英国の音 ローリング・ストーンズ モービル・スタジオ(再掲載)
はじめに
この記事のオリジナルは2012年7月29日に公開した「英国の音 ローリング・ストーンズ モービル・スタジオ」だが、末尾に述べた理由により一部修正したものを再掲載する。

Rolling Stones

ポップ・ロックの分野で歴史に残るレコーディング・スタジオといったら、まずあげられるのはEMIのアビーロード・スタジオ。次に名前をあげるとしたらローリング・ストーンズのモービル・スタジオになるだろう。有名ロックバンドの代表曲の歌詞にこのモービル・スタジオが登場することになった経緯はファンならずとも興味をひく話だ(後述)。

ストーンズのミック・ジャガーが音頭をとって移動録音設備を自前で実現する計画を立ち上げたのは1968年。当時英国のポップ・ロック系のミュージシャンのほとんどは高額なスタジオ料金の請求に喘いでいた。既成のスタジオは1950年代からのクラッシク録音をベースにした保守的で制約の多いスタイルを変えていなかった。朝9時から夕方5時までの営業、3〜4トラックのマシーンでの一発録り。1曲はその日のうちに完成させるというやり方。しかも料金は高い。
世界を席巻しつつあった英国のトップ・ロック・バンドの不満は日増しに高まっていた。60年代末のロックは演奏も録音もそれまでとは比べもにならないくらい複雑化していた。1968年を境にして、マルチトラックと共に新しい録音技術が一挙に入ってきたにもかかわらずスタジオの姿勢に変化はなかた。
ビートルズのようにEMIがあり、マネージメントのブライアン・エプスタインと音楽監督のジョージ・マーティンの三者が運営を総合的に調整していたバンドは良かった。
デッカ・レコードから離れ、独立会社でマネージメントを任せる人がいないローリング・ストーンズの場合はそのすべてがミック・ジャガーの肩にかかっていた。好きな時に、好きな所で、好きなだけ出来る。コードや曲の進行の確認。念入りなリハーサルと時間をかけた録音を行える新しい環境。これが解決策だった。

Stones Mobile 1
Rolling Stones Mobile

当時TV中継車は存在していたが、録音車なんて影も形も無かった時代だ。計画では「移動」より「可搬」にポイントが置かれた。大型のバンにコントロール・ルームがあり、マルチトラック・レコーダー/調整卓/マイク/スタンド/ケーブルなどの一式がコンパクトに収容され、丸ごと指定の建物に横付けできるというのが基本コンセプトだった。
可能な限り最新機材をというのがミック・ジャガーの希望。ミキシング・コンソールにはストーンズが1966年から1972年に渡り6枚作品を録音したロンドンのオリンピック・スタジオの主任技師Dick Sweetenhamが独立して作ったHeliosが使われた。最初は3M社の8トラックと4トラックのレコーダーがそえつけられた。レコーディング・ユニットはBMC(ブリティッシュ・レイランド)のシャーシに架装された。
1969年に完成したモービル・スタジオは早速ストーンズのハイドパーク・コンサートの録音に運び込まれた。
翌年にはヨーロッパで最も早く16トラックのレコーダー(3M M56)を装備するスタジオとなった。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

江端さんへの返信
Macメールアイコン
FC2 Brogのコメントとメールの仕掛けがどうなっているのか
よくわからないまま削除してしまいました。
ここに直メールの形で本文として掲載いたします。

江端さんからのコメント
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
突然の書き込みで申し訳ありません。掲載されているitunesの
プレイリストを見て、多分同世代の方と拝察いたします。
小生も昨年退任し単身赴任を解消、赴任先の神戸で始めたファイル
オーディオですが、win7+foobar2000(wasapi)の音や定位に
いまひとつ納得出来なく、最近macbookproのマイナーチェンジに伴い
型落ちとなった314を入手し、Audirvanaをインストールし、レベルの
違いに驚いています。
ただひとつ困るのは、当方の600枚程度のデータがwavのため階層無しのitunesではとても管理できなく、またQNAPのituneサービスを設定しても『共有』に認識されず、迂闊にituneのファイル削除をすると元データも消去などという羽目に陥りかねず、都度Audiorvanaにファイルを読み出しているお粗末な状況です。
もし、ご迷惑でなければ色々とご教示賜りたく、不躾なお願いで恐縮ですがメールを頂戴できれば幸いです。
江端 拝
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

