iTunes 10.6は64ビット
Cover_Flow

iTunesへの再登録が終わった。CD約630枚、曲数では7800曲、容量は275GBという結果は前回とかわらない。自分にもご苦労様という気持ちだ。
ライブラリの収録曲を聴いてみるとソリッドな感じはそのままだが中低音がふっくらしたことで固さは全く感じられない。前回MacBook Proに構築したiTunsライブラリの音とは明らかに違う。細部までクリアーでエネルギーのある音だ。iTunesで聴いても不満の残らない分解能の高い音だ。Audirvana Plusの出番はあるのかと心配になるくらいクオリティは高い。
明らかにiTunesのリッピングのクオリティがあがっている。
MacBook Pro購入時のiTunesのヴァージョンは10.53。それがこの作業を行った時点で現行の10.6にヴァージョンアップしている。ちなみに
iTunes 10は2010年9月に登場してからポータブルディバイスのiOSやiCloudに対応するためこの1年半の間頻繁にヴァージョンアップを繰り返している。
2010.09.10   iTunes 10
2010.11.12   iTunes 10.1
2011.03.03   iTunes 10.2
2011.06.10   iTunes 10.3
2011.07.20   iTunes 10.4
2011.10.12   iTunes 10.5
2012.03.08   iTunes 10.6
iTunesは10.5から10.6になってリッピングの精度や性能面で改善があったことが充分考えられる。

アクティブモニター

MacOSX Lionは64ビットのOS。さらにLion上で稼働するアプリケーション全ては64ビットで動作している。
もちろんiTunes 10.6もAudirvana Plusも64ビットだ。
この辺は32ビットの Snow Leopardで動くiMac 17インチのiTunes 10.6と大きく違うところだ。

前回にも述べたが、MacBook Proの内蔵ハードディスクがOS再インストールの際にフォーマットされている。これが収録されるiTunesデータに良い影響を与えているのかもしれない。

Read More →

関連記事
スポンサーサイト

もう一度リッピングからやり直し
やり直し

幾つかの事情があってiTunesへのライブラリ登録を全てやり直す事になった。OSの入れ直しからだから、ゼロからのスタート。リカバリディスクを持たないLion再インストールの話は後日紹介したい。
トラブルは不要なソフトをギリギリまで削除しようとした作業中に起こった。OSXのLibraryのファイルをひっかけたことが原因のようだ。修復アラートが出るが、修復できない状態になった。Time Machineのデータで復旧することも出来たが、今回はその方法をとらなかった。
理由は幾つかある。CDをリップしたファイルを第1世代のものにしておきたいというのがひとつ。
今回Mac Book Proで作ったライブラリの音が、固くてソリッドな感じが強く気に入らなかったことも大きい。Audirvana Plusをつかうと納得できる音になるが、iTunesだけの再生では不満が出てしまう。iPhone 4Sにプレイリストを取り込んで聴いても音の性格は変わらない。同じ事がCDDA(音楽CD)で焼いても起こる。CDバーニングはiMacの役目と決めつけると先行きが暗い。少なくともiPhoneでこのソリッドな音とつきあっていくのは辛い。
やり直したかった理由のもう一つは過去と異なるパラメータでリッピングをしたこと。iTunesの「読み込み設定」でオプションの「エラー訂正」をONにしたこと。ちなみにiTunesの初期設定はOFFになっている。さらにFireWireの外付けドライブを取り込みに使った事などだ。
やり直したからといって確実に音が変化するという自信はなかったが、OSの入れ直しで内蔵ディスクにフォーマットがかかるので、ライブラリの記録媒体に良い影響があるかもしれないという淡い期待もあった。少なくともファーストジェネレーションのAIFFファイルはキープ出来る。

