Audirvana Plus 2.0 にアップグレードした
Audirvana Plus 2.0 アイコン

メディアプレーヤー(音楽や映像を再生するソフト)Audirvana Plusをアップグレードした。Ver. 1.5.2からVer.2.0へのヴァージョンアップ。有償で39ドル。ちなみに新規購入は75ドルとなる。
これまでのAudirvana Plusにはライブラリ管理機能は非搭載だった。「2.0」ではiTunesライクなライブラリー管理機能が追加されたことが大きな変更点だった。2014年9月に「2.0」がリリースされた際、新機能をひととおりチェックしている。iTunesライブラリーと連動してデータを取り扱う「2.0」の管理機能にはアーティストごとにカタログを整理する機能はなく、アルバムアートワークの欠落も多く、お世辞にも使い勝手が良いとものとは言えなかった。「2.0」へのヴァージョンアップは当分封印に決まった。
今回載せ変える気になったのは、MacBook ProのOS XをLion(10.7)からYosemite(10.10)にアップグレードした事が大きい。iTunesはとっくにVer.12にしている。OS Xの変更は手持ちのアプリへの影響が大きいため慎重に進めなければならない。OS X Marvericks(10.9)はパスしている。最悪の場合使用出来なくなってしまうからだ。今回の場合Sound Studio 3.0が若干不都合が出ただけで大きな問題は起きなかった。MacBook Proの動作は速くなったが、音の傾向が少し変わってしまった。Yosemiteは低音が緩め、解像度が若干下がったように聞こえる。

Yosemite Logo

毎回毎回、アップデートで微妙に音が変わるAudirvana Plusの新バージョンを組み合せるとどうかというアイディアが閃いた。Audirvana Plus 1.5.2は旧バージョンなのでアップデート無し。「2.0」へ変えるしか無い。ライセンス・キーの入ったファイルを「2.0」へロードするとAudirvana Plusの新バージョンがアクティブに。早速アップデート。最新はVer. 2.1.1になっていた。再生音の傾向は思った通りになった。緩めの低音が締まり、中高域がクッキリしたように感じられる。一応成功だ。


Read More →

スポンサーサイト

続・Fireface UCX と Audirvana Plus の危険な関係
Fireface UCXイメージ
Fireface UCXで発生していた「ポチッ」とか「プチッ」というノイズの問題が解決した。Audirvana PlusのPreferencesパネルを開けて「Direct Mode」のチェックを外すと問題のノイズが止まる。同ソフトの「ダイレクトモード」が原因だった。ある種のユーザー設定ミスと言っていい。非対応の機器に不適切なモードを設定したため発生したノイズだった。データ化けが音に現れたら、それはノイズで、その音は「ノイズが乗っている」と判断される。
「ダイレクトモード」はAudirvana PlusがOS XのオーディオAPI(インタフェースの仕様)であるCore Audioをバイパスしてオーディオデバイス(DACなどのドライバー)に直接アクセスする仕組み。音質の向上に効果があるとされるが、OSの一部であるCoreAudioを全てスキップするため、適切に扱わないとディバイスが不安定になったり、異常動作を引き起こす可能性がある。
OSX image

音の入出力を管理するCoreAudioは、AU(Audio Unit:信号処理)とHAL(ドライバやDAC管理)の二つの機能がある。イコライザなどのエフェクターやミキシングなどを処理しているAUをスキップしてHALに送る仕組みがインテジャーモード。CoreAudioの仕組みの一部で、これを利用すれば、音質劣化を気にせずにすむ。インテジャーモードはAudio Class対応機器を使えばで利用できる。売り物の一つにしていたインテジャーモードがMac OS X 10.7 Lionで使用出来なくなったため、Audirvana Plusは独自規格のダイレクトモードを新たに付加した。(インテジャーモードはMac OS X 10.9 Mavericksになって復活している。)


Read More →


Fireface UCX と Audirvana Plus の危険な関係
Fireface UCX 斜め
ここ数日、トラブルの原因探しに時間をかけた。トラブルとはRME Fireface UCXとAudirvana Plus 1.5を組み合せて使用すると、ハイレゾ音源にプチプチノイズが乗ってくる症状だ。軽微なのでスピーカーで聴いていると聞き流せる程度だが、ヘッドフォンだと明確に分かる。最近LaCie 2.5インチポータブルHDDを購入して、ハイレゾファイルの整理をやったので、この症状が気になった。整理の際のコピペでファイルに損傷を与えたのかと思い、デジタルエディタ(Sound Studio)で波形を見てみたがノイズの痕跡は見当たらない。ためしにiTunesだけを立ち上げて再生したところプチプチノイズは全く出ない。Audirvana Plusがからむトラブルで、ハイレゾファイル自体は無事ということが分かり一安心。プチプチが目立つ楽曲を具体例を挙げてみる([ ]はアルバム名)。
・Carpenters「Superstar」[Singles 1969-1981](AIFF 96/24)
・Eagles「New Kids In Town」[Hotel California](FLAC 192/24)
・Rolling Stones 「Love In Vain」[Let It Bleed](FLAC 176.4/24)

