ロンドン・オリンピック:開会式と閉会式
ロンドン大会ロゴ

第30回夏季オリンピックロンドン大会は8月12日に閉会式が行われ17日間にわたった大会が幕を閉じた。
「これはコンサートじゃないんだ。オリンピックだよ!」と、開会式の総監督を勤めたダニー・ボイル監督。
7月27日に行われた開会式は英国のポップ・ロック50年の歴史がたっぷり詰まったミュージカル・ショーとなった。
ボイルは音楽監督にアンダーワールドを起用し、シニカルでウィットに富んだ、 イギリス人らしくエッジの効いた選曲となったが、驚きの一つは事前の報道でリークされたようにセックス・ピストルズの曲が2曲も演奏されたこと。「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」のように 王室を批判した曲でさえ、イギリス音楽史の1曲としてリストに加わった。ただ実際に演奏されたのは女王に敬意を払い、エリザベス女王が入場する前だった。ピストルズのもう一曲「プリティー・ベイカント」はクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」に続きビデオ映像で紹介されている。音楽監督のアンダーワールドの二人のセンスの良さはショーの終盤で聴くことができた。ピンク・フロイドの「狂気日食(Eclipse)」からビートルズの「ジ・エンド(The End)」に繋げ、最後にポール・マッカートニー本人が登場して「ヘイ・ジュード(Hey Jude)」を演奏する。当然会場を巻き込んで大合唱というところにでていたと思う。

そして8月12日の閉会式。音楽監督に作曲家のデヴィッド・アーノルド(007シリーズ、BBCドラマ「シャーロック」の音楽)を迎え「ブリティッシュ・ミュージック交響曲(A Symphony Of British Music)」と銘打ったショーを見せてくれた。こちらは60年代から現代までの生タレ中心の「ブリッツ・ミュージック・ショー」。ザー・フー、レイ・ディビス(キンクス)などの60年代の大ベテランからボーイズ・グループのワンダイレクションまでをセレクト。中高年から若年層まで楽しめるエンタテインメント性の高いものだった。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

英国の音 ストロベリースタジオ「アイム・ノット・イン・ラブ」
ストロベリースタジオ
Straberry Studios, Stockport 1973年

仕事でマンチェスターを訪れたある日、地元バンドのカリマ(Kalima)のマネージャーから次の新作のデモが出来たので聴きにこないかと誘いを受けた。1987年の夏のこと。カリマは女性ヴォーカルが中心のスムーズ・ジャズと言って良いサウンドのポップ・バンド。当時日本では少しは話題になってきていたが、地元マンチェスターでのカリマの人気は今ひとつ。存続が危ぶまれる状態だった。私が連れて行かれたのはマンチェスターの中心部から10kmほど離れた郊外のストックポートにあるストロベリー・スタジオ(Strawberry Recording Studios)。マンチェスター出身の10CC(テン・シー・シー)が作ったスタジオだ。
ポップソングの中で最も美しい曲と評価の高い名作「アイム・ノット・イン・ラブ(I'm Not In Love)」(1985年)が作られたスタジオだ。

もう夕方を過ぎていたので暗かったがスタジオはコントロールルームがほの明るく照らされている。モニターはなにか不明だったがアルテックかタンノイの同軸系のユニットからクッキリした女性ヴォーカルが流れる。テンポの早いボサノバ調の曲とよりジャズテイストの強い曲の2曲を試聴。オシャレな曲でどちらもなかなか良いと思った記憶がある。


Read More →

関連記事

| ホーム |