Read More →

関連記事

Audirvana Plus
Audirvan_Plus

最近人を介しておつきあいのある音元出版の編集部でプレーヤソフト
Audirvanaを強く薦められた。iTunesのデータベースを使いながら、高音質化を果たすことができるという。
iTunesは使い勝手は本当にいいのでだが、Pure Audioのレベルには後一歩及ばない。いくらMacとiTunesで頑張ってもPCオーディオの限界があるという。今後は、高音質プレーヤーソフトがいかにしてiTunesのデータベースを組み込んでいくのか、ということが課題となっていくと思うと編集スタッフは語ってくれた。
その名称は「Audio = Nirvana」をひっかけたものだと何かのブログに出ていた。米国ではニルバーナ(涅槃)はグランジ以来大変ポピュラーな名だが、オーディオファイルには「Audio Nirvana」は「オーディオ天国」という意味になる。その二つを合成した名称だ。
まず無料版のAudirvana(オーディルバナと呼ぶ?)をダウンロードしてインストール。望んでいる方向に音が改善されたように感じた。減衰していく音のリニアリティが明らかに向上している。エコーやドラムスなど音が減衰して消える直前までがちゃんと聞きとれるようになった。
無料版ではPlayListごとの演奏が中心で、取り扱いが面倒だなと思っていたところ、有料版のAudirvana PlusはiTunesと完全連携で動くとあるではないか。
早速、15日間無料の試聴版を入れて動作をチェック。Audirvana Plusはさらに音に劇的な変化があった。一段と音が滑らかになった気がする。
有料の方はMacデフォルトのCore AudioにかわってiZotope 64-bit SRCをサンプルレート・コンバーターに搭載していることが理由かもしれない。iZotope(アイゾトープ社):プロオーディオエンジニアリング用のソフトウエアを開発している。使いやすく、手頃な価格。アマチュア DTM/DAW にも強い味方。

Downloads
Audirvana (英語版)[ Lion、Snow Leopard、Leopard]
フリーソフト http://code.google.com/p/audirvana/
有料版    http://audirvana.com/?page_id=112

カナル型イヤフォーンのSENNHEISER IE8(時々Etymotic Research ER-6i)をつけて聴く限り、ギターなどの撥弦楽器がすごく聴きやすくてリアルになる。クラプトンの「Unplagged」を何度も繰り返して聴いてしまった。
早速49ドル(約4000円)出してライセンスキーを購入。決済にはPay Palを使用した。

Read More →

関連記事

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ
iTunesアートワーク登録(2)
洋楽ポピュラーのメジャーな作品だったら間違いなくiTunes Storeで手に入ると思うと落とし穴がある。
先頃亡くなったWhitney Houstonの1987年の作品「Whitney(邦題:ホイットニーII〜すてきな Somebody)」がそれ。2012年3月時点ではすでに商品が扱われていなかったのだ。結果的に画像はAmazonのお世話になった。
whitney


CDをリップした時にiTunesに登録されたGracenote(CDDB)のものとiTunes Storeが持つデータベースがのタイトルが微妙に違っていたため、超有名な2作品にまったく同じ画像が貼られたるというトラブルにも見舞われた。「Led Zeppelin |」に「Led Zeppelin Ⅳ」の画像が貼り込まれてしまい、有名なツェッペリン飛行船炎上のアートワークが消し飛んでしまったのだ。(ちなみに「Led Zeppelin Ⅳ」の画像は正しく貼られていた。)
iTunes Storeのデータでは「|」ではなく単純に「Led Zeppelin」となっている。ギリシャ数字の「|」と「Ⅳ」」が誤って処理されたためこのトラブルになったと思われる。どちらの表記が正解かは発売元のワーナーにもよるが、ウィキペディアでは「Led Zeppelin |」の表記をとっている。
zep_cover_art


