英国の音 再びLS3/5A BBCモニターについて
Rogers LS3/5a
ROGERS LS3/5A/60th Anniversary Edition

最近、ブログに書いた記事『英国の音 LS3/5A BBCモニター』にコメントを頂いた。
骨子は「これは野外録音用のモニターで録音車のバンにものる小型スピーカーです、ただそれだけです。LS3/5はBBCモニターと言う名前だけが一人歩きしてるように思いますが・・?」というものだ。
LS3/5Aは1975年発売から製造完了となった2000年まで1モデルで一般市販を含めて10万ペア、合計20万台が売れたという。ペアで約15万円(当時)。コンパクトなサイズからは考えられない高価なSPだった。20万台のうち3500台はBBC内部での配布。BBCモニターの主力機種、LS5/8やLS5/9が局内でそれぞれ1000台前後であるのと比べると、LS3/5Aの数は圧倒的。過大評価の一言では済まされないものがある。なぜLS3/5AがBBCモニターの代名詞にまでなったのか、LS3/5Aが開発された時代の社会的背景も含めて整理してみたい。

【BBCモニターのグレード】
BBCモニターのグレードは次の2つに分かれている。
■ グレード1(LS5):この規格は「スタジオから送信機へ送る前の段階での音声チェックに使用する最高グレードのモニタースピーカー」とされている(音声には音楽も含まれる)。LS5/8、LS5/9、LS5/12aなど。主にスタジオでの生放送や録音のモニターに使われた。
■ グレード2(LS3):BBCでは「主にスピーチ・プログラムのチェック用に使われる。」とされている。LS3/5a、LS3/6など。
基本的には録音車などでのコンパクトモニターがLS3/5a。FM放送のような中継プログラムが本来のカテゴリー。80年代にかけて40局まで増えたBBCの地方局に多数のLS3/5Aが設置された。1970年代前半に登場したスピーカーの中で周波数バランスも定位感もそれまでのSPの常識を破った優れた特性を持っていた。
同じグレード2のLS3/6は、英国スペンドール社の第一号スピーカー BC1 のBBCでの規格名。「グレード2」だが中型のSP。フラッグシップのBBCモニター LS5/8の導入が始まる1970年代末まで、スタジオでの音楽チェックにも用いられていた。20cmベクストレン・ウーファーとセレッション製のトゥイーターHF1300にスーパーツィーターを組み合わせた3ウェイ。ベクストレンのBとセレッションのCをとってBCとなった。日本でも人気が高かったスペンドールBC2はBC1を一般市販化したモデル。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

iPhone 5乗換作戦
Softbank_Emobile

前にもブログで書いたように、月に2回は栃木県の鹿沼市にある妻の実家に滞在して農作業や家の周りの片付けなどを手伝っている。このときインターネットに接続するのにINSのダイアルアップのかわりに、iPhone 5のテザリングを利用したいと思っている。iPhone 4SからiPhone 5への機種変更を真剣に検討中だ。(テザリングはWiFiルーターの機能を周りのモバイル機器に提供すること。)
iPhone 5とテザリング解禁をめぐって、発売日の9月21日以降も大きな動きがあった。ソフトバンクとイー・アクセスの両社は、10月1日に買収による記者会見を開催。ソフトバンクがイー・アクセスを完全子会社化する事を発表した。これにより両社はLTEネットワークを共有。イー・アクセスが有するLTE網を活用できることを背景に、ソフトバンクはテザリング開始日を年内12月15日まで前倒。LTEはKDDIと同じ2.1GHzの周波数帯を使用しているが、さらにイー・アクセスが使用している1.7GHzの周波数帯をサービスに加えることができる。
今回の買収は、テザリングが解禁となるiPhone 5ユーザーに圧倒的に有利。iPhone 5は、ハードの変更無しに、ソフトバンク(2.1GHz)とイー・アクセス(1.7GHz)の2つのバンドに対応できる。まずは2.1GHz帯でのスタートだが、来年になれば1.7GHzが使える。
ネットワーク強化のため、ソフトバンクはどうしても帯域の追加が必要だった。10月1日に開かれた会見で孫正義社長は、「テザリング実施を決めた瞬間、イー・アクセスとの統合に腹をくくった」と、急転直下の買収決定だったことに触れている。
ソフトバンクが「手に入れた」周波数帯は、ほかにもある。総務省が2012年6月27日にイー・アクセスに割り当てた700MHz帯だ。ソフトバンクが持つ900MHzと同じく「プラチナバンド」と呼ばれる。遠方まで電波が届き、障害物を回り込んで伝わるため、通信事業者にとってはのどから手が出るほど欲しい。買収によって、プラチナバンドを2つ使えることになったのだ。


Read More →

関連記事

iOS 6でiPhone 4Sの音質に変化が
iOS 6アップデートバナー
iPhoneのホーム上の「設定」アイコンに赤い①マークが表示されっぱなしになり、目障りでしょうがなかった。しばらくは思いとどまっていたが、ついに10月1日、iTunesの「アップデート」ボタンを押してしまった。定期的にiPhone 4Sのプレイリストを入れ替えているのだが、そのタイミングにぶつかり、ダウンロードされアップデートのファイルが2GB近くも容量をくっていたことに気がついたのも理由だ。
同じ日にAppleのCEOティム・クックがiOS 6のダメ・マップについて述べた謝罪文が掲載された。ジョブスならこんなみっともない事やるかいな? なんてことを思いながら、隣の「AppStoreには地図アプリコーナーを開設」の記事を読んでアップデートが終わるのを待つ。地図ソフトといえば、大震災支援ということで、昨年MapFanの有料地図をフリーで頂いていた事を思い出す。1.7GBと大容量なので、iPhone 3Gから乗換えた時に移行しなかったアプリの1つだ。早速インストール。今後の地図のメインアプリはMapFanに決まりだ。Apple製地図の問題を除いては、iOS 6はかなり完成されている。Safariのブラウズスピードが15%近く向上し、サクサク感が増して、パフォーマンスがよくなったように感じられる。
私にとって最大の問題はiPhone 4Sの音楽プレーヤーの音質が悪い方に変わった事。iOS 5.1の時に比べて明らかに高い音や低域の低い音が出にくくなっている。イメージとしては再生の帯域が狭まったように聴こえ、どんなソースを試しても音が乾いてドライに聴こえてしまう。


Read More →

関連記事

| ホーム |