セックス・ピストルズ「勝手にしやがれ」をBDオーディオで聴く
Pistols Member photo

BDオーディオ「勝手にしやがれ」をユニヴァーサルUKのサイトで購入した。価格は£16.99だが送料£4.99が別途かかり合計£21.98。PayPalを利用し日本円で¥3,932の支払となった。商品は英国から10日ほどで届いた。
BD盤は昨年9月発売のピストルズ結成35周年記念盤『Deluxe Edition』(2枚組CD)に収められた「勝手にしやがれ + シングルB面集」(16曲)+「ライブ録音(ストックホルム、ペンザンス)」(14曲)の全30曲を収録したもの。ステレオPCM 24bit/96kHz(非圧縮)、dts−HD Master Audio 24bit/96kHz(ロスレス)、Dolby TrueHD 24bit/96kHz(ロスレス)の3つの音声方式で収録されている。メニュー画面以外映像は付かない。

「勝手にしやがれ」BDオーディオ

BD盤「勝手にしやがれ」の音は全く別ものだった。パンクにハイレゾは必要か?の声も出ると思うが、これまでCD再発で使われてきたマスター(1993年デジタルリマスタリング)はかなり不満の多いものだった。音量あげると音はささくれ立ち、中低域が痩せていて音量感は無い。貧弱な音質だった。オリジナルのLPはもっとぶっとい音で迫力があったハズ。ピストルズを題材にした映画「ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル 」(ジュリアン・テンプル監督)のサントラ盤に収められた「アナーキー・イン・ザ・UK」を聴き比べると、同一音源にもかかわらず、音が太くオリジナルのイメージに近い。不思議に思っていたことが一気に解消した。かつてのLPの音が蘇っている。ハイレゾ24bit/96kHzの恩恵だけではない。マスタリングの問題が解決しているのだ。
長らく紛失されたと考えられていた1977年9月19日に作られたオリジナル・アナログマスターが遂に発見され、ピストルズのオリジナル・プロデューサーの一人、クリス・トーマス監修のもとリマスターが行われた。マスタリングを担当したのは英国が誇るマスタリング・ラボMetropolis(メトロポリス)のティム・ヤング。ビートルズの「Love」やクイーンの「オペラ座の夜」の5.1chマスタリングで注目されている敏腕エンジニアだ。
NMTB メニュー
「勝手にしやがれ」のメニュー画面


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

| ホーム |