iTunesではアートワークの画像の取り扱いが二通りある。iTunes Storeから入手・登録した場合と特別なソフトでAmazonなどから入手して登録したり、手動で登録した場合では異なるのだ。
iTunes Storeから入手・登録したアートワークは、Macの場合は[Music]のフォルダの[iTunes]-[Album Artwork]-[Download]のフォルダ(Windowsの場合は[My Music]のフォルダ)に保存される。
今回のようにフリーウェアのAlbum Artwork Assistantを使ってアートワークを登録したり、自前で用意した画像をドラック&ドロップで登録した場合は、画像は曲ファイルに埋め込まれる。画像容量の分だけ曲データの容量が大きくなので、JPEGなどの圧縮で容量が少ない(大体50kb〜200kb程度)フォーマットがお勧め。
ためしにそれぞれの実ファイル(筆者の場合AIFF)を見てみよう。タイトルにマウスをあて、右クリックの「Finderで表示」で「iTunes Music」に収められたファイルが表示される。iTunes Store提供のものはアイコンが音符マーク。これに対して自力で貼り込んだものにはアイコンに画像が付いているのがわかる。



Read More →

関連記事

iTunesアートワーク登録(1)
iTunesへの登録が終わった。CD約630枚、曲数では7800曲、容量は275GBという結果となった。
iTunes Storeで購入した楽曲やアルバムにはアートワーク(ジャケット画像)のデータが付いてくるが、音楽CDから自分でリッピングしたものに画像データは含まれていない。
今度はCDのアートワーク・データの取り込みだ。
ブッククラブやファミリークラブなどの一般市販ではない商品はiTunes StoreやAmazonにデータがある訳はないので、自宅のEPSONのスキャナーとPhotoshopを使って約100枚分のジャケット画像を自前で用意した。データはJPEG、解像度72dpi、サイズは340 × 340 pixcelで作成。Amazonのジャケット画像と比べてもJPEG450〜500 pixcelなので遜色ない。

iTunes_Store

まず画像登録にはiTunes Storeのデータベースにお世話になる。この場合iTunes Store のアカウントが必要だ。ファイルメニューの「Store」をクリックして自分のIDで「サインイン」する。この状態で、「詳細」メニューから「アルバムアートを入手」を実行すればよい。
市販品の洋楽CD500枚強に対して自動取得できたアルバムアートは300枚強。約6割の打率だ。後で具体例をあげるが、有名どころのスターアーチストでもiTunes Storeに置かれていないCDが見受けられる。

Album_Artwork_Assistant
iTunes Storeからアルバムアートを取得できなかったCDは、Album Artwork Assistantのお世話になる。アルバムアートワークをAmazonやGoogleで検索し、貼り込みまでをサポートしてくれるソフトだ。
Album Artwork Assistantのダウンロードはコチラのサイトから。フリーウェアだ。
http://www.entropy.ch/software/macosx/album-artwork-assistant/

get_album_botton
まずiTunesでアルバムアートを探すアルバムを選択する。
そこで、Album Artwork Assistantを起動。左上にある"Get Albums"と書いてあるアイコンを押す。
するとアルバムタイトル、曲名が表示され、下には検索された画像の一覧が表示される。
この中から適合する画像を見つけたら選択して"Add Immediately"のボタンを押せばiTunesのアルバムアートに適用される。500x500 pixcelに近い大きめのものを選ぶこと。250 pixcel以下の小さなサイズを選ぶとミュージックコレクションを表示するCover Flowで解像度不足の貧弱な画像となるので注意。



