英国の音 セックス・ピストルズ「勝手にしやがれ」
勝手にしやがれ」

「Never Mind The Bollocks{邦題:勝手にしやがれ)」はセックス・ピストルズが1977年10月に発売した唯一のスタジオ録音アルバム。1996年から1998年に英国を吹き荒れたパンク・ロックがこれ一枚に凝縮されている。ジャケットのアートワークは今見てもかっこよさは抜群のジェイミー・リードのデザイン。
米国のニュース誌『TIME』が選んだ「時代を超えた100枚のアルバム」にマイルス・ディビスの「カインド・オブ・ブルー」やビートルズの「アビー・ロード」とともに「勝手にしやがれ」も選ばれている。歴史を作った一枚であるとともに正統派の英国の音である。

ジェイミー・リード(Jamie Reid)
1947年生まれの英国のデザイナー、脅迫文などに使われる新聞の文字の切り抜きによる作品で有名。ピストルズのロゴを含めシングル、アルバムなどの一連の作品で世界的に有名になった。特にシーン・オリバーのエリザベス女王の写真を安全ピンでコラージュした作品は英国のパンクを象徴するものとなった。
Anarchy In The UKポスター
Poster design by Jamie Reid 1976年

**「時代を超えた100枚のアルバム(All-TIME 100 Albums)」
2006年11月13日発売号のTimeの特集。同誌の評論家Josh TyrangielとAlan Lightがジャンルや年代にとらわれない、世界に影響を与えた音楽作品100枚を選んだもの。ランク(順位付け)は無く1954年以降の作品が年代ごとに並べられ、一枚ごとに説明が付けられている。


Read More →

関連記事
スポンサーサイト

英国の音 ロッド・スチュワート「ナイト・オン・ザ・タウン」
ナイト・オン・ザ・タウン

「アトランティック・クロッシング」から9ヶ月後の1976年6月に発売されたアルバム。印象派ルノワールの絵を用いたジャケットのデザインが目を引く。名画 "ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット"(オルセー美術館所蔵)を下地にカンカン帽とクラバッド(首に巻いたスカーフ)という当時のいでたちのロッド・スチュワートの姿が真ん中に描かれている。
収録曲「Tonight's the Night (Gonna Be Alright)」(邦題:今夜きめよう)は全米No.1を7週記録し大ヒット。彼の国際的な成功を決定づける作品となった。
前作とほとんどダブらないミュージシャンが起用されている。これだけ沢山の個性的なミュージシャンで録音して、同じ色彩で統一したトム・ダウドのプロデュースの手腕は本当に見事。
ブリティッシュ・フォークとサザン・ソウル的なテイストを融合させたサウンドが、前作より心持ちふっくらしたドラムスの低音とギターの音に支えられて心地よく響く。Mercury時代の音に戻ったかのようだ。

このアルバムのクレジットでは1曲 "The First Cut Is The Deepest" のみがマッスル・ショールズ録音で、残りはすべてハリウッドのチェロキー・スタジオで録られたとある。
2007年に閉鎖され、跡地はマンションになったが、チェロキー・スタジオはLAで最も成功を収めたスタジオだ。ゴールド、プラチナに輝く作品を300枚以上生んでいる。(そのうち3枚はロッドのもの。)ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンがその著作のなかで米国で最も優れたスタジオはチェロキー・スタジオだと褒めたというが、妙に納得してしまう。実はこのスタジオには英国の血が入っている。

チェロキー・スタジオ
Cherokee Studios 1986年


Read More →

関連記事

英国の音 ロッド・スチュワート「アトランティック・クロッシング」
Atlantic Crossing

ロッド・スチュワートが1975年に発表したアルバム。タイトルは「大西洋を横切って」。絵柄も今まさに大西洋をひとまたぎしようとするロッドのイラストが描かれている。
1968年にMercuryとの間で交わしたソロ契約を、長い裁判のすえ1974年末に解消。翌年にフェイセスのメンバーとして契約していたワーナー・ブラザーズと新たにソロ契約を締結する。デビュー以来、拠点としてきた母国英国を離れ、米国に舞台を移した最初の作品だ。
英国のトップアーチストを迎えるワーナー側も受け入れに万全の体制をとる。グループ傘下のアトランティック・レコードの全面協力を得て、重役待遇を受ける独立プロデューサー、トム・ダウドを起用する。ワーナー社長ジョー・スミス(当時)自らがダウトに電話してロッド・スチュワートの向こう数作品のプロデューサーを引き受けるよう依頼する。

