Chromecast Audio その後
google & spotify
   Google Play Music                   Spotify
月額料金を払っているGoogle Play Musicとモニター期間がまだ数ヶ月残っているSpotifyをFM放送がわりに楽しんでいる 我が家は国分寺崖線に沿った低地側。いわゆる”難聴地帯”でFM放送は受からない。
受信には”ChromeCast Audio” を使っている。WiFi経由でストリーミングデーターをインターネットから直接受信する超小型レシーバーだ。レシーバー本体にはAKM製のチップ AK4430 192kHz 24-Bit Stereo DACを搭載しているので、仕様から見ると4万円~6万円台クラスのAVレシーバー並みの音が出せる。ストリームの選択はスマホやタブレット(またはPC)で行う。楽曲プログラムの指定、音量調整が終わればスマホはお役御免。ChromeCast Audioがスマホに代わってストリームを直接受信する。上記2つ以外にもAWA、KBOX、Rakuten MusicさらにYouTubeなどが受信可能。Google Chromeであればブラウザーのタブを指定してChromeCastで音を出すことができる。価格は4,980 円(税込)とリーゾナブル。ただし同種商品を扱う関係でAmazonでは入手不可。
ワイヤレス非対応のスピーカーでWi-Fiを使って音楽ストリームを直接受信できるようにするのがこのデバイスの売り。アンプ組み込みのパワードスピーカーにつなぐのがスマートだが、我が家では小型オーディオシステムに接続している。3.5mmのステレオミニでアナログ端子につなぐのが標準的だが、ChromeCastAudioにはデジタル端子(光デジタル音声端子)があるので光ケーブルでDACのRME FireFace UCXやサブのDACのBehringerのSRC-2496につないで使っている。


Read More →

スポンサーサイト

音楽ストリーミングサービスをチェックしてみた
音楽スロリーミング IMG2

音楽ストリーミングとは定額制の音楽配信(聴き放題)サービスのこと。世界最大の音楽ストリーミング「スポティファイ」が11月末から日本で本格的なサービスを開始した。これで国内のLINEミュージックとAWA(アワ)を加え主要なサービスが両手で数えられるほど立ち上がった。スポティファイやアップル・ミュージックなど主要サービスは音源ソースが豊富で3000万〜4000万曲がライブラリーに登録されている。洋楽曲ならごく一部を除きどんな曲でも試聴が可能だ。

ストリーミングサービスLOGO(小)
Google  Spotify   AWA

現在、月額の購読料を支払って契約しているのはGoogle Play Musicの一つだけ。Spotifyは6ヶ月の無料試聴を利用させてもらっている。AWAは最近、広告なしで月間20時間の無料試聴の制度を始めたのでこれも限度内で利用している。
ちなみにApple Musicはこの夏から定期購読は止めている。より低額のGoogle Play Musicを購読しているためだ。


Read More →


音楽配信スポティファイを試してみた
Spotify Logo

先月末からスウェーデン発の音楽ストリーミング、スポティファイ(Spotify)を使っている。9月29日の記者発表会に取材の手伝いで出かけたたところ、参加者に配信サービスへの招待券が配られた。この利用コードを使っている。11月に本サービス開始のようだが、現在はスポティファイのサイトでメールを登録。送られてくる利用コードでエントリーする。まだプレオープンの状態だ。スポティファイは1億人以上のユーザーを持つ世界最大の音楽ストリーミングサービス。日本でも数年前から登録受付の先行予約が始まるなど、これまで何度となく「サービス開始」という情報が飛び交ってきたが、9月29日にようやく”招待制”によるサービスが開始された。
個人的に購読料を毎月払って利用しているのはグーグル・ミュージック。アップル・ミュージックは夏からお休み。この2つと比較すると、プレイリストを比べてみてもスポティファイは地味とゆうか、良くこなれていてストレスが少ない。基本は洋楽ユーザーなので洋楽に関しては文句はない。J-Popやアニメなど国内制作の音楽の状態はよくわからないが、ジャパンタイムスの記事ではオリコンのヒットチャートに入った曲が半分も無いと書かれており、邦楽のカタログ集めにはかなり苦労していることがうかがえる。

iPhone 6_Spotify_screen

スポティファイ最大の特徴は月額980円の「Spotify Premium」の他に無料の「Spotify free」が用意されていることだ。これまで日本で配信を開始しているどのサービスにも原則的に試用期間以外に無料は無い。Freeでは広告が時々表示されるほか、スマホではアーティスト別やアルバム別、またプレイリスト内からのシャッフル再生のみという制限が掛かる。またディスクトップ・アプリを使うPCからの試聴は月間15時間までという厳しい制限がかかっている。超えた場合は翌月まで待つか、スマホで利用するしかない。


Read More →


ChromeCast Audioを購入した
Chromecast Audio

モニターでお借りし、なかなか印象の良かった ChromeCastAudioを5月の連休に秋葉原のヨドバシカメラで購入した。薄い円盤の形をした約 30g の小型デバイス。Chromecast の名前が示す通り、Google Castレシーバー。WiFi経由でストリーミングデーターを本体で直接受信する。iPhoneなどのスマホやiPadなどのポータブルディバイスは受信するストリームの選択やプログラムのチョイスが役割。選択してしまえばポータブルディバイス達はお役御免。本体がレシバーとなってストリームを受信する仕組み。
価格は4,980 円(税込)。Google Play Musicを利用している人は使わない手は無いといってもいいガジェット。アマゾンでは取り扱わないので楽天で買うか、ヨドバシなどの実店舗に行くことになる。ヨドはChromecastは棚に陳列していたが、Audioは棚には置いてなくて、レジの人に話したら出してくれた。売れ筋ではないのかもしれない。

Chromecast Audioのプログラム一覧

Google Play Musicは時間帯で異なるお勧めプレイリストを表示する。J-Popなどもミックスした選曲に結構はまっているので、ChromeCastAudioをセットして家のオーディオ環境にセットしてネットラジオ状態で使っている。日本ではGoogle Play Musicのほか定額配信サービスではAWA、KK BOXなど音楽のストリームの選択肢が極めて限られているのが残念。
パソコンの場合は、Windows、Macともに、Googleのウェブブラウザー「Chrome」に「Google Cast拡張機能」をインストールすればChromeCastAudioを使える。


Read More →


グーグルのChromecast Audioを使ってみた
Chromecast Audio

昨年9月にChromeCast2(新型ChromeCast)とともに発表されたChromeCastAudioをモニターでできたので紹介したい。どちらも今年2月に日本でも正式発売された。ChromecastAudioは一口で言ってスマートフォンから流れている音楽をスピーカーから再生することができるデバイスといえる。音楽ストリーミング・サービスをデバイス自身が直接受信し、内臓DACでアナログ変換の上スピーカーなどに渡す機能を持つ。インターネットに繋がったWi-Fi環境が絶定条件だ。受信できるプログラムは限定されるが、BluetoothやAirPlayと異なり、端末内のコンテンツをキャストするわけではないので、再生中は端末への負担はなく、バッテリー消費にも影響がない。Googleによると、音質も(端末からキャストするより)高いという。操作などはアプリ(音楽サービス)側に任せ、デバイス本体はデータを受信して出力するところに特化している。接続性は一般的な3.5mmmステレオミニ。おまけでToslinkで光デジタル出力にも対応しているため汎用性は高い。
<仕様など>
⚪︎ WiFi接続:IEEE 802.11ac(2GHz/5GHz)もサポート
⚪︎ 接続方式:3.5mmのステレオミニ、3.5mm RCA、TOSLINK(光デジタル)
⚪︎ 再生:96kHz/24bitまでのハイレゾ音楽もサポート
⚪︎ DAC Chip:AKM AK4430 192kHz 24-Bit Stereo DAC
⚪︎ Cast 対応プログラム:Google Play Music、AWA、KKBOX、
   WEBブラウザー(Google Chrome + Google Cast)

Chromecast Audioプログラム


Read More →


| ホーム |