴィンテージ機材でも知られるスタジオだ。最近ではマスタリングのクオリティの高さでもで注目を集めている。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

外付けブルーレイドライブを購入
Logitec ポータブル BDドライブ
BDドライブ LBD-PME6U3VSV(シルバー)
最近、ブルーレイ・オーディオ・ディスクを再生する機会が多い。
BDプレーヤー+HDMIスプリッターで手持ちのDAC(REM Fireface UCXとBehringer SRC2496)に接続して聴いているが、MacBook ProやNote PCから直接再生する方法にトライしてみたくなった。どちらのノートも光学ドライブはDVDマルチ。Blu-rayには非対応。急激に値段がこなれてきている外付けのBDドライブの購入を検討することにした。LogitecのポータブルBDドライブ LBD-PME6U3のシリーズをターゲットに検討。内臓ドライブはパイオニアのBDR-TD05。実売価格も6,000円を切ったものもあり、バンドルソフトによって価格が違う。悩んだ末、昨年秋に購入したAcerのWin8.1タッチスクリーン14インチノート431P-H14C/Sで使う事ををメインに考えることにした。 USBは3.0なのでバスパワーで動くLBD-PME6U3シリーズは最適。ArcSoftのTotalMediaExtreme2がバンドルされたLBD-PME6U3VSV(シルバー)に決定した。

Acer 14
Acer 431P-H14C/S Win 8.1
Celeron 1007U(Celelon 1.5GHz デュアルコア)の非力なマシーンでも、ブルーレイ映像が駒落ちせず再生できたのにでホット一安心。MacBook Pro(13インチ Late 2011)にも外付けドライブとして問題なく使用できるが、USB 2.0のバスパワーのみでは動作が苦しい。(USB2.0はバスパワーの電源供給は最大500mAまで。一方、USB3.0では最大900mAまで可能。)今のところ、LogitecのBDドライブはAcerの14インチノート(Win8.1)専用になりそうだ。


Read More →

関連記事

| ホーム |