Read More →

関連記事

ミュージックサーバ計画(4)
AIFF_icon

iTunesを使い始めたときに取り込みは非圧縮にしようと決めたが、Macだったので自然にAIFFになった。AIFF(Audio Interchange File Format)はAPPLEが開発した音声データのフォーマット。特別に選択しない限り非圧縮は自動的にこのフォーマットで保存される。これに対して
IBMとMicrosoftが策定したのがWAV。データ自体は同様にPCMで非圧縮なので、双方ともファイルサイズほとんど変わらない。
非圧縮ではCD1枚が500MB〜700MB。かなりのサイズだがディスクが満杯になったら、容量の大きなディスクを買え増せば良いと思っていた。だが10年前の値段はかなりのもの。150GBのディスクにいまなら1TBのディスクが何台も買えるお金を払っていた。
現在、AIFFを含めて高品位のファイル形式は4つ。
WAV
AIFF
ALAC(Apple Lossless Audio Codec)
FLAC (Free Lossless Audio Codec)のいずれかになる。
ALACやFLACはロスレスコーデックといって可逆圧縮。元のデータに完全に復元できる。
ネットからのダウンロードでよく使われるMP3やAACは非可逆圧縮。圧縮率は極めて高いが元のデータには復せない。普通に聴くなら音は決して悪くない。WAVやAIFFのように汎用性がないので将来他のフォーマットに変えるというのは難しい。
ところでFLAC(フラックと呼ぶ)はiTunesではサポートされない。ただし最近のネットワーク・オーディオの主な製品(LinnのDSシリーズなど)や多くのプレーヤーソフトはFLACを主要フォーマットの一つにしている。

Read More →

関連記事

ミュージックサーバ計画(3)
iTunes 10
CDを読み込んで楽曲データベースを作るのはきわめて簡単。iTunesに全て任せてしまえばいい。MacBook Proには最新ヴァージョンのiTunes 10.5.3が入っている。作業を早く進めるためには、いかに効率的にCDを入れ替えるかを考えるだけだ。
買ったばかりのMacBook Proの内蔵ドライブを酷使するのは気が引けるので、取り込み作業にはFireWire接続の外付けドライブ(LacCie:Lite-on LTR-522465)を使用した。8cm盤のCDシングルの取り込みも何枚かあったので大変都合がよかった。

音楽CDからデータを吸い上げる部分をリッピングと呼んでいる。この作業、iTunesではCDを挿入すればiTunesが自動的にGreacenoteに問い合わせして取り込むところまでを一気にやってくれる。
iTunesにCDが挿入されると、そのCDのTOC(トラック情報などが収められているところ)をもとにGracenoteに問い合わせ、曲目・アーチスト・アルバム名などを取得する(インターネット接続の状態)。
ユーザーが取り込みの指示を出すと自動的にリッピングが始まる。
特に設定を変えなければ初期設定のAAC128Kbps(Lch:64Kbps、Rch:64Kbps)でデータが取り込まれる。(AACはAdvanced Audio Codingの略でiTunes Storeで販売される楽曲はこの形式。テレビのデジタル音声も同じ形式を使って流されている。)



Read More →

関連記事

ミュージックサーバ計画(2)
MacBookPro_c

Mac Book Proミュージックサーバ計画を実行にうつすことになった。
現在のiMacのiTunesのライブラリ、外付けHDD 500GBに入っている
「iTunes Media」のサイズは320GB。Mac Book Pro 13インチの内蔵ディスク容量は750GB。同じサイズの物を収録するなら余裕で収まる。
今回は日本のPopsや歌謡曲(演歌はない)約600曲は登録しない予定なので容量的にはチョット楽に。その代わり以前は入れてこなかったジャズやクラシックも登録する予定なので同じかな。
日本の作品で例外的に登録する予定なのは坂本九の「上を向いて歩こう」(作詞:永 六輔、作曲・編曲:中村八代)。日本のヒット曲で唯一全米No.1を記録した曲だ。クロニクル物の60年代前半の洋楽ポップス・コンピレーションに必要になる。
目安の作業予定枚数はCD650枚、曲数は7500曲、容量は非圧縮AIFF収録で250GB〜280GB程度。集中してやれば1週間あれば終わる作業だ。