Tom and Rod
Tom DowdとRod Stewart

英国出身のR&Bシンガーの常として、ロッド・スチュワートも、アメリカン・ルーツ・ミュージックに並々ならぬ関心があった。そんなロック・スターを物心両面でバックアップ可能なレーベルは当時のアトランティック・レコードをおいてないだろう。
「アメリカの音」そのものと言ってもいいスタジオ・ミュージシャン集団、米国南部メンフィスのブッカーT&ザ・MGズ、そしてアラバマ州のマッスル・ショールズ・リズム・セクション(通称スワンパーズ)。アトランティック・レコードは彼らと長く続く関係を築くために、録音設備をニューヨークのスタジオと互換性を持たせることを目的に、8トラック・レコーダーの導入はもとよりスタジオ設備の近代化にも力をそそいだ。財政的な援助も添えて。彼らをパートナーとしてプロジェクトに組み込むための“影の立役者”は、NYと南部を忙しく往復したアトランティックの副社長のジェリー・ウェクスラーとトム・ダウトの二人。特にダウドは録音担当・設備更新双方のエンジニアを務めた。


Read More →

関連記事

英国の音 ロッド・スチュワート「マギー・メイ」
Every Picture Tell A Story

ロッド・スチュワートは英国を代表するシンガー・ソングライター。
1971年に発表した「マギー・メイ」は同時に発売されたアルバムの
「Every Picture Tells A Story」とともにシングル、LP同時に全英・全米NO.1の快挙を成し遂げ、彼をカルト・シンガーから一躍国際的なスーパースターに押し上げた曲。シンガー・ソングライターとして自作曲も歌うが、他人のカバー曲を歌う場合は全て自ら選曲する。本職のヴォーカルだけでなくギター、ピアノ、ハーモニカも一級の腕前だ。本作はロッドが英国で制作した時代の傑作。筆者のお気に入りの一枚だ。
「Every Picture Tells Story」アルバムはピアノやアコースティックギターで始まってロッドのヴォーカルとオルガン、ベースが加わりそしてギターのカッティング、中盤からはマンドリンか曲によってヴァイオリンも加わる。フォーク・ロックと言っても過言ではないほどスコットランドのトラッドに近い音の構成になっている。なかで歌われる「AMAZING GRACE」はスコットランド民謡でアメリカでは聖歌として歌われている曲。
全体をとうして、ブンブン、ドスドスいうドラムスとベースの響きが大きいから、あたかもバグパイプで演奏するように、常に通奏低音に当たる音が鳴っている。音量を下げて聴くと分離の悪いモコモコした音に聴こえるが、ロッドのしゃがれた声とハイハット・シンバルそしてギターのカッティングが高音部のキレやアクセントになったいる。少しだけボリュームを上げてやればふっくらした低音にスッーと伸びた高域がバランスした音が鳴る。筆者のイメージする典型的な英国の音そのもの。
このアルバムや前作の「Gasoline Alley」は録音が悪いという声を一部で聞くが、大いなる誤解である。これこそロックンロールとフォーク・トラッドを絶妙な感じでミックスして当時の若い労働者階級に圧倒的に支持された生粋の英国サウンドだ。

ロッド・スチュワートが英国で制作したソロの4作品(68年制作の1stアルバムを除く)、さらに彼がリード・ヴォーカルとして在籍したフェイセスの録音のほとんどはロンドン北部のウィルスデンにあるモーガン・スタジオでおこなわれている。

Morgan Studios
Morgan Studiosだった建物 1978年
ロンドンのスタジオではEMIのアビーロードが最も有名だが、1960年代末から70年代始めにかけて世界的に見ても最も目覚しい成果をあげたのがこのモーガンとトライデント(トライデントに関しては「英国の音:ヘイ・ジュード」参照)だ。いずれもレコード会社に属さない独立系スタジオである。両者は技術的にも英国デッカ・レコードと並んで70年代のイギリスの録音技術の最前線にあった。1968年にはどちらもいち早く8トラック・レコーダーを導入。翌年には競うように16トラック・レコーダーを入れている。


Read More →

関連記事

| ホーム |