AKG「K701」がやってきた
AKG_K701_2b
ヘッドフォーン・リスニングのリファレンスとしてAKG K701かSennheiser HD650のどちらかを購入しようと検討してきたが、予算面もありK701となった。購入先は千葉のサウンドハウスさん。
K701は2010年末をもって生産終了となった。しかし、人気機種であるため相当数が流通在庫として市場に出回っており、現在(2013年5月時点)でも入手は比較的容易。かつて在籍した職場ではAKGのヘッドフォーンが備品としてスタジオや社内の試聴室のいたるところ置かれていた。主にはセミオープンタイプのK240(600Ω)のシリーズ。個人的にはAKGではなくセンハイザーのオープンエアーHD414とのつきあいが長かったが、AKGのヘッドフォーンには人一倍親しみがある。
K701は長らくハイエンドヘッドホンの双璧として、Sennheiser HD650とともに君臨したが、現在はその座をSennheiser HD800やBeyerdynamic T1などに譲っている。しかし依然としてリファレンスでも、鑑賞用でも、聴いて気持ちが良いヘッドホンの代表機種のひとつだ。
<AKG K701>
型番:K701 (serial number:83176)
メーカー:AKG
タイプ:開放型ヘッドフォン
形式:ダイナミック方式
インピーダンス:62Ω
感度:93dB
再生周波数帯域:10Hz - 39,800Hz
プラグ形状:6.3mmステレオ標準(3.5mmステレオミニプラグ付属)
コード:3m
重量:235g(ケーブル除く)


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

| ホーム |