江端さん
いつもお読みいただき有難うございます。
同世代で間違いありません。私もリタイヤ組になったばかりです。
MacBook Proお求めになったとありますが、私がこの春
購入したモデルです。OSはLion。OSもアプリも64bit
クリーンで動きます。
嬉しいのは搭載された64bitのiTunes 10.6(最新10.6.3)
の能力と音質が共に向上したことです。
デジタルメディアプレーヤーとしての音質向上
リッピングソフトとしての能力(精度と速度)の向上
どちらも目覚しいものがあります。

もし600枚のCDが手元にあるのだったら、思い切って
すべてリッピングしてしまうのがベストのソリューション
です。ただしリッピングには速度の出る外部ドライブ
(Firewire、USB2.0)を使うこと。私の場合はLaCie
の古いCD-ROMドライブLite-onLTR-522465を使って
丸4日間で620枚をリップしました。iTunes3からだったので
CDDAのGracenoteのメタ情報の表記法の違いでLibrary
のフォルダが乱雑だったものが一気に綺麗になりました。
もし内臓のDVDドライブ Matshita DVD-R UJ-8A8を使う
のだったら、フリーのリッピングソフトXLDを併用してみて
下さい。使い方のTipsはわたしのBrog見て下さい。
作業日程は倍近くかかるかと思いますが、結果はBESTです。


Read More →

関連記事

英国の音 LS3/5A BBCモニター
LS3/5A_1
Chartwell LS3/5A

世間でいう英国の音とは、BBCモニター系列のスピーカーを言っているようだ。BBCは英国放送協会《British Broadcasting Corporation》の頭文字をとったもの。1973年に民間放送が許可されるまで英国では唯一の放送局(長波・中波・短波・FM・TV)であり、受信料で運営される一種の国営企業だった。
BBCモニター系スピーカーのなかでもロジャース/スペンドール/KEF/ハーベス等々のメーカーが作った小型のLS3/5Aの人気が特に高い。
KEF社のユニット供給が終わり1999年末に生産が完了したが、その後もロジャース社やスターリング・ブロードキャスト社はBBCのライセンスをとって復刻モデルを製造・販売している。

LS3/5A(エルエス・スリー・ファイブ・エー)
LS3/5Aのプロトタイプが出来たのが1972年、一般に発売開始されたのは1975年だからなんと40年間ほぼ現役ということになる。お化けのようなスピーカーだ。これまで10万セットが製造され、その内ロジャースだけで4万セット製造している。
生産メーカーは年代ごとに違い非常に複雑だがBBCライセンスでLS3/5を生産したメーカーは
ロジャース - Rogers Loudspeakers Ltd.
チャートウェル - Chartwell Electro Acoustics
オーディオマスター - Audiomaster
ラム - RAM Loudspeakers
グッドマンズ - Goodmans Industries Ltd.
スペンドール - Spendor Loudspeakers
ハーベス - Harbeth Audio Ltd.
ケーイーエフ - KEF
(1999年まで 「Unofficial LS3/5A Support Site」調べ)

最近の2社の復刻版は除くが、全て同じユニット、全て同じ仕様で作られている。
<主な仕様>ユニットは共通
・ウーファ:KEF/B110 SP1003 10cm べクストレン振動板
・ツィーター:KEF/T27 SP1032 2.5cm ソフトドーム型
・クロスオーヴァー周波数:3KHz
・インピーダンス:15オーム(初期型) 11オーム(1987年以降)
・寸法:188 (W)×304 (H) ×185 (D)
当初は出荷時の製品チェックが厳重でメーカーや生産時期が違ってもステレオ・ペアーが組めるほどだったという。


