ハイレゾで聴く「461オーシャン・ブールヴァード」
461 Ocean Blvd LP cover

エリック・クラプトン「461オーシャン・ブールヴァード」のハイレゾ音源を購入した。LPは持っているがCD未購入のタイトル。この盤はハイレゾとして特に高音質バリバリというわけではないが、愛着のある作品なのでライブラリに優先的に迎え入れることにした。
1974年、マイアミでの録音。クラプトンがデレク・アンド・ザ・ドミノスの「いとしのレイラ(原題:Layla and Other Assorted Love Songs)」を発表してから3年間のブランク-薬物中毒から復帰しての作品。プロデューサーは「Layla」も担当した名匠トム・ダウド(クリーム時代からクラプトンの面倒を見ているAtlanticレコードの重役プロデューサ)。
クリーム時代のようなソロを弾かないクラプトン。レイドバックといわれた、くつろいだクラプトンに当時のレッド・ツエッペリン、ディープ・パープルに熱狂していたハードロック・ファンは意表をつかれたと思う。この作品でボブ・マーリーの名曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」をカバーしたら、自身の長いキャリアの中で唯一の全米No.1ソングとなり、レゲエを世界中に認知させる役割も果たした。また自身初のアルバム全米1位も記録している。
【クライテリア・スタジオ】
『タイトルの由来は、このアルバムをレコーディングしたマイアミのスタジオの住所を表している。』と説明される事が多いがこれは真っ赤な嘘。録音のクライテリア・スタジオの住所は "1755 NE 149th St, Miami"。同スタジオのHP(現在 Hit Factory Criteria Miami)の情報を見ると、"461 Ocean Blvd."はマイアミの北部、ゴールデンビーチ地区の市長が現在も住む家の住所とのこと。ジャケットのカバーに撮影されている邸宅だ。クラプトンはマイアミのスタジオでレコーディングしている間、この家に住んでいた。



Read More →

関連記事
スポンサーサイト

| ホーム |