ハイレゾで聴くビーチ・ボーイズ Appendix編
Beach Boys Now

これまでに『ハイレゾで聴くビーチ・ボーイズ』と題して
"SMiLE Sessions"(2013/02/26)と
"Pet Sounds"(2013/11/13)の2つをUPした。
読み返してみると若い読者にはチョット説明が不充分と思われる箇所がある。特に最近ビーチ・ボーイズに興味を持った若いリスナー達には。世代的にもLPレコードに馴染みが無く、「モノラルって何?」と言う人がいても不思議はない。歴史的な背景を含めて補足情報をまとめておこうと思う。

<モノラル盤とステレオ盤>
『ステレオと銘打たれたLPレコードやCDはこれまでも出ていたはず。ステレオ化にそんなに拘るのは何故?』という疑問はもっとも。
ビーチ・ボーイズのレコードはビートルズとはだいぶ違って、LP時代にステレオ盤、モノラル盤が複雑に入組んで発売されいてる。公式には、
1st LP「Surfin' Safari」(1962年)がモノラル、2nd LP「Surfin' U.S.A.」(1963年)から7作目にあたる「Beach Boys Concert」(1964年)まではステレオとモノラルの併売。つぎの「The Beach Boys Today!」(1965年)から「Wild Honey」(1967年)までの6作はオリジナル盤はモノラルのみの発売。セールスの都合上レコード会社はステレオ・バージョンのLPも出したが、モノラルに電気処理を施した擬似ステレオ(Capitol Recordsは"Duophonic"と称した)だった。リアル・ステレオ・バージョンはLP時代には発売されたことはなく、CDのリアル・ステレオ・バージョンの発売もつい最近のことだった ー 後述。つづく1968年の「Friends」以降はステレオのみの発売になっている。



Read More →

関連記事
スポンサーサイト

ハイレゾで聴くビーチ・ボーイズ "Pet Sounds"
Pet Sounds PKG

ビーチ・ボーイズ「Pet Sounds」Stereo 96kHz/24bitをダウンロードした。利用したのはHDtracks。フォーマットは非圧縮のAIFF。LP1枚分(40分弱)のファイルサイズは1.3GBなのでダウンロードは7分で完了。残念なことに決済時の操作ミスで10%割引に失敗。あとで表示価格どおりの金額$17.89がPayPalで引き落とされる。

<Number of Releases>
「Pet Sounds」はこれまでにで76種類ものリリースがあったと言う
(2013年1月現在[Discogs database])。ざっと列挙すると、
オリジナル・モノラルLP(1966年)
LPリイシュー('70年代、'80年代、'90年代)
モノラルCD(1989年日本)
モノラルCD(1989年米国)
ステレオCD(1996年)
ペット・サウンズ・セッションズ(1997年)
DCCゴールドCD(1993年)
HDCDステレオCD(2001年)
HDCDモノラルCD(2002年)
5.1サラウンドDVD-A(2003年)
40thアニヴァーサリー・エディション(2006年)
モービルフィテリティSACD(2012年)
最新モノラル/ステレオCD(2012年)
HD-Tracksハイレゾダウンロード96/24・192/24(2012年)

ハイレゾは『CD未購入』に限って購入のつもりでいた。我が家のライブラリーにも「Pet Sounds」モノラルCDはある。1989年に東芝EMIが「パストマスターズ」シリーズでビーチ・ボーイズLPをCD化した際に「Pet Sounds」を含む全16枚を大人買いしたからだ。
今回ハイレゾ購入に踏み切ったのは、ステレオ・ミックスをゼヒ聴いてみたかったこと。先に購入していた「Smile Sessions」88.2kHz/24bitの音質、内容が大変良かったことも大きい。制作時期が重複している2作品を高音質で聴き比べてみたかったことも理由だ。(「Smile」に収録の「Good Vibrations」は「Pet Sounds」セッション時の録音。)

Brian Wilson at Studio
Brian Wilson during "Pet Sounds" Sessions

ビーチボーイズの過去のカタログは次々とステレオ化されているが、疑似ステレオや調整卓のパンでモノ・トラックを左右に振るといった安易な方法とは根本的に異なる。「Smile Sessions」に匹敵する理想に近いプロセスで作業が行われている。


Read More →

関連記事

| ホーム |