上を向いて歩こう


Read More →

関連記事

ミュージックサーバ計画(1)
iTunes_icon

なぜiTunesの音楽ライブラリをまっさらな状態から再構築したいと思ったのか。それには10年に及ぶiTunesとの長い付き合いについて触れておかねばならない。
iTunesが音楽データベースに使えないか本格的に検討し始めたのは2001年の暮れの事。iTunesのヴァージョン2.0が出た頃だ。
家の建て替えで800枚はあったLPは半分は廃棄。残りはダンボールに入れて田舎(鹿沼)の納屋にお引っ越し。それ以降、自宅の音楽ライブラリは全てCDでということになった。素人の設備ではアナログ盤のデジタル収録が難しいのは百も承知。CDで効率よく集め直すのが常道。ただしオリジナルアルバムをCDで再度収集というのは金額もかさむし効率も悪い。ベスト盤やコンピレーション(編集盤)そして市販以外のブッククラブの盤も積極的に加えるという方法を取ることにした。
盤を少しずつ集め始めたのはいいが、重複チェックや収集の進捗を知るためにデータタベースが必要になってきた。当初はB's Recorderなどのバーニングソフトが持っている機能の中でCDDB(CDの曲目のデータベース)から集めてくる楽曲データをExcelで集計して、FileMaker Proに呼び込んでDBをこさえようと考えた事もあった。
そこに登場したのがiTune 2.0。2003年にはiTune 3となり、当時私が使っていた、OSX 10.3 PantherがのったPowerBook 800MHzの上で軽快に動いてくれた。CDを取り込めば楽曲・アーチストなどのメタデータだけでなく実データもハードディスクに収めて管理してくれるという理想的ソフトだっだ。


Read More →

関連記事

Mac OSX
Lion vs Snow Leopard02

新しく入荷したMac BooK ProのOSは最新のOS X v10.7 Lion。一方、開腹手術で復活したiMac 17インチはv10.6 Snow Leopard。
最新OSの仕様は今回のインストール作業に大きく影響した。
これまでのパソコン環境をMac BooK Proに移行した時、Dockのアイコンの幾つかに「?」マークが付いた。アプリが無効で移行出来ないサインだ。NGとなった主なところはマイクロソフトOffice 2004 (Power Point、Word、Excel) 、さらに年賀状ソフトの宛名職人Ver10だ。
いづれもPowerPC用に開発されたソフトで、Lionには「Rosetta」が搭載されないので移行出来ないのだ。(Rosetta - PowerPC用のアプリケーションをIntelMacで使用するためのリアルタイムコード変換エンジン。Mac OS X v10.7で廃止された。)

Read More →

関連記事

Mac Book Proがやってきた
MacBookPro

Mac Book Proが我が家やってきた。
我が家初めてのでノート型。画面は13インチ。
CPU:Intel Core i7(2.8GHzデュアルコア)
Memory:4GB
Hard Disk:750GB
OS:Mac OSX v10.7 Lion
内蔵バッテリー(7時間)
といったスペック。当然我が家のMac群の中では最速のマシーンだ。
満を持しての登場というよりは、救援投手のような現れ方だった。
これまで使用していたインテルCPUの17インチiMac(2006年後期型)は
昨年から内蔵HDDの調子が悪く、起動がうまくいかなくなり、ついにお亡くなりになったのだ。
いざというときのためFire Wire接続のディスクに完全クローンを作って準備していたが、お別れがこんなに早くなるとは思ってもみなかった。
iPhone 4S(iPhone 3Gも)の母艦も努めていたこともあり、後継マシーンへのスムーズな移行は、真剣な課題だった。
家中どこでもWi-Fi環境で使えるということで、後継機はMac Book Pro 13インチに即決。Amazonから注文の翌々日には届けられた。
かわいい手提げ型パッケージから出した本体は金属ボディーでズッシリしている。
mac_Note_carton_case

箱から出しての優先作業はMac Book Proに旧環境を転送すること。
事前に作っておいたiMacのクローンディスクをFire Wireで繋いで、移行アシスタントの指示に従って操作する。(クローンはディスクユーティリティの「復元」のポジションで容易に作ることができた。)


Read More →

関連記事

| ホーム |