洋書を電子書籍(Kindle本)で買ってみた
Glyn Johns

初めて電子書籍を買った。ただしPCのディスプレーでの読書。まだ専用リーダーやスマホ、タブレットで読むことはやっていない。
電子書籍ライフはストア選びから始まると言う話もあるが、今回の場合はアマゾン一直線。ネットの音楽記事を読んでいて、60年代末-70年代に大活躍した英国の録音エンジニア/プロデッーサーのグリン・ジョーンズの自伝が発売になることを知った。彼は英国のトップ・エンジニアでストーンズ、ツェッペリン、ビートルズ、ザ・フーなどのレコーディングで知られる。アマゾンで本を検索すると発売は11月3日で予約になると表示された。ハードカバーが¥3,306、Kindle版 (電子書籍)が約半額の¥1,726。あまり悩まずにKindle版を予約。そのまま忘れかけていたらアマゾンからのメールが入り、購入ボタンを押すと1クリックで購入手続きが済んでしまう。アマゾンのIDがシームレスにそのまま適用される。「Kindle」が冠せられ書籍リーダー(¥6,980 )は今回は買わない。ブラウザーでそのまま読める Kindle Cloud Reader を使うことにした。
さて著者のグリン・ジョーンズだが、経歴の中でも注目されるのは、業界初のフリーランス録音エンジニアとしての道を歩んだこと。当時はEMIの録音スタッフでなければアビーロードで仕事することは出来なかったのだ。さてもう一つ重要なこと、彼がレッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムのドラムサウンドを作り出したことだ。


Read More →

スポンサーサイト

| ホーム |