Read More →

関連記事

BEHRINGER SRC2496のこと
 

SRC2496

しばらく前から独ベリンガー社のSRC2496を使っている。Amazon
経由でサウンドハウスで購入した。
僅か1.32万円でサンプリング周波数の変換と、DA/AD変換が出来て、ヘッドホン出力もあるなど、スペックとして文句なし。音楽制作現場で使われる業務用の DAI(デジタルオーディオインタフェース)のサンプリングレートコンバータ(SRC)だ。1Uの19インチラックサイズ。
ドイツ設計で中国で生産されている。主要チップにシーラス・ロジックのCS8420(Sampiing Rate Converter)、旭化成エレクトロニクスのAK4393(DAC)、AK5393(ADC)が搭載されている。仕様から見て価格以上の製品であることは間違いない。

デジタル入力の切替器兼サンプリングレートコンバーターがメインの用途としてうたわれているが、オーディオ用のDACとしてもネット上の評価がかなり高い。「サンプリング・レート・コンバーター(SRC)」ではなく「DAC2496」の名前でD/Aコンバーターとして発売されていたら、間違いなくベストセラーになっていたと言われている。DACとして192kHz/24bitのハイレゾ音源こそ対応しないが、96kHzまでの実用域はカバーしている。
ヘッドホン出力端子(ボリューム付)が装備されており、1万5千円以内で手頃なDACを探している人にも安心して勧められる製品だ。音質はアップサンプリングで使っても、DACで使ってもほとんど色付けがなく、帯域も広く聴こえる。ヘッドホン・アンプの音質もかなり良い。
<スペック>
・ アナログ入力 : XLR端子×2
・ アナログ出力 : XLR端子×2、ヘッドフォンアウト×1
・ デジタル入力 : XLRx1(AES/EBU、S/PDIFに対応)、RCA
          ピンジャック(S/PDIF)、オプティカル入力
          (S/PDIF)、BNCワードクロックイン
・ デジタル出力端子 : XLRx1、RCAピンジャックx1、オプティカル
           x1(全ての出力はAES/EBU・S/PDIFに対応)
・対応周波数:32kHz/44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz
・ サイズ : 44.5mm x 482.6mm x 190.5mm
      (マウントブラケット付)/2kg


Read More →

関連記事

ロンドン・オリンピック: 女王陛下と「God Save The Queen」
Olympic Logo 2012

7月27日に開催される2012年ロンドン・オリンピック開催式典だが、開会式で流されるであろう86曲の予定リストが流出した。リストを掲載したイギリスの新聞『ザ・テレグラフ』によると、この選曲リストはロンドンオリンピック開会式のクリエイティブディレクターを務める映画監督のダニー・ボイルが開会式で使用する曲をまとめたもので、音楽監督のアンダーワールド(Underworld)のKarl Hydeと Rick Smithの二人がこれらの曲をDJミックスしたものが、開会式の選手入場の際などに流されるのではないかと推測している。このDJミックスはEMIのアビーロード・スタジオで行われると報じている。
オリンピック委員会はこのリストが本物かどうかについてコメントしていなが、おそらく実際のものに相当近いに違いないと『ザ・テレグラフ』紙は伝える。オリンピック終了後に映像やサウンドトラック発売計画があり、実際に音源の許諾交渉がすすめられているからだ。

*ダニー・ボイル(Danny Boyle):2009年、映画「スラムドッグ$ミリオネア」で第81回アカデミー賞で作品賞を含む8部門を受賞した英国の映画監督。

Underground & Danny Boyle
Underworld(左・中) Danny Boyle(右)

このリストがいま英国で大きな話題となっている。「英国元首として開催式典を執り行う女王陛下ははじめてこの曲を聞くのであろうか?」あるタブロイド紙の記事はこう始まっている。リストにセックス・ピストルズの「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」がはいっているからだ。問題なのは「 “God save the Queen/ She ain’t no human being/
There is no future/ In England’s dreaming.”」の歌詞だ。1977年BBCが放送禁止にした。ちなみに彼らの「勝手にしやがれ」のアルバムからはもう一曲「プリティ・ヴェイカント」がリストに入っている。
God Save The Queen Sleeve
God Save the Queen poster by Jamie Reid 1977年


Read More →

関連記事

| ホーム |