Audirvana + Stones (小)

全てのファイルで起きるわけではなく、ごく一部のハイレゾ楽曲をFireface UCXとAudirvana Plusの組合わせで再生した場合に起きる症状だ。44.1kHz/16bitのファイルはこの症状と無縁。またIFI nano iDSDなどUCXと異なるDACを使った場合にも症状は出ない。


Read More →


ますます進化を続ける Audirvana Plus
Smile Sessions

現在のAudirvana Plusの最新のリリースはVer1.5.4。有償版のライセンスを購入してから1年半になる。メインの音楽プレーヤーとして欠かせないソフトとなっている。6月初旬のメジャーアップデート(Ver1.5)で音質が大幅に向上した。ネットのBrog記事を見るかぎり、多くのMacユーザーからAudirvana Plus 1.5.xの音質向上に関する感想が寄せられている。
音が劇的に向上したと実感することになったのは7月8日のVer1.5.3のアップデート事件(?)から。
6月に入ると、Audirvana PlusはVer1.5のメジャーアップデートをリリース。以降頻繁にアップデートを重ねた。
6月3日: Audirvana Plus 1.5 メジャーアップデート
(AudioUnits のプラグイン[エフェクト]とマルチチャンネル対応)
6月5日: Audirvana Plus 1.5.1
6月19日:Audirvana Plus 1.5.2
7月8日: Audirvana Plus 1.5.3*
7月9日: Audirvana Plus 1.5.4
自動的にUpdateを受入れる設定にしてあり、今回も疑問無くインストール。しかしVer1.5.3には「iTunes連携機能が働かなくなる」バグがあった。(翌日にはバグ・フィックスしたVer1.5.4がUPされ、被害は広がらなかったようだが。)連動するはずのiTunesが起動しないということがはっきりしたため、Audirvanaのサイトに行き、1つ前のヴァージョン(Ver1.5.2)を確認の上ダウンロード。元に戻す。一晩にVer1.5.3、Ver1.5.2と二度もインストールするはめに。チェックをしない方が不思議。6月は東京を留守にしていたためAudirvana Plusに対峙して聴く機会はなかった。この事件がきっかけではじめてVer1.5.xを真剣に聴くことになった。5月末に入手したばかりのAKG K701で。


Read More →


Audirvana Plus
Audirvan_Plus

最近人を介しておつきあいのある音元出版の編集部でプレーヤソフト
Audirvanaを強く薦められた。iTunesのデータベースを使いながら、高音質化を果たすことができるという。
iTunesは使い勝手は本当にいいのでだが、Pure Audioのレベルには後一歩及ばない。いくらMacとiTunesで頑張ってもPCオーディオの限界があるという。今後は、高音質プレーヤーソフトがいかにしてiTunesのデータベースを組み込んでいくのか、ということが課題となっていくと思うと編集スタッフは語ってくれた。
その名称は「Audio = Nirvana」をひっかけたものだと何かのブログに出ていた。米国ではニルバーナ(涅槃)はグランジ以来大変ポピュラーな名だが、オーディオファイルには「Audio Nirvana」は「オーディオ天国」という意味になる。その二つを合成した名称だ。
まず無料版のAudirvana(オーディルバナと呼ぶ?)をダウンロードしてインストール。望んでいる方向に音が改善されたように感じた。減衰していく音のリニアリティが明らかに向上している。エコーやドラムスなど音が減衰して消える直前までがちゃんと聞きとれるようになった。
無料版ではPlayListごとの演奏が中心で、取り扱いが面倒だなと思っていたところ、有料版のAudirvana PlusはiTunesと完全連携で動くとあるではないか。
早速、15日間無料の試聴版を入れて動作をチェック。Audirvana Plusはさらに音に劇的な変化があった。一段と音が滑らかになった気がする。
有料の方はMacデフォルトのCore AudioにかわってiZotope 64-bit SRCをサンプルレート・コンバーターに搭載していることが理由かもしれない。iZotope(アイゾトープ社):プロオーディオエンジニアリング用のソフトウエアを開発している。使いやすく、手頃な価格。アマチュア DTM/DAW にも強い味方。

Downloads
Audirvana (英語版)[ Lion、Snow Leopard、Leopard]
フリーソフト http://code.google.com/p/audirvana/
有料版    http://audirvana.com/?page_id=112

カナル型イヤフォーンのSENNHEISER IE8(時々Etymotic Research ER-6i)をつけて聴く限り、ギターなどの撥弦楽器がすごく聴きやすくてリアルになる。クラプトンの「Unplagged」を何度も繰り返して聴いてしまった。
早速49ドル(約4000円)出してライセンスキーを購入。決済にはPay Palを使用した。

Read More →


テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

| ホーム |