カナル型イヤフォーンSE-5000HRを長期間使ってみて
SE-5000HR vs IE8
SoftBank SE-5000HR、    SENNHEISER IE 8

カナル型のイヤフォーンSE-5000HRを購入したのは2年前。使い始めて100時間過ぎる頃からその真価がみえはじめた。ダイナミック型の振動板の硬さが取れてエージングが進んだためか、レンジの広いナチュラルな音を聴かせ始めた。SoftBank SELECTIONの製品。専業メーカーでもないソフトバンクのモデルがなぜこんな良質な音を出せるのかまだ納得がいかないのだが良いものは良い。外出する時はiTunesのプレイリストをiPhone 6で聴きながら歩く。交通機関を使った移動でも同じ。SE-5000HRはマイク付きということもあり普段使いイヤフォーンとしてiPhone 6に欠かせない物になっている。700〜800時間は鳴らし込んでいるので再生音はさらに滑らか。我が家のリアファレンスになっているセンハイザーのIE 8イヤフォーンに匹敵する。再生帯域はSE-5000HRが広い。この価格帯(購入時¥6,897)をはるかに超えた上級クラスの音。ただし空気感まで感じさせるIE 8のヘッドフォーン並みの低域にはかなわない。

iFi nano iDSD

ポータブルDACヘッドフォンアンプ iFi nano iDSDと組み合わせると、SE-5000HRのこの欠点(?)が一変する。量感はあるが解像度に若干難がある中低域がシャキッとして定位や奥行きまでクリアーに出てくる。田舎に行く用事がある時は、MacBook Proとともにnano iDSDとこのSE-5000HRを携行する。ハイレゾ・データを収めたLa CieのHDDもバックに一緒に入れていく。自宅にいるのとほぼ同じようにハイレゾの再生が楽しめるからだ。現在SE-5000HRの巷での実勢価格は3,900円前後。アマゾンではそれ以下になっている。エージングに100時間耐えるつもりがあるなら是非お勧めしたい。イヤホン端子を廃止した“iPhone 7以降にはワイヤレス化を図った製品もある。SE-5000HRベースに作られたSound Air WS-5000がそれ。将来iPhone 6を買い換えるときの検討対象になるかもしれない。
 
スポンサーサイト

話題のイヤホンSE-5000HRを購入してみた
SE-5000HRトップ

SoftBank SELECTION発売のダイナミック型のカナル型イヤホンSE-5000HRを購入した。ハイレゾ対応をうたうイヤホンで、アマゾンのレビューにも高評価のコメントが沢山寄せられ気になっていたモデル。アマゾンのタイムセールに出ていたので思わずポチしてしまった。私もお世話になっている音元出版が主催するVGP2016において「コスパ賞」とインナーイヤー型ヘッドホン(5000円以上1万円未満)で「金賞」を受賞した製品だ。
SoftBank SELECTIONの製品はコレが始めてではない。スマホユーザーにさまざまアクセサリーを提案するブランドで、デジタルTVチューナーのSB-TV02-WFPLを購入している。現役引退後のiPhone 5の地デジ/BS専用チューナーとして食卓でTVを見るため大活躍の機器だ。

SE-5000HRパッケージ

発注から2日後、SE-5000HRが到着。開封すると豪華な化粧箱のパッケージ。カラーはコッパー(銅)。アルミ仕上げの本体も高級感がある。ポータブルUSB-DACのiFI Audio nano iDSDをつないで早速聴いてみた。初印象は「ハズしたかな・・・」。


Read More →


カナル型イヤフォーン ER-6IとIE8
IE8 and ER-6i

iTunesでのCDの登録作業。Sound Studio3使ってのレベル調整。
Toast 9でCDに焼くときの曲間調整。Macで行う音の作業に用いるリファレンス・モニタはエスモティック・リサーチER-6iとゼンハイザーのIE8である。いずれもカナル型のイヤフォン。気分によって取り替えている。バランスド・アーマチュア型とダイナミック型と駆動形式は違うが、どらも音の傾向は似ている。能率も変わらないので、付け替えて使っても違和感はほとんど無い。
イヤフォン(又はヘッドフォン)は、マイクロフォンと同サイズか、それ以下の小さなダイアフラム(振動板)を使い、振動板と鼓膜との間にあるごく少量の空気をドライブして音を伝える。スピーカーのように厄介な部屋の影響を全く受けず、小さなダイアフラム1つで重低音まで再生が可能だ。この特徴だけ見ればモニターに大変適していると言わざるを得ない。だがプロがヘッドフォンで仕事をしないのは、ヘッドフォン(又はイヤフォン)に大きな欠点があるからだ。ヘッドフォンでの聴取は一種のバイノーラルリスニング。ステレオを正しく聴くためにはどうしても2台のスピーカーを使って出した音を聴くしかない。ちなみにヘッドフォンやイヤフォンが最も苦手とするのは音の定位の確認や音量の違いのチェック。録音でも非常に重要な部分だ。しかし部屋の中の多量の空気を動かす必要が無いヘッドフォンやイヤフォンは振動体の性能が高ければ、原理的に高音質かつ音楽再生クオリティが高い(かつ値段も高い)製品ということになる。

Walkman 1st

モバイルで音楽を楽しむためのツールとして長く伴侶となってくれたのは初代ウオークマン。何回かウオークマンを買い換えたが、初代に付属してきた小型ヘッドセットは手放さなかった。過不足のないナチュラルな音のヘッドフォンだった。以前から、自宅で使っていたオープンエアー型のSennheiser HD414と音の感じが似ていたのを覚えている。


Read More →


SENNHEISER IE8
ie8 and er6i
  SENNHEISER IE8  Etymotic Research ER6i

現在、私のプライベート・リスニングの中心に位置する機器は何かといえば、間違いなくイヤホンになる。家への行き帰りや交通機関の中でiPhone 4Sの「ミュージック」を使う時。家の中でiTunesのライブラリを聴く時。いずれも独SENNHEISER ( ゼンハイザー ) 社のダイナミック型高級イヤホンIE8を使っている。
6〜7年ほど前に購入したバランスドアーマチュア型のEtymotic Research社のER-6iは現在でも現役で、IE8とともに併用している。ER-6iは音は奇麗だが低音と帯域の広さではIE8にかなわない。IE8は高級機だけあってバランスドアーマチュア型では出せないよう迫力をリアルな音圧感でダイナミックに聴かせてくれる。
どちらのイヤホンもカナル型といって耳の外耳道(ear canal)にインナーイヤー型よりも深く差し込んで使用する。なかでもER-6iはイヤーピースの密閉度が高く、遮音性に優れているので航空機の中でもHi-Fiリスニングが可能。海外旅行には頼もしい友だ。


Read More →


| ホーム |