続 AirMac Expressを使う
itunes_airplay

2004年に出たばかりのAirMac Expressを購入したのは「AirTune」の機能を確かめたくて飛びついたことは間違いない。iTunesの音楽ライブラリがワイアレス(LANケーブルでの接続も可)で部屋の何処でも楽しめるというのは魅力だった。
iTunesをサーバーにして、オーディオのみストリーミング再生に対応した「AirTunes」を、動画データや画像データにも対応するために大幅に刷新したものが「AirPlay」。iTunesやiPhone、iPod touch、iPadで再生している音楽や動画、画像を、家庭内のネットワークを経由して他の機器でストリーミング再生する機能である。あらたに一対多の伝送機能も加わった。
「AirPlay」はiTunes 10.1に初めて搭載された。iPhoneなどのポータブルのiOSデバイスは少し遅れてiOS4.2から利用可能になった。
(注:AirPlayをサポートするiOSデバイスはiPad/ iPad 2/ iPhone 4/ iPhone 4S/iPhone 3GS/ iPod touch-第2世代以降。iPhone 3Gは除外された。)
これまで家庭内のWiFi基地局が役割だったAirMac Expressをオーディオ機器として扱おうと思った理由は、Appleが「AirPlay」に力を入れはじめたのも一つだが、先にも述べたPro CableさんがAMEの潜在力(?)を話題にしてくれたこともある。



Read More →

スポンサーサイト

AirMacExpressを使う
AirMac Express_01b

我が家ではパソコンやプリンタ類は2階のプレイルームにある。
オーディオシステムは1階のリビングなので、基本的にiTunesのライブラリをオーディオシステムで聴く時の接続は無線LANになる。ツイストペアのLANケーブルを引き回すなんて事は金輪際ごめん。MacBook Proを直接オーディオシステムの所にまで持って行って繋ぐなんて事もごめん被る。「Wi-Fi電波の届く範囲のどこか」にMacBook Proがあり、オーディオシステムに繋がったAirMacExpressがいる事が条件だ。
AirMacExpressは本来、家庭内で無線LANの基地局を勤める機器だが、オーディオ的な言葉で表現すると、音楽信号を無線で受信できるD/Aコンバーターで、しかもアナログ出力とデジタル出力(光ミニ)がついている製品ということになる。DACは定評のある米国バーブラウン製「PCM2705」が搭載されている。ステレオミニのフォンジャックのRCAケーブルで、アンプに接続すれば音が出る。また光ミニー光角のデジタルケーブルを使えば、別のD/Aコンバーターとの接続も可能だ。
接続は次のようになる。
iTunes (MacBook Pro)→<WiFiの無線LAN>→ AirMac Express→ PMA-S1(integrated amp) + SL-600 (speaker)

PMA-S1への接続ケーブルは「AirMacExpressこそが最高峰の音源」と宣言してネットで話題騒然のPro CableさんのBeldenケーブルを買ってみた。古いSonyのケーブルと繋ぎかえると音の鮮度の違いがハッキリ分かる。
cable


Read More →


| ホーム |