BootCampでWindows 10をインストール
BootCamp

9月に購入したMac mini(Late 2004 現行機種)にBoot Campアシスタントを使ってWindows 10をインストールした。インストール用のWindows 10 Home(32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ)はアマゾンで¥ 12,539(9月末)だった。メディアはUSBメモリスティック。パッケージで大切なのは同梱のプロダクトキー。これが無いとインストールしたOSが有効にならない。
ここで新しく購入したMac miniの主な仕様を再掲載すると
CPU:2.6GHzデュアルコアIntel Core i5
HDD:1TB
Memory:8GB
内臓HDD1TBの容量の半分500MBをWindows用に分配した。パーテーションの作成とOSのインストールは
Yosemiteに搭載されたBoot Campアシスタントがやってくれる。まず購入したWindows 10 HomeのパッケージのUSBメモリを使ってインストール用のISOファイルを作る必要がある。作成はMac OS X付属のディスクユーティリティで行う。ただしこのISOファイル(32bit/64bit版)はマイクロソフトのサイトから無料ダウンロード可能なので今回はそれを使った。ISOファイルをディスクトップに置き要件の16GBのフラッシュメモリ(FAT32フォーマット)をセットすれば準備完了。

Windows 10 Home 通常版
Windows 10 Home 通常版のパッケージ

アシスタントはISOファイルとフラッシュメモリの双方を使って 1) Windows 10のインストールディスクの作成 さらに 2) Windows 10の最新サポートファイルのダウンロードを行う。1)と2) が完了するまで1時間強の待たされる。それから、Windows用のパーテーション作成だ。Snow Leopard のBootCampで経験したWindows XPのインストールとは手順が違っている。
Windows10インストールに対応しているMac一覧のなかに当然本機も入っている。ちなみに Mac mini Late 2014、Mac mini Server Late 2012、Mac mini Late 2012が対象だ。


Read More →

スポンサーサイト

Windows 10 にOSをアップグレードした
windows 10 logo bar

8月の旧盆明けにノートPCのAcer Aspire 431P-H14C/S をWindows 10にアップグレードした。Windows 8.1/7ユーザーは無料でWindows 10にアップグレードすることができる。なぜか、“9”を飛ばして“10”になる。マイクロソフトはこれを最後のOSアップグレードにするのだという。数日前、Microsoftの幹部が「Windows 10」がリリース後約1カ月で7500万台の端末にインストールされたと自身のTwitterでツイートしたという記事を見た。MSによれば7500万本にはPCメーカーへのプリインストールは含まないという。
Acer Note PC

昨年、Windowsで動くメディアプレーヤのチェックのため廉価なAcer 431P-H14C/Sを購入した。暮れにはOSをWindows 8 から 8.1にアップデートしている。アップデートはWindows Updateの更新プログラム適用後、Windowsストアでアップデート用ファイル(無償)を入手して実行するだけの簡単な作業だった記憶がある。
対象となったAcer 431P-H14C/Sのスペックは
CPU:Celeron 1007U(Celeron Dual 1.5GHz)
本体メモリ:4 GB
OS:Windows 8.1 64bit
今回はマイクロソフトが7月29日発表した「メディア作成ツール」を使ってアップグレードした。Windows 10 のダウンロードサイトでツール(MediaCreationToolx64)をダウンロードして使用する。
このソフトはその名の通り『Windows 10 インストール用のディスク イメージ (ISO ファイル)』を「DVD」または「USBメモリ」のメディアで作る機能と、そのままPCをアップグレードする機能が付いている。今回はこのソフトの『PCを今すぐアップグレードする』機能を使ってアップグレードした。だいたい2時間くらいでインストールが完了した。


Read More →


| ホーム |