「Girls Pop 50's & 60's」のプレイリスト作り
涙のバースディ・パーティcover 2

ガール・グループ (girl groups) は米国で起こった大掛かりなムーブメントだった。50年代末~60年代半ばまではアメリカン・ポップスの黄金時代。女性ポップ・アイドルも負けないくらい活発だった。ガールズ・ポップ(girls pop)の動きが頂点に達するのは1963年のこと。この年にヒットした、レスリー・ゴーアの「It's My Party(涙のバースディ・パーティ)」と「You Don't Own Me(恋と涙の17才)」の2曲がプレイリストの白眉。60年代ガールズ・ポップ・サウンドの最高峰といっていい。「It's My Party」の出だしのインパクト、バック・コーラスでの手拍子、間奏のノリのよさなど、当時のポップスやロックンロールの一般的な水準を遥かに越えている。「You Don't Own Me」も同様、ストリングスアレンジや音の空間処理は最近の作品と遜色無い。メインストリームのポップが持つサウンドを持っている。
ガール・グループの覇者が西のフィル・スペクターなら、ガールズ・ポップ界のチャンピオンといえるのは悩める十代の心を歌うアイドル、レスリー・ゴーアを育てた東のクインシー・ジョーンズと言えるかも知れない。

クインシー・ジョーンズ

Mercury Recordsの制作部長兼プロデューサーだったクインシー・ジョーンズは契約したばかりの若い女性歌手レスリー・ゴーアのプロデュースを依頼される。16才の少女のためにクインシー・ジョーンズはエンジニアにフィル・ラモーン、アレンジャーにクラウス・オガーマンを配する強力な制作体勢を敷いた。フィル・ラモーンはビリー・ジョエルを手掛けてカリスマ・プロデューサーに、クラウス・オガーマンはクリード・テイラーの右腕としてCTIの屋台骨を背負うアレンジャーとなる。2人とも超が付くスタッフだった。
初ヒットで全米1位。「It's My Party」はクインシーとレスリーが200枚に及ぶデモ盤(アセテート盤サンプル)から選んだ曲。西のフィル・スペクターもこの曲をクリスタルズの次のシングル盤候補と決め録音を進めていた。両者はNYで直接対峙する。1963年3月30日の夕刻。場所はカーネギホール。シャルル・アズナブールのコンサート会場でのこと。クインシーはコンサート後のレセプション・パーティーの責任者だった(アズナブールは親会社のPhilips専属)。クインシーが会場の外でたたずむところへ、コンサートに来たフィル・スペクターが話しかける。「これまで聴いた事が無いくらい良い曲をクリスタルズで録音しているんだ・・・。」クインシーは「曲名はなんていうんだ?」と問いかける。もちろん「It’s My Party」がフィルの答え。クインシーは何も言葉を返さなかった。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

RME「FireFace UCX」がやってきた(2)
UCX image02

仕事柄レコーディングスタジオやマスタリングルームに出入していたので、RMEのラックマウントの機器やApogee、LYNXのオーディオインターフェースにはなじみがあった。自宅でDACがわりに1UサイズのBEHRINGER SRC2496を購入した時も特に違和感はなかった。
FireFace UCXは1Uの上級機UFXと同様、USBとFireWire(IEEE 1394)のどちらにも対応する。USBポート2つのMacBook Proとの接続にFireWireが使えるのは魅力だ。さらにFW接続時はバスパワー駆動が可能。ということはACアダプター無しで動く。1Fのオーディオ・システムにつないで使うにはもってこいの可搬マシーンだ。

<FireFace UCXとUC>
Fireface UCX & UC 2
FireFace UC(上) & FireFace UCX(下)
同社のFireface UCとの違いを説明するのはなかなか難しい。外見上はフロントパネルのロータリーエンコーダー・ノブが黒か灰色かの違いくらいだ。FireWire 400とリモコン用のポートが追加されたため、リアパネルはUCXのほうが少し混み合っている。見掛けはあまり変わらないが、UCXにはフラッグシップのUFXに備わったAuto Set(デジタル・ゲイン制御)などの高度な機能が引き継がれている。ハーフサイズにもかかわらず、1UフルサイズのUFXと同様、もう1基のDSP(音声や画像などの処理に特化したマイクロプロセッサ)が追加され、TotalMixミキサーの機能を大幅に拡張している。小さなボディとは裏腹に、大型デジタル・コンソールに匹敵する美味しい機能が沢山搭載されている。聴き専の私にはもったいない機材だ。


Read More →

関連記事

RME「FireFace UCX」がやってきた
Fireface UCX Front 2

春頃から半年ほど悩んだ結果、RMEのオーディオ・インターフェイス
FireFace UCXを最終決定することになった。
一時は米国のApogee社のDuet 2(現在はDuet for iPad & Macと改名)の購入に傾いていた。しかしMac以外のメディア・プレーヤーも使いたいと思い、Mac・WindowsどちらもOKの独RME社のBabyfaceを第1候補に検討を続けてきた。ところが、意中のBabyfaceの上級機で最新鋭のマシーン、まさかのFireFace UCXが我が家にやってくることになった。懇意にしているNetAudio(音元出版)の編集長からシンタックスジャパンさんを紹介いただき、大変有利な条件で最新型のFireFace UCXを手にすることができたのだ。

<FireFaceについて>
DTM用機材は、マイク入力、MIDI端子など、オーディオには不要な端子が装備され、コストパフォーマンスが悪くなるため、PCオーディオに用いられるケースは少なかった。
そんな状況を変えたのが、2000年代半ばに発売されたRME社のFireFace 400/800。Macintosh、Windowsそれぞれにチューニングされていて、音も良く、価格も手ごろということでPCオーディオファンに広く受入れられるようになった。2機種とも接続はFirewire。MacはよくてもWindowsでは使いにくいという事で登場したのがUSBに特化したFireFace UC。入出力端子を絞り込んだBabyfaceも登場し、PCオーディオファンからの支持は不動のものとなった。
2010年末に登場したRMEのオーディオインターフェイス最上位機がFireFace UFX。再びFirewireを復活。FWとUSBの双方を装備している。このUFXのアナログ12in/12outの入出力を8in/8outに減らし、1Uのハーフサイズに凝縮して登場したのが最新鋭のFireFace UCXだ。



Read More →

関連記事